無料ブログはココログ

2017年10月 3日 (火)

エンパスの取扱説明書★身近にエンパスがいる方に知ってもらいたいこと

ライトワーカーである人たちは、エンパスであることが多く、繊細で傷つきやすい性質を持ってます。

「玄のリモ農園ダイアリー」さんの8月30日の記事にも載っていましたが、質問者の言に

「私が知っているライトワーカーたちは、皆病気か、そうでなくても決してうらやましい状況にあると言えません・・・」

という言葉にっびっくりしました。

マシュー君のメッセージ(129)

「私が知っているライトワーカーたちは皆病気か、そうでなくても決してうらやましい状況にあるとは言えません。私たちはすべてが水の泡になるのではないかと思っています。人々は疲労困憊の極に達していて、ほかの人たちに教えるのを元気づけるのも、ただ一緒にいるのでさえ続けるだけのエネルギーがありません。マシューが何か気づきをくれるといいのですが」

それに答えて、マシュー君は「皆さんに、ことの進展が期待していたよりもゆっくりであることに失望感があり・・・低い波動エネルギーを発生し、宇宙の引き寄せの法則がそのような感情に作用してそれらを引き起こしているのかもしれない、しかし、イルミナティは宇宙からの光と地球上で増大する光により、日々、力を弱めていて地球は、輝かしい方向に向かっていると力づけてくれています。

そして、もうひとつ、ライトワーカーやエンパスを応援する記事を見つけました。「エンパスの取扱説明書」身近にエンパスがいる方に知ってもらいたいこと・・・。

「エンパスの取扱説明書」っていう文字だけでも元気になっちゃいますね。

世界の裏側ニュースさんから転載させていただきます。

エンパスの取扱説明書★身近にエンパスがいる方に知ってもらいたいこと

2017-09-20 18:47:17

テーマ: 
       

ご無沙汰しております。

北朝鮮や自然災害など、色々とまとめたい情報は山盛りですが、とりあえずエンパス関連でおもしろいものがあったのでこちらでもご紹介させていただきます。

 

Trinity様のサイトに、新しい記事を掲載していただきました。

いつもありがとうございます。

 

 

エンパスと共に生きる人に知ってもらいたい5つのこと

〜偽りのない正直な関係を保っていくには

http://www.el-aura.com/wake-up-japan20170918/

 

「エンパスはとても感受性の高い魂の持ち主ですが、誤解をされることがよくあります。

エンパスは繊細で寛大、愛情豊かで時としてとても強い不安にさいなまされることも。

 

愛情を渇望しながらも、一方で一人で過ごす時間も欠かせません。

 

ささいなことで慰めが必要になったりし、あるいは他の誰にも見たり感じたりすることのできないものを察知したり、さらに言動の予想がつかないこともあるでしょう。

 

身近な人がエンパスである場合に、知っておきたい5つのポイントを次にまとめました」

 

 

(引用終了)

 

一部の小見出しだけご紹介。

1.エンパスとの関係は正直で、偽りのないものでなければならない

これはエンパスに限らず一般的にも言えることですが、特にエンパスが「周りのエネルギーを自分のもののように感知してしまう能力」を自分で意識的にオフにすることができない場合、近くの人のエネルギーを否応なしに感じてしまいます。

 

そのため言っていることと考えていることがまったく違う人の近くにいると混乱してしまって、勝手に一人で疲れてしまうことも。また長年の習性で自分の心を無視して生き続けている人の場合も、違和感を感じることがあります。

 

5.光と愛を惜しみなく与えるエンパス

自分のエネルギーが枯渇してしまっては他人に愛を与えることもできないので、エンパスは自分に最適なエネルギー充電法をマスターする必要があります。

 

【関連記事】

エンパスや優しすぎる人が疲れやすい原因とは?セルフケアの重要性

 

 

 

詳しい内容は、こちらのリンク先からご確認ください。

http://www.el-aura.com/wake-up-japan20170918/

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【おまけ】

 

エンパスを愛している場合に覚えておいてほしい15のこと

 

 

1.私たちがエンパスであることを止めることはできないので、覚悟してください。

 

2.私たちを籠の中に閉じ込めておこうとすると、何かのダメージが起こるでしょう。

 

3.私たちにとって一人で過ごす時間は不可欠で、その点で妥協はできません。

 

4.私たちが言うことを、まじめに受け止めてください。

 

5.助けられていると感じると、エンパスも心を開くことができます。

 

6.私たちの直感は、だいたいの場合にぴったり合っています。

 

7.正直でいてください。不誠実さはエンパスをズタズタにしてしまいます。

 

8.私たちが動物に愛情を向けるからといって、その愛情の矛先を自分に向けるように競わないでください。

 

9.私たちを笑わせてください。エンパスは笑いを必要としています。

 

10.私たちが決して諦めない事があるということを、覚えておいてください。

 

11.私たちの心は、毎日のように壊れています。

 

12.私たちが愛情を見せる時、それはとても激しいものです。

 

13.私たちの周りの世界を感じることのできる能力があるということを、どうか受け入れてください。

 

14.ご自分の不安感を私たちに放り投げないでください。

 

15.それがあんまりだと感じるのであれば、どうか美しく立ち去ってください。

 

 

2017年4月20日 (木)

日本の「水」と「主要農作物」が危ない!

 

森友問題や北朝鮮問題のスピン報道の陰で大事な法案が通っていました。

4月14日、主要農作物種子法を廃止する法律案(閣法第23号)※投票総数が230で、自民・維新・公明党・民進党などの賛成派に転じたということが報道されており158名もいるが、種子法廃止に反対したのはたったの72名でした。

施行日の2018年4月1日に種子法は廃止されます。基礎的な食糧の種子の安定供給を支えてきた政策の大きな転換点です。



この話、三橋貴明氏のブログにもありました。

「遺伝子組み換え作物による汚染」をもたらしかねない、モンサント法ならぬ「主要農作物種子法廃止法案」に、断固として反対します・・・と。


我が国は、狂っています。とまで書いてあります。


 ・・・遺伝子組み換え作物の「汚染」の恐ろしさは、あとになって遺伝子組み換え作物が健康や「人間の遺伝子」に害を与えることが分かったとしても、汚染が一定以上進んでしまうと、もはや元に戻すことはできないという点です。


 
一度、汚染が進んでしまうと、手遅れなのです。


 

新発見。BLOG さんから転載させていただきます。

米・麦・水 ~外国が日本人の命を握るカウントダウンが始まった

japan-wheat-460x237.jpg

米、麦、大豆、水。日本人が日々の食生活で当たり前のように口にしているものが、ある日を境に水道代や米が高騰し、買えるものはほぼ遺伝子組み換えの食材しかない、という世の中になったらどうしますか? 

今まで国(行政)がコントロールしてきた国民のライフラインである水と種子が、今まさに国の手を離れ、民間によるビジネスが始まろうとしています。

メディアは全くスルーし、国民の認知のないまま進行している「農作物種子法廃止案」「水道法改正案」。多くの国民は何も知らぬまま、この国が進めている日本の食の大転換期はもうそこまできています。

 

『農作物種子法廃止案』の驚きの実態とは?


よく民間にできるものは、民営化バンザイとか、グローバリズム歓迎とかアンチ行政の風潮がありますね。

とんでもない!

国の1番大事な仕事は自国民の安全を守ることです。だから、常に安全と安定が保証されてなくてはならない水や食のライフライン分野は国が管理しなくてはいけないんです。

知ってましたか?農林水産省はしれっと「主要農作物種子法を廃止する法案」を国会に提出し、3月に衆議院農林水産委員会が可決しちゃいました。

メディアがくだらない政治の金の問題に集中し、頼りにならない野党もその土俵に上がって次元の低いやりとりに明け暮れている中、大事なこの法案のことは与野党でほぼスルーする今の政治の現状を深刻に受け止めないと本当にマズイ、危機的状況まで来ているのです。

この流れで近いうちに廃止法案化され、いよいよ始まってしまいす。民間任せによる恐怖の種子ビジネスが。

整理しますと、そもそもこの「主要農作物種子法」というのは、戦後間もない昭和27年に国・都道府県が主導して、優良な種子の生産・普及を目指し、行政による稲、麦、大豆の国民への安全・安定供給を目的として種子のコントロールをしてきました。

この法によって都道府県は、原種の生産や種子生産工場の指定、種子の審査制度などの安全・安定と価格管理システムの役割を担って今に至っているのです。

しかし、国は「民間による競争力をあげるため、この法を廃止する」と方向転換をしたのです。

種子の不足や新種子の品種参入が競争の妨げになっているという説明は農林水産省からはないままです。なぜか?

この方向転換の意味は簡単です。外資のビジネス参入障壁が実質なくなるための法案作りです。特に種子ビジネスは、世界的に農業への遺伝子組み換え(GM)作物を推し進めているシェアNO.1のモンサント社の出番になる準備が整ってきたと言えるでしょう。

多くの人は認識していませんが、大豆の70%は米国輸入に頼っており、主に遺伝子組み換え(GM)大豆が油などに形を変え、もう既に大量に日本人の口に入っています。

それが今後は堂々と食用大豆に加え 、稲や麦などにも広がってくる可能性があるんです。毒素成分いっぱいの除草剤ラウンドアップとセット販売されるモンサント種子。自然界では存在しない植物遺伝子を操作されて誕生した不自然な食物たち。

価格競争力で勝る大量生産体制の安いモンサント種子が市場に出回り、安全安心で価格の安定した食材が減ることを示唆しています。


『水道法改正案』で日本の水の供給が外国の手に!?


images.jpg
そして次には「水道法改正案」です。これもしれっと3月に閣議決定がなされてしまいましたね。

日本のように水道水を全国どこでも飲むことができる国は世界中で11カ国しかないといわれています。 

その水道法の民営化は、外国企業の参入を可能にするのです。水道事業のメジャーであるヴェオリア(仏)では、ヴェオリア・ジャパン株式会社が水道事業に民間参入できるよう準備を進めているでしょう。

では実際、水道事業が民営化された海外では何が起きたのでしょうか?

「ブルーゴールド(著:モード・バーロー)」より一部抜粋    
・フランス
利用者の負担が150%増加。政府発表では民営化以後に500万人以上の飲み水が汚染されたという。

同国の大手水資源企業2社に関し、経営者が汚職に関与しているとの告発があり、裁判所が過去10年にわたり調査を行っている。

・英イングランド地方
水が民営化されてから6年間で水供給会社の利益が692%増加している一方、利用者の料金は109%値上がりした。例として、ノースウエスト・ウォーター社の最高金額の重役の給与は708%上がった。

値上がりの結果、上水道を解約した利用者の数は民営化以後50%増加、イギリス医療協会は人々の健康を脅かしていると警告している。

・シドニー
水道料金は4年間で2倍に上がった。高レベルのジアルディア属とクリプトスポリジウム属の寄生虫が含まれていたが、住民側には知らされなかった。

・フィリピン マニラ
世界銀行によって、ベクテル社とスエズ・リヨネーズ・デゾー社の地域に分けられ、低料金を維持すると公言していたが、数ヶ月後アジア通貨危機による減収を補うため大幅値上げされた。



さてさて、国は、本当に日本国民の事を考えてこうした法案を通していると思いますか?
なぜこんな大事なことをメディアは大きく取り上げないのでしょうか。
これこそ、内閣総辞職をして国民の審判を仰ぐ選挙をすべきレベルの大事な問題です。

水も種子も人間が生きてく上で、最も大事なライフラインなのに国が管理せずに自国民の安全と安定供給を一体誰が保証できるのでしょうか。

もしあなたが村生活をしているところに、いきなり外国の人たちがやってきて「これから我々が水の管理と稲や作物などの種子管理をします。」と言われたら、村を乗っ取られたと思いませんか?

日本は一体どこに向かおうとしているんでしょうか…。

2016年8月30日 (火)

人込みが苦手で、自然の中にいるとホッとする?エンパスの特徴30

スターシードはエンパスの方多いですよね。

本当は自分と合わない地球の法則に一生懸命合わせて生きている方も多いことでしょう。

でも、スターシードは使命感に燃え、自分で大きな覚悟をして地球に飛び込んだ勇気ある魂たちです。

使命を遂げるため、頑張りましょう!


「世界の裏側ニュース」さんがエンパス系情報をまとめて出して下さっているので転載させていただきます。


http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12194044741.html

人込みが苦手で、自然の中にいるとホッとする?エンパスの特徴30


テーマ:

 

これまでエンパス系の情報をいくつか翻訳してきましたが、数が増えてきたので「エンパス」というテーマを作り、まとめました。

http://ameblo.jp/wake-up-japan/themeentrylist-10098663428.html

 

 

 

また、エンパスの定義についても各記事で軽く触れてはいますが、エンパスかどうかの判断の参考になる情報を見かけましたのでTRINITYのページに掲載していただきました。

 

繊細すぎて疲れやすい? エンパスの30の特徴 前編

 

繊細すぎて疲れやすい? エンパスの30の特徴 後編

 

 

(画像 http://themindunleashed.org/2013/10/30-traits-of-empath.html

 

 

アメリカでは20人に一人、日本では5人に一人がエンパス気質ではないかと言われていますが、日本と私が今住んでいるイギリスの子育ての方法や、」和を重んじ、空気が読めるのが普通」である文化的背景を考えると、日本ではエンパスがエンパスのまま成長しやすいということもこの違いに反映されているでしょう。

 

「またエンパスは女性に多く、日本には海外と比べてエンパスな人が多い傾向があります。職業としてはヒーラーやカウンセラー、占い師、医療・ケア関係、保母さん、動物をお世話する仕事などに多いようです」

 

女性に多いのは言葉の話せない乳幼児のお世話を中心的にするのが女性であることも関係しているでしょうし、エンパスの性質の強い方は自然と他人をケアしたいという思いが強いこと、さらに共感力を活かせる仕事に自然と惹かれることが多いのでしょう。

 

***

 

また以前のエンパス関連の記事に、「私もエンパスだと思います。もっと強くならないと・・・」という率直なご意見をいただきました。

 

その気持ちはよくわかります。タフな世の中でうまく楽に生きていくためには、あまりに感受性が強すぎるとそれがネックになるでしょうし、何よりもエンパスだということに気が付かないで他人の感情を吸収しまくり、自分の感情との区別がつかないというだけでもかなり疲れると思います。

 

しかし「自分がもっと強くならない」と、とお考えの方には、こういった考え方もあるということを知っていただけると嬉しいです。

 

エンパスのヒーラーとしての使命とそれを守る方法より一部引用

 

 

またこちらの記事では、エンパスとして生きていく上で、個人として自分を守る具体的な方法がまとめてあります。

 

 

他人の感情を吸収しないようにする方法 エンパスの人は必見!

 

エネルギー・ヴァンパイヤから身を守る方法

 

 

自然な場所で時間を過ごしたり、動物に触れたりすることなど、各個人の特性に合った対処法もあるでしょうし、しっかりと自分の内面を見つめる時間を設けることで、感じている感情が自分のものか、外部のものか見極めることで負担を軽減することが可能になります。

 

またHSP( ハイリー・センシティブ・パーソン 、Highly sensitive person)という概念もあります。これもエンパスとは多少異なる面もあるようですがかぶっている部分も非常に多いようです。、HSPは精神学的な概念として研究が進められている一方で、エンパスはより主観的でスピ的な概念であって両者を比較するのは難しいのではないかと思います(エンパスについては現在、研究中というところのようです)。

 

他人と少し違っているからといって、ご自分を責める必要もありません。エンパスの性質と対処法を知ることで、その能力を才能として使うことも可能です。そのためには、エンパスの傾向を理解すること、そしてご自分を守る方法を学ぶことが第一歩になるでしょう。

 

 

 

 

2016年8月10日 (水)

スターシードへ宛てた優しいメッセージ

ご無沙汰しておりました。

私事でブログを11月までお休みします、と言いながら、どうも現状は休んでいる場合ではないぞと痛感する毎日です。むしろ、今が一番大切な時ではないかと思います。

とにかく、今、生活の中でもシンクロがやたら多い、潜在意識がすぐ現実になって現れる、目を背けているとこれでもか、これでもかというくらい襲い掛かってくる。

今、急速に地球の波動が軽くなってきてます。現実も軽くなってきているので、思ったことがその通りになるのです。物質も波動が軽くなってきているので物質世界にも影響をかなり与えています。自分の波動が落ちた時に洗っていた皿がよく割れたりしました。今だかつてなかったことです。

バシャールが2016年秋、地球は2つに分かれると言ってますね。それ以降も選択のチャンスは残されているようですが、とりあえず11月8日までに「すべてのあなたが、素のままの自分でだせるようにしておくこと、想念をきれいにしておくこと」を進めています。
潜在意識のなかのネガティブな恐れの部分を昇華させておかないとネガティブワールドに、潜在意識のなかが前向きなことばかりの方はポジティブワールドに移行すると言ってます。
11月8日はアメリカの大統領選挙の予定の日です。その前に何か今後を象徴するようなことが起きると言っています。毎日のようにバシャールの動画を見ているのでほぼ思い込んでいますが・・・。でも、そのように地球をよくして行こう、地球のアセンションに協力しようという人が増えていけば早くそうなるかもしれません。


最近、素敵な動画を見つけました。
「地球に生まれた宇宙人へ」という動画で、現代の地球で生きずらい日々を送っているであろうスターシードたちへの優しいメッセージです。よろしかったらクリックして見てみてください。



地球に生まれた宇宙人へ(波動の法則)
https://www.youtube.com/watch?v=sbBlm4WITMU

2016年4月 8日 (金)

ムヒカ氏、安保法「大きな過ち」 「世界で一番貧しい大統領」

ムヒカ氏、安保法「大きな過ち」 「世界で一番貧しい大統領」

2016年04月07日 15時34分04秒 | 政治
2016年4月7日 朝刊

ムヒカ氏、安保法「大きな過ち」 「世界で一番貧しい大統領」


インタビューに答えるウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領=6日午後、東京都千代田区で(坂本亜由理撮影)



写真


 「世界で一番貧しい大統領」として知られる南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領(80)が初来日した。ムヒカ氏は六日、東京都内で一部メディアの取材に応じ、日本政府が憲法解釈を変更、他国を武力で守ることを可能にした安全保障関連法を制定したことについて「憲法の解釈を変えたのは、日本が先走って大きな過ちを犯していると思う」と批判した。


 ムヒカ氏は先立つ記者会見でも「いまだに人類は先史時代を生きている。戦争を放棄する時が来たら、初めてそこから脱却できる」と指摘。「私たちには戦争を終わらせる義務がある。それは世界の若者が完成させなければならない大義であり、可能なことだ」と訴えた。


 ムヒカ氏は、世界で使われている膨大な軍事費について「軍備の拡張は世界的に大きな問題であり、経済的な観点から見ても非常に深刻なことだ」と憂慮。格差解消や地球温暖化対策などに使うべきだとの考えを示した。


 また五十四年ぶりに国交を回復した米国とキューバによる交渉の裏で、オバマ米大統領のメッセージをキューバのラウル・カストロ国家評議会議長に託したエピソードを明かし、「私たちは平和に導くような解決策を模索しなければならない」と和解の大切さを訴えた。


 来日に際し、被爆地・広島を訪れることを自ら決めたというムヒカ氏は「広島には世界で起きた最も大きな悲劇の記録がある。人類がいかに残虐なことをできるのかが見えてくると思う。日本に来て広島を訪れないのは日本国民の皆さんに対して敬意に欠けるのではないか」と述べた。



◆幸せ追求 演説が絵本に


 ムヒカ前大統領が「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれるようになったきっかけは、大統領在任中の二〇一二年にブラジルで開催された「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」で行った演説だ。


 「貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に多くを必要とし、もっともっとと欲しがることです」「今の地球の危機の原因は、環境の危機ではなく、政治の危機なのです」「乗り越えなければならないのは私たちの文明のモデルであり、見直すべきは私たちの生き方なのです」


 ムヒカ氏は居並ぶ各国首脳を前に、大量消費社会やグローバリズムを批判し、世界の注目を集めた。演説は、日本でも子ども向けの絵本にまとめられた。


 「質素な生活は自分のやりたいことをする時間が増える。それが自由だ」。六日、報道陣の前に姿を見せたムヒカ氏は青いシャツにデニム、ブルゾン姿。ノーネクタイは大統領任期中も含め貫徹している。公邸には住まず、報酬の九割を慈善団体に寄付。現在も自宅で畑を耕しながら上院議員の妻と二人で暮らす。


 戦争やテロ、貧困や格差、気候変動や環境汚染など世界が抱えるさまざまな問題に関して、説くように持論を語ったムヒカ氏。「もはや一国で解決できる問題ではないが、世界全体での合意は存在しない。世界的な政治的決断が求められているにもかかわらず、私たちはそれを下せずにいる」


 何かを追い求め続けることに束縛され、本当の幸せとは何かを見失ってはいないか。ムヒカ氏は問い掛ける。「世界は多くの富を抱え、技術も進歩した。しかし、資本主義は盲目で、だれもそれをとめることはできない。それが資本主義の『美しき悲劇』だ。私たちは幸せに生きているのだろうか」


世界で一番貧しい大統領:ムヒカ氏「貧しい人とは、いくら持っていても満足しない人」 安保法「大きな過ち」(浜村淳)
<転載終了>

2016年4月 4日 (月)

4月のエネルギー・・・過去世の感情の記憶を甦らせて癒す

最近、過去世や現世において、
過去のなんらかの自尊心が傷ついたイベントを
急に思い出したりしませんか?

私は3月末から、過去の傷を芋づる式に思い出し
辟易としていたところにこの記事に出会って納得しました。

この4月のエネルギーは、3月23日の満月と月食によって、
私たちのこころは過去世の感情の記憶を甦らせて癒す
というエネルギーが働きかけにあっているようです。

それらは今生にかぎらず、
過去世の記憶として、
DNAレベルから甦っているようです


今年は浄化の年、さらには過去世の細かいところの記憶を、
甦らせて癒していっています。

一番良い対症方法は、
「自分自身を置いている状況や立場を、
クリアに、しかも客観的な目で、
見つめ直す」


多次元的自己に変身し、
さらに拡大して進化し、変容するためにも、
自らへの信頼と自分の価値を
完全に取り戻すため
の大きなワークを
する。

そして、輝いて羽ばたく ・・・ということですね。



連載「イナンナが語る ニビル星人アヌ一族の物語」さんより転載させていただきます。

2016年03月29日

4月のエネルギー

みなさん、おはようございます。
本日も暖かい小春日和のようです。
さきほども、うぐいすの鳴く声が聞こえましたよ。
桜もあちこちで咲き始めてますね。
最高の季節がやって来ました。
いかがお過ごしでしょうか?

これから今現在のエネルギーと、
これからしばらくの間のエネルギーに
チューニングすることにします。

一言で、今「過去世の傷の癒し」が起きている
と、いうことができます。
過去世の傷の癒し、といっても
今まで誰もがさんざん言ってきたので、
この時点においては、
今までやってきたので、
新しいこともなにもない、
とおっしゃるかもしれません。

しかし、今というこの時期は、
もうこれからその癒しをするチャンスや、
それに関する何もかもがすっきり
取り払われようとしている、
≪究極の決算≫である、
ということに気づいていらっしゃる方は
あまりおられないと思います。

そのチャンスを最大に活かすためのアドバイスを
盛り込んで「4月のエネルギー」を、
お読みになっていただきたいと思います。

☆〇☆〇☆〇☆〇☆〇☆〇☆〇☆〇☆

3月23日の満月と月食によって、
私たちのこころは、
過去世の感情の記憶を甦らせて癒す
というエネルギーが働きかけました。

あれから私たちに降り注いでいる
ナノセカンドのエネルギーは、
どんどん私たち個々の
今生の過去も含んでいる、
さらには過去世の細かいところの記憶を、
癒していっています。

そのヒーリングプロセスが提供されている最中に、
同時進行で、
私たちは皆、集合無意識、集合サイキ(心理)の
フィールドの癒しを行なっているのです。

それらの傷のほとんどが、
犠牲者の概念に関わることなのです。
つまり、集合心理の傷つい過去の癒しが起きているのです。

個人レベルにおいては、
「もうこれでは、人生は辛すぎる」、
と感じている人間も今というこの時期に現実として、
社会の多くにそれが映し出されていることはたしかです。

お金の問題人間関係の問題
さらにはそういうことから解放されている
ただ魂の故郷へ戻りたい、
という感情として現れているかもしれません。
いずれにしても、
わけのわからない、せつない想いや、
異常なほどの喜びを感じていらっしゃるのなら、
あなたは過敏にナノセカンドの今のエネルギーを
過敏にキャッチしておられるといえるでしょう。

一体これはなんなのでしょうか?

「癒し」というものは、
それがどんな形であれ、
あなたは愛が感じられ、
ハートがぐっと開き、
好きなよいフィーリングが伝わってくるものです。


しかしそれが、自分が要求しているよりも
少なく感じられるのは、
あなたには癒しが必要です。
自分の価値に対してどう感じて、
思っておられますか?
つまり、過去世や現世において、
過去のなんらかの自尊心が傷ついたイベントが
まだ今も傷としていたされていないのであれば、
その癒しプロセスの
真っただ中に今あなたはいるはずです。

これは、他人を愛する、愛される
以前のこととして、
自分自身を愛しているか、十分に愛していないに関わる
心の深いレベルの癒しが起きるようにあなたを、
ナノセカンドのエネルギーが誘いかけているからです。
だから、今そのプロセスが起きているのです。

そのプロセスにおいては、
辛く感じたり、漠然とした孤独感が伴うこともあります。
それらは今生にかぎらず、
過去世の記憶として、
DNAレベルから甦っている
からです。

そのような感情に対して、
どのように対処すればよいのか、
戸惑っていらっしゃる方々には、
とくに心して読んでいただきたいと思います。

じゃあ、どうすればよいのかというと、
あなたに出来ることは、
もっともシンプルでありながらも、
いちばん難しいことかもしれません。
それは、たとえ不快感が伴おうともただ、
その感情とひとつになって、
内面のワークを続けることです。

つまり、そのえたいのしれない、
不明でありながらも、
たしかに感じられる心の深いところから湧き上がる
パワフルな感情を無視したり、
それから逃げだすこともできます。
お酒を飲んで忘れることもできます。
しかし、そうせずに、
じっと自分自身を見つめることによって、
思わぬチャンスをあなたは手に入れるでしょう。
宇宙からのご褒美です!


それは、今のあなたの
あらゆる限界や制限を突破してくれる、
打ち出の小槌
かもしれませんよ。
その制限は、究極的には、
あなたの愛に関係することなのです。
自分自身の価値観を認めていないことにも
関係しているはずです。
そのバリケード(制限)を超越して
さらに拡大された自己を
迎え入れるために、これは起きています。

経済的なことも含めて、仕事や関係性における、
あらゆることに自分自身がもっと癒されるように
今のエネルギーは働きかけています。

なので、
自分自身を置いている状況や立場を、
クリアに、しかも客観的な目で、
ぜひ見つめ直してください。

今の世界情勢を観ても同じです。
さらには、個々の人間関係や、
ビジネスパートナー、夫婦関係といった
あらゆる関係性を含めて、
新しいめがねで観察するという行為によって、
思わぬことが改善されるでしょう。

あらゆる関係性を互いに鏡に映し出し、
「過去の傷をいっしょに癒す」という
ワークにあなたを今のエネルギーは誘いかけています。

このエネルギーの加速化によって、
あらゆることが一挙にやってきます。

『ひょとしたら、このまま自分は、
アセンションしてしまうのではないか』
はたしては、自分の死が近づいているとさえ、
勘違いしてしまうような強いエネルギーが
降り注いでいることはたしかです。

さまざまの過去世からの関係性の癒しも起きています。
それを喜びとして迎え入れるのか、
無視したり、拒否するのもあなた次第です。
それが今起きています。

世界情勢をみても、
政府や社会、金融システムなどを含めて
あらゆることがガタガタです。
癒しを求めにから永遠に続いています。
しかし、今灰の中から
不死鳥が甦るように、
ポジティブな未来の火の玉が、
たと小さくても灰の中で
あちこちと赤く輝きだしていることもたしかです。

それと同時に世界のあらゆることを批判し、
責めたくなりやすいエネルギーも増しています。
ですから、自分のパートナーに対しても、
強く責める衝動にも駆られやすくなっています。
それか、それをあなたは無視して、
怒りの火の玉を抱え続けるかです。

どんでもない癒しのチャンスが
訪れています。

しかし、内面のワークをすることよりも、
「犠牲者」の席につくほうが楽なことはたしかです。
内面深くにあるその感情を見つめて、
その感情と向き合うことによって、
すばらしいギフトが待っています。

自己防衛の体制に入るのではなく、
外的要因を責める体制にも入ることなく、
じっと自分自身を見つめてください。
すると、
これからの方向性を失っている
不安な感情
がそこにあるかもしれません。
ある意味で耐えがたい、
それよりももっと深いところに、
なんらかの過去世に関係する負の感情が
まだ癒されることなくそこにあるからです。
ということで、
「あなたのせいで…」と、
あなたはつい言いたくなるのです。
そこに注意を払ってください。
逆にまた、「私がこうしたから…」と、
つい自分を責めたくなったり、
過去の出来事を後悔しやすくなってもいます。

それを楽しいことでまぎらわせたり、
逃避することもできます。

自分の影や負の部分を見つめる地道なワークを、
今のところ続けてください。
今皆さんに選択していただきたいのは、
無条件の愛、スピリチュアルな愛、魂レベルの愛
を存分感じていることです。
やはり、プロセスはそれにはじまり、
それで終わるので、そこに意識を集中させてください。

春の訪れとともに愛を運んできてくれる
女神ビーナス、フローラから、
たくさん愛と美を受け取ってください。
そして、その美しい花びらを周囲にまき散らしてください。

しかし、先ほどのワークも同時に続けてください。
さもなければ、
浪費ややりすぎ、愛しすぎなどによって、
バランスが損なわれるでしょう。
するとまた調整が起きます。
「私の愛は拡大していく」
にフォーカスし、信じ続けてください。


以前にもお伝えしたように、
今年は「浄化の年」です。

多次元的自己に変身し、
さらに拡大して進化し、変容するためにも、
自らへの信頼と自分の価値を
完全に取り戻すため
の大きなワークを
私たちは今やっている最中です。

そのために、個々のガイドたちからの
応援や援助も半端なしに大きいです。

完全に犠牲者意識から抜け出るためにも、
社会批判や、自分がやらねば誰がやる
といったような社会活動も含めて、
それ以前のプロセスとして、
自分自身の奥深くにあるネガティブを、
浄化しきることがとりあえず、
今いちばん大切なこととして受け入れて、
インナーワークを続けてください。


2016年4月 1日 (金)

胸腺たたきで元気になる

胸腺はハッピーポイントと言われ、ネガティブエネルギーを中和し、心を穏やかにし、エネルギーの流れを調節してくれます。また、免疫系を元気にしてくれます。

胸腺は左右の胸の間にある胸骨の上部にあります。よく、胸がつかえた時にたたくあの部分です。胸腺は心と体とつながっていて、感情的、または肉体的なアンバランスがあると縮み生命力、元気がなくなっていきます。

その部分を軽くたたいたり、タッピングすると、あら不思議、波動が上がってきて、元気ややる気がでてきます。

胸腺の働きは、「人の生命力の高振動を維持する」ことです。胸腺の振動が調和している状態であれば、私たちは強靭でありバイタリティに溢れています。


落ち込んでいるとき
人の言葉やエネルギーに傷ついているとき
恐れや不安の中に身をおいているとき
自己評価が低くなっているとき

胸腺をリズミカルに、素敵なアファメーションをつぶやきながら、たたいてみてください。
まるで「頑張れ、自分!」のポーズです。年々縮んでいく胸腺の強化にもなります。

一番のおすすめは「笑いヨガ」にあるのですが、はっはっはっと笑いながら、胸腺をたたくことです。これをやっていると、滑稽な自分の姿に、本当に笑えてきて本当に元気になります。

「胸腺」の画像検索結果胸腺

「免疫力を高める100のまとめ」さんから転載させていただきます。
免疫力を高める運動方法「胸腺マッサージ」

人間の体には、両肺の中央と心臓の上辺りに「胸腺」という臓器が存在します。この臓器は、骨髄で作られた免疫細胞のリンパ球を成熟、増殖させ、働きを強化する機能を担っています。

ただ、胸腺は15歳くらいで成長を止め、そこからだんだんと衰えて青年期に入ると萎縮を始め、50歳をすぎる頃にはその機能は半分程度にまで下がってしまいます。そこで、この胸腺を刺激して働きを促してあげると、免疫力の向上に高い効果を発揮します。方法は簡単。胸腺をマッサージするだけです。

乳房の周りを円を描くようにして縦、横、上下、左右に何回も優しくさすります。これだけで萎縮しかけた胸腺が活発化し、リンパ球に力を与えて免疫力を高めてくれます。

回数は何回でも良いので、空いた時間に胸腺マッサージを実行してみてください。テレビを見ながらでも、仕事や家事の合間でも簡単に行うことができるので気が付いたときに胸の周りをさするようにすると免疫力が高まって細菌やウイルスに対する抵抗力が上がり、病気にかかりにくい体作りに役立ちます。

また、胸腺を刺激する簡単なエクササイズもあります。布団やマットレスの上で膝立ちになり、背筋を伸ばします。

頭の後ろで両手の指を上下に組み合わせ、肘を少しずつ後ろに持っていって肩甲骨を近づける感じで胸を開いていきます。少しの間そのまま動きを止め、そしてゆっくりと力を抜きます。

この動作を、深い呼吸をしながら5回ほど繰り返すことで胸腺の萎縮を食い止め、リンパ球を増やすことができます。

胸腺は敏感な臓器で、加齢だけでなくストレスや疲れによっても萎縮が進んでしまいます。日頃から意識して無理をせずストレスを溜めないような生活を送り、胸腺マッサージを行って免疫力を向上させましょう。

2016年3月28日 (月)

4人の天地食(プラナー)の方々に会いました・・・小林健ブログ

「これからの医療」という本で話題になっているドクター小林健さんの最新のブログの中に、天地食(プラナー)の方々が増えてきたという話が書かれていました。(この本、2週間前に本屋さんで買ったときは、本棚の隅に一冊だけ置かれていたのですが、昨日また寄ってみたら本棚中央に山になって積んであったので、相当人気があると見受けられます)

さて、健さんが最近会った天地食(プラナー)で生きている方は四人、NYで二人、日本で二人、みなさん至って健康だそうです。

天地食までいかなくても、このブログの中で「微食」をすすめています。少食よりももっと微量に、1日500㎉、1年もすると長年の慢性病が減り、白髪も黒髪に変わり、まったくの健康体になっていくとか・・・。私もその内、短期間でも実施しようと思ってます。その時はまたご報告します。


 

4人の天地食(プラナー)の方々に会いました

2016-03-22 12:42:53

最近ちょくちょくいわゆる普通食を全く食べない人々にお会いしました。
NYで二人、一人は1年間、もう一人は2年間、水以外は一切口にしていない人たちです。

二人とも40ちょっと超えた、スペイン人とロシア人です。二人とも全く不安はないそうですが、自分は人間でもろもろの環境、生活上の問題やストレスで健康が心配されるので、健康診断を医師から受けようと思っても驚かれるだけで、大した目的は達せられません。それで巡り巡って私のところへおいでになったようです。もちろん私は、量子波での交信でお会いするだけで健康状態がOKか否かは伝えられますが、とりあえずパフォーマンスをしないとマジックみたいに思われるといけませんので、望診、問診、脈診などを行い、彼らにOKサインを出しました。

さらに去年の11月、日本で船瀬先生主催の船瀬塾の後の懇親会に出席させていただいたときに、お若い男性がやはり1年間普通食は食べず、天地食(プラナー)だけでした。また、健康学びや主催の講演会の後の私のサイン会でも、もう一人の男性がやはり1年間何も食べていないということでした。二人とも、とてもまじめそうな清潔感にあふれる人たちで、その素晴らしい尊敬できうる天地食の毎日を元気よく楽しく続けてくださいとお願いしました。また変な風に興味を持たれたり、不思議な変わった人だなぁと思われる可能性がとても多いので”石の上にも3年’と言われる言葉があるように、あと2年間続けて、合計で3年以上元気よく続けられたならば、初めて人々に言っていいかも、とアドバイスしました。

この4人の人たちは、とても明るい笑顔で、話し方も歩き方もふつうの健康の人そのままでした。

私自身、20歳のときにパラシュート事故で海面に墜落、もちろん即死でしたが、運よく人間としての完成にほど遠い状態であったこと、天の恵みや励ましのおかげで、地球に生還させられました。その後、毎日何回も幽体離脱が起こり、かなり諸問題を解決できる力を得ました。そのときは、日常の生活や仕事では幸せをとても感じているものの、だんだん人々のやっていること、特に「おいしいものを食べたい」という感覚がほとんどゼロになり、食事をすることを忘れてしましました。
ただ仕事柄お話する機会がとても多いため、口やのどが渇くため、水をグラスで7,8杯飲んでいました。もちろん食事はしていません。1年ぐらいは続きました。
2年目に入ると、水も1日2,3杯になり、3年目は水も飲まなくなっていました。ただし、忙しすぎると少しふらふらしますので、人と離れて3分ぐらいの瞑想時間が、1日2,3回は必要でした。そのとき、深ーい呼吸をその都度7,8回はしていたと思います。たぶんそのときに、天地食という空と地からの気体エネルギーを食べていたように思います。
もちろんすべてふつうの人々と同じスピードで、考え方、さらにお仕事もしていました。でも必ず空いた時間には3,4分の休憩をしていました。

3年間その状態が続いた後、ドレスメーカーの学生さんでとても優し友達ができましたので、お付き合いをしているときに、とても楽しくて少しづつですが食事をするようになり、徐々に普通食、いわゆる普通人に戻って今日に至っています。

思うに、自然の成り行きに任せ、もし肩をはって貫いていくようなことをせず、気持ちよく楽しくできるものならばこれからもなんでもやって生き続けていきたいものです。


甲田先生の意志を受け継ぐ、姫こと森先生を守り「少食で世界を救う」使命に感動し、それを世界に伝えるべく毎日努力しています。ご想像つくと思いますが、アメリカでは少食をすすめることはとても大変です。特に私の病気を治す「微食」はさらに困難です。ですからみなさんも、健康を続けたいと思うのであれば、なんといっても「少食」です。大食の人は絶対にいけませんが、少なくとも1週間に1回は水だけの断食をしてください。中食の方は、各週ごとに1日断食をなさってくださいね。そして、病気または体から出る病気を防ぐ警告としての症状が続くようでしたら、絶対に「微食」にしてくださいね。

いずれの状態でも青汁はレモン汁を入れた状態で、グラス一杯を1日1,2回飲んでください。体のひずみがそのことにより調整されますと、糖尿病、心臓病、高血圧、高コレステロール、さらにガンまで改善治癒されるはずです。人間はどんなに健康な生活をしていても、どこかで無理をしていると、そのひずみを治すために、嫌な症状やガンをも作ります。

すべての病気、特にガンの最大の治癒方法は「”気づき”力」をよみがえらせることです。この気づき力は、人間がもつ超能力の1つです。脳と心で、真実に気づいたときには、その正しい情報がすべての機能に影響し正常化します。人間の体のもつすべての治癒能力がよみがえり、医学的には解明できませんが、驚くほどの回復力を作ります。この気づき力は、人間の超微粒子である素粒子の心「素生」から起こります。この大切な「素生力」を強化するのは、加工の最も少ない原点の食材を使い、純粋にとっても近いご自分のライフスタイルをもつことです。それを毎日続けていると、超能力である「気づき力」がうまれ、間違った知識や習慣、しがらみなどに対する抵抗力ができます。脳と心が一体となり、自分でいることに喜びと幸せを感じ、驚くべき物事に対する解決力ができます。

時間がないからとか、簡単便利だとか、今だけしょうがないからとかいう言い訳は、「気づき力」を最も鈍らせることです。

気づき力に感謝、尊敬、愛していれば、あなたのすべてが1つの強力な「素生力」をもった愛の塊となり、この上ない幸せを得ることができます。

with Love, Apprecaition and Respect   Ken Kobayashi

2016年3月25日 (金)

太陽から出ている周波数は「人間の DNA を修復する528Hz」だった

今日のように、もうすぐ桜が一斉に花開く、風は冷たいけれどお日様燦燦という日は、とにかく気分がいい!日焼けなど気にせず、太陽の下に行き、光を浴びる。傷ついたDNAを修復し、愛を発現させ、ヘモグロビンを共鳴させる・・・つもりになる。

レオナルド・G・ホロウィッツ博士の「ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz」の本の中に書いてありましたね。


「純粋な光は、528Hzで振動する太陽の光によって体内に取り入れられる。

太陽の球体の形状も528Hzと関連している。


あなたの存在が愛の発現である、と確信させることを紹介しよう。


NASAの研究員デビット・セレダが発表した録音によると、

太陽は基本的に528Hzで振動している。

これは、『NASAの太陽の音』528Hzの音叉と同時に鳴らすと確認できる。


植物に含まれるクロロフィルはこの528Hzの音と、528ナノメートルの光を受けとめ、それを自らの色に反映させる。


黄緑色の微粒子は構造的にも528Hzを反映し、電子を受け入れて528で振動し、528と共振するように酸素を放出する。


528と共振する酸素は、人体のあらゆる細胞に取り込まれる。

これが、愛があなたの生活を支える実際の方法である。


そして、血液中の主要なエネルギー担体であるヘモグロビンも、クロロフィルと同様の構造を持ち、ハイドロソニックに愛の528とともに振動する。」

「In Deep」さんより転載させていただきます。「In Deep」さんの記事っていい!


太陽から出ている周波数は「人間の DNA を修復する528Hz」だった

(注)この記事は過去記事への補足的なものですが、わりと重要なことの感じもしますので、短いものですが、独立させます。


太陽と人間の間にある「原則」を知る

今年の春頃、

すべての「星」が音を作りだしているかもしれない。そして、太陽も常に歌を歌っている。しかしその周波数は 528ヘルツ? それとも?
 2015年03月25日

という記事を書いたことがあります。

「 528Hz の周波数」というのは、たとえば、「 5000年前から「ソルフェジオ周波数」を駆使していたかもしれない古代人…」という記事などで書いたことがありますが、特定の周波数には、人に対して、特定の作用があるというようなことが言われています。解釈は様々ですが、一例として、

・ 396 Hz・・・トラウマ・恐怖からの解放
・ 417 Hz・・・変容の促進
・ 528 Hz・・・DNA の修復
・ 741 Hz・・・表現力の向上
・ 852 Hz・・・直感力の覚醒


というようなものがあり、528Hz の周波数には、DNA の修復、すなわち「人の身体を癒やす」力があるということがいわれています。

このことが、どの程度正しいのかどうかは別として、私はこのことを知って以来、 528Hz の音叉を常用していて、今は2つ持っています。

下は私の持っている音叉のうちのひとつです。

528hz-tuner-01.jpg
・Amazon


それでまあ、最初にリンクした記事では、宇宙の星たちが、それぞれ独自の「音」を放っているということを知ると同時に、太陽も常に「音」、あるいは周波数を出していることを書きました。

太陽の音は、米国スタンフォード大学のソーラーセンターのウェブサイトにあります。

stanford-solar-center2.gif

音そのものは、冒頭にあるものなどです。

こちらのページで、ダウンロードもできます。

これは、太陽の音そのものを録音したというわけではなく、NASA の太陽観測衛星 SOHO に取り付けられたマイケルソン・ドップラー・イメージャー( MDI )という装置で太陽の表面の音の圧力​​波を記録し、それをスタンフォード大学の天文学者たちが、振動を再現したものです。

それで、私は、リンクしました記事の中で、

過去記事「…太陽も常に歌を歌っている。しかしその周波数は 528ヘルツ? それとも?」より

上の太陽の音ですが、ミキサーで 528Hz など、いくつかの周波数と太陽の音を重ね合わせてみましたが、太陽の音は 528Hz や 432Hz ではありませんでした。

では、何ヘルツかというと、私は調べる器具を持たないですので、わからないのです。

音楽などされている方で、そういう器具がある方なら調べられるかもしれません。

と書きまして、自分の耳で聴いた分には、太陽の音が人間の DNA を修復するといわれている 528Hz ではないと思ったのですね。

そうしましたら、最近、職業上で「周波数と親しんでいる」と思われる方が、「太陽の周波数は 528Hz 」だと喝破されてらっしゃったのです。

これは、私のお知り合いから「そういうふうに書いているブログがありましたよ」と教えていただき、見てみますと、どうやら、書かれた方は、音叉のプロの方のようなんですが、その Shoko さんという方が書かれた、

528Hz は「太陽の周波数」…?

という記事に以下のように書かれていたのでした。

「528Hz は「太陽の周波数」…?」より

記事を読むと 太陽の周波数は528Hzではないようだ…と
結論づけられていますし
たしかにページ内の音源をチューナーと聴き比べても
528Hzに近くはあったけど 微妙でした

でもリンクされていたソーラーセンターの音源とチューナーを聴きくらべると
ほぼ528Hz!か 528Hzと協和する周波数だったんです

わたしは職業柄 聴いた音をセント値で聴きわけられます

in Deepさんは、太陽の周波数を528Hzと明言されていませんが…
528Hzは「太陽の周波数」…です!

とのことなんです。

セント値というのは、音程の表示法の単位で、音を非常に細かく単位別にしたもので、それを聞き分けられる方から聞くと、太陽の音は 528Hz ということのようなのです。

これが事実であるとするならば、

地球に住む私たち人間は、「太陽の下にいるだけで、常に DNA が癒やされ続けている」



という、「常に身体が修復されている世界」に住んでいるというようなことにもなるのかもしれません。

そういえば、上のブログの方は、

それにしても 先人たちは
どうして528Hzが 太陽の周波数とわかったのかしら?


と書かれていましたが、これは、人間のいる地球の「原則」なのだと思います。

法理といってもいいのきかもしれないですが、人間のいるところには、常に 528Hz の周波数に満ちていて、光があり、植物があるという原則。

夏頃に書きました、

植物が「緑色」であり続ける理由がわかった! そして人間の生活システムの完成は「植物との完全な共生」にあるのかもしれないことも
 2015年07月06日

という記事では、いろいろと書きましたけれど、最終的には、「植物が緑である理由は」は、基本的には「人間のいる地球の原則」だということに翻然と気づいたのでした。

多くの植物は、太陽の光で生きているわけで、植物に関しては、太陽の存在が、明確に「命」と直結しているのですが、私たち人間も同じかもしれないと思うようになりました。

私たち人間も、太陽の「光」と「 528Hz の周波数」で支配されて生きていると。

そういう意味では、人間と植物はやはり同じだと。

支配されているというのは、いい表現ではないかもしれなないですが、DNA というのか、命というのか、そんなものを太陽が握っているというような気がします。

そして、古代から、日食はむしろ「不吉なもの」とされていた理由も、たとえば、皆既日食などの場合、「皆既日食が起きた瞬間、地球に届く 528Hz の周波数が途切れる」というようなこともあるのかなあと。

いずれにしても、昼の地球は太陽が牛耳り、夜の地球は月が牛耳る。

太陽と月とどちらが人間に健やかに作用するかを考えますと、なるべく太陽が出ている時に生活することは正しそうで、つまり、早寝早起きは正しいですね。

というわけで、今回の件で、早寝早起きの重要性を再確認した次第でした(そんな結論かよ)。

しかし、本当にずいぶんと太陽を見ていないですね。
いつまで雨の日が続くのでしょう(150日間 )。

いずれにしても、太陽の周波数を 528Hz と確認していただいた  Shoko さんに感謝いたします。

2016年3月22日 (火)

東日本大震災をきっかけに銀河同盟が地球をサポート

 「本山よろず屋本舗」さんの記事の中で、月刊誌『アネモネ』の2016年4月号から、コンタクティー、ジェームズ・ギリランド氏の文章が載っていたのですが、とても興味深いところがあったので、その部分だけさきにピックアップして紹介させてもらいます。

 東日本大震災のときに銀河同盟が日本をサポートしていたという記事です。

 確かにその当時、福島原発の上空を複数のUFOが目撃されていていました。ネットにも掲載されていて、「最悪の事態にならないよう援助してくれている」とか「かれらの最新の科学である程度除染してくれている」などささやかれていました。

あれから5年経ってみて、現在、当局の隠蔽はあるにしろ、チェルノブイリの5年後の被害状況ほどでないような気がします。(今度、状況の数字を拾ってみたいと思います)

 下のビデオは海外のテレビで放映されたものです。
「もし検閲があったのなら日本のメディアはこの物体を無視したと考えるべきです」とアナウンサーは述べています。

 私、密かにずっと思ってました。ポジティブな宇宙連合の人たちが地球を、日本をサポートしてくれていると・・・。

 当時の首相、菅直人氏が海外メディアの取材で言ってましたね。「奇跡が起こっていた。なぜか最悪の事態をまぬがれていた」 そうです、助けてくれているのです。


「天使界からのメッセージ」さんよりお借りしました。


・・・「東日本大震災をきっかけに銀河同盟が地球をサポート

 大使の話によると、この日、大震災と原発事故の起こった背景には、ネガティブなETたちの意図も大きく関わっていたのです。
   もしこの震災が、人間が何かしらの教訓を得るための自然発生的なものなら、銀河同盟は関与しなかったかも知れません。つまり、この震災は、ネガティブな存在たちによる、ネガティブな目的のために意図されたものだった可能性があります。
    そのため、もはや銀河同盟は見守るという範囲ではなく、関与すべき事態であることを察知したのです。大震災が起きた日は、「銀河同盟が直接、地球の危機をサポートしてよい」という、ゴーサインとなりました。
   そこで、銀河同盟のレスキュー部隊が震災直後の被災地に駆けつけ、様々な活動を行いました。中でも、原発事故に伴う土地や海水の汚染の除去、あるいは汚染の低減化など、被害を最小限にとどめる活動を行ったのです。
    例えば、海水汚染はその後、私の住む米国の西海岸へも広がりました。しかし、私が海水を科学機関に持ち込んで検査したところ、放射能汚染はすでに除去されていたのです。
   こうした広範囲な汚染に対し、すぐに除去できる科学は、地球にはまだ存在しません。ですから、このようなダメージの軽減の背後には、友好的でポジティブな意図を持った銀河同盟のサポートがあるのです。
   彼らのテクノロジーを駆使したレスキュー活動は、現在も続いています。

       古くから守られてきた日本人に大使が伝えたいこと

 ターウィリアン大使をはじめとする銀河同盟が、震災を機に日本を救いにやって来たのは、世界の人々のためでもありますが、日本人のためでもあります。
    日本の皆さんは古来より精神性が高く、感謝の心と他者へのいたわりの思いが強い人々です。そのため、ずっと銀河同盟が陰で見守ってきた民族です。
    その高い精神性が、新たな世界を切り拓くポジティブな意図を持ったリーダー的な存在として、今後、世界のけん引役として期待されているのです。
   大使から私を通して、日本の皆さんにぜひ伝えて欲しいと言われたメッセージがあります。

       原発事故の今後の影響や
    日本の未来に関して、
       怖がらないでください。
       日本の未来は、
       とてもとても明るいのです。
       それを信じてください。

       このことを、大使は強調しています。ぜひ、心に留めておいてください。」

   


「本山よろず屋本舗」さんより転載させていただきます。
http://homepage2.nifty.com/motoyama/index.htm


ジティブなUFO情報

  (以前の記事にも書きましたが)、千さんのお爺ちゃんセッションで言われたことですが、私は地球の未来から来た霊的な存在と、定期的(日曜の夜)に会合を開いているらしいのです。
   今の私にその記憶はありません。会合に参加しているのは私のハイヤアーセルフだそうで、もし私が自分のハイヤーセルフと繋がることができれば、その記憶を共有することができると思っています。
  地球の未来から来た霊的な存在は4名で、名前を聞いたら、アクト、デビス、サニータ、ラシンパとのことでした。
 話し合いのテーマは、これから地球が迎えるシフト(変容)に関することで、彼らは一人でも多くの人類に、新たな地球に来てほしいという願いで会合を開いているそうです。

  今回の記事は、その会合のこぼれ話的なことです。
  私は最近、千さんのお爺ちゃんセッションのたびに4名に今の私が知っても良い情報があったら教えてほしいと頼んでいます。
   以前、そんな彼らから「UFOに関する情報が来る」と言われました。
   日本のコンタクティーではなく、海外からの情報だといいます。
   私はUFOに関する新たな本が出版されるか、政府高官の暴露発言でもあるのかと思っていたのですが、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガからでした。
   1つはマーク・リチャーズ大尉の証言です。
    マーク・リチャーズ大尉は、「極秘宇宙プロジェクト」の内容をリークしようとしたため、身に覚えのない殺人事件の犯人に仕立てられ、30年の刑に服しているそうです。
   米政府系の組織の内部告発者のインタビューを専門に伝えているネットラジオ、「プロジェクト・キャメロット」というサイトが、刑務所内でマーク・リチャーズ大尉にインタビューした内容を、2013年、14年、15年の3回に分けて放映したそうです。
   ヤスさんのメルマガには、その要約が載っていました。

   もう1つは、UFOや地球外生命体の情報公開を進めているディスクロージャープロジェクトのスティーブン・グリア博士の証言です。
   去年(2015年)11月21日、グリア博士は、UFOや地球外生命体に関する4時間のプレゼンテーションを行いました。ヤスさんによると、プレゼンでは細かな証拠が提示されて実証されており、無視できない内容になっているといいます。

   これらのUFO情報を読んで私が感じたことは、私が知っていることは、ほんの一部に過ぎなかったということです。肝心で本質的なことは一般には公開されておらず、多くのことはいまだに秘密にされているということです。
   私達が宇宙人と言われて頭に浮かんでくるのは、グレイやレプティリアンなどですが、実際に地球に来ている地球外生命体は多種多様で、マーク・リチャーズ大尉によれば、80種にも上るといいます。

   またグリア博士によれば、グレイを装って人間を拉致(アブダクション)していたのは、実は地球人だったという話には驚かされました(地球外生命体としてのグレイやレプティリアンがいないということではなく、人間を拉致していたのは地球製のUFOで、地球人が造ったクローンのグレイという意味)。
    マーク・リチャーズ大尉やグリア博士の情報の信憑性がどこまであるのかというのが問題ですが、私には100%でないとしても、かなりの真実を含んでいるのではないかと思えました。

   当初はこうしたマーク・リチャーズ大尉とグリア博士の証言を記事にしようと思っていたのですが、ネットでこのヤスさんの情報を有料で売っているサイトを見つけて複雑な思いがしました。
   自分がお金を払って得た情報なので、それをどう使おうが本人の自由だとは思いますが、そのやり方で商売として成り立つのかなと余計な心配をしてしまいました。かりに私が記事にしてしまうと、その人の商売を邪魔することになるのは間違いないので、気が引けてしまいます。
   またマーク・リチャーズ大尉とグリア博士の情報は、ネガティブなエイリアン情報を暴露したものです。私は読んでいて、暗い気分になってしまいました。
   当HPに記事にすると、訪問されて読まれた方々も暗い気分になってしまうと思います。
   そこで今回は、読んでいて希望が持てるUFO情報を載せることにしました。
   ヤスさんのUFO情報は、いずれ記事にするかもしれませんが、またの機会にしようと思います。

   マーク・リチャーズ大尉に関して興味のある方は、ネットで検索すれば一部の情報は読めますので試してみて下さい。
   個人的な意見ですが、世の中には一般の人々に真のUFO情報を知らせないようにするグループがいると共に、真のUFO情報を知らせるべきであると考えるグループもいるのではないかと思うのです。
    知らせるべきだと考えるグループが、いきなり公開するのはショックが大きいので、少しずつ情報を小出しにしているのではないかと思うのです。
    マーク・リチャーズ大尉は、そうした役目を背負っているのではないかと想像しています。

  グリア博士の証言に関して、一つだけお知らせします。
  グリア博士は1994年、ハンス・フォン・リヒテンシュタインという人物から連絡を受けます。この人物はリヒテンシュタインの大銀行家で、欧州の金融帝国の頂点にいるといいます。
   この人物は、グリア博士が行っている「ディスクロージャー・プロジェクト」はかならず失敗すると言ったそうです。
   そして次のエピソードを語ったそうです。
   1989年11月、当事のアメリカのブッシュ大統領(父の方)と旧ソ連のゴルバチョフ大統領、当事の国連のデクエヤル事務総長の極秘会談が行われ、地球外生命体の情報を公開する決定が下されたといいます。
   しかしその直後、デクエヤル事務総長はエイリアンに拉致されます。そのときエイリアンは、地球外生命体の情報を公開するのであれば、あらゆる国の指導者を拉致するので、絶対にやってはならないと言ったそうです。この人物(ハンス・フォン・リヒテンシュタイン氏)が言うには、このときのエイリアンは地球の(UFO情報を公開されたくない)ある組織に属するもので、本当の地球外生命体とはなんの関係もなかったといいます。
   しかしデクエヤル事務総長はこれが本当の地球外生命体であると信じ込んでしまい、地球外生命体の情報の公開を取りやめてしまったといいます。
    これが本当の話なら、1990年代に真のUFO情報が公開されていたはずなので、惜しいことをしたなと思います。

    私が不思議なのは、グリア博士が去年11月に行ったプレゼンは非常に重要なものだと思うのですが、それに関する情報がネットで全く得られないことです。
   ぜひ日本語訳のついたDVDを発売してほしいと願っているところです。

   前置きが長くなりました。
   読んでいて暗くなのではなく、希望が持てるポジティブなUFO情報をお知らせしようと思います。私が今一番注目しているコンタクティー、ジェームズ・ギリランド氏の記事です。
   月刊誌『アネモネ』の2016年4月号から抜粋して掲載します。


       ・・・<『アネモネ4月号』、p6~p12から抜粋開始>・・・

 事前に受け取った情報を祈りのエネルギーとともに拡散

   普段から私は、高次元の存在やプレアデス人などの宇宙的存在たちとコミュニケーションしています。
  彼らからメッセージを受け取ったり、あるいは瞑想を行って自らの内側から導きを得た時は、必要な行動をとるようにしています。例えば、平和のためのエネルギーがもっと必要だと感じる時は、祈りのエネルギーをこの地から世界中に向けて発信しています。
   地球の変容をサポートするための私の活動のひとつが、高次領域にアクセスして様々な世界に訪れることです。
   未来に訪れた場合、近々、何が起きるかについて把握します。例えば、1989年に起きたサンフランシスコ周辺での地震や、1989年のシアトルでの地震の時、その手前で、地震が起きるビジョンを観ていました。
   私は地震に限らず、災害などが起きる前に、高次の存在たちからの”知らせ”を受け取ります。そのような時は、すぐに祈りや瞑想を行うことにしています。アダムス山には強いパワーが満ちているため、祈りのエネルギーを拡大させることができるのです。

       先住民族の予言とも符合する人類の行く手にある2つの世界

   高次領域にアクセスして私が収集する情報は、未来を警告するものばかりではありません。基本的には、「人類が分離を超越し、アセンションした姿」と「その時の地球の様子」をよく観ます。人類の行く手には、2つの世界があります。
   ひとつは、上昇するアセンションの波に乗っている人たちの世界。彼らは統合意識と平和を選択し、他者を兄弟姉妹のように愛し、互いの自由意志を尊重する生き方をしています。
   もうひとつは、堕ちていく人たちの世界。強欲や排他主義、パワーゲームに明け暮れている人々は、周波数が落ちたタイムラインにいます。
   このような2極化した世界は、ホピ族の予言と似ています。私の祖母は、ネイティブアメリカンのチュロキー族とケルト族との混血です。それもあり、私は多くのネイティブアメリカンの長老たちと未来についての情報交換をしました。すると、彼らに伝わる予言は、私が観たビジョンとほぼ同じだったのです。ETたちから受け取った情報も、私の観た世界と同じでした。

       地球の解放を促すために再び訪れている進化した異星人

    人類の最終的なゴールとは、宇宙の種族たちと再び手を繋ぐことです。それが、次に待っているステージです。
   人類が意識を上昇させ、宇宙の種族たちとのオープンな交流が始まれば、高度なテクノロジーの提供や、直接的なサポートが展開されていきます。すでに、そういう道筋が決められているのです。
   現在も、様々な高次元の存在が地球の変容に携わっていますが、特にサポートしてくれているのが、地球外から訪問している精神的・技術的に進化した異星人たちです。かつて地球に訪れていた彼らが、地球の解放を促すために、再び地上に戻って来ているのです。強欲など、目に見えないマイナスの力つまりダークサイドの支配からの解放のために--。
   今まで地球上には、精神性が低い、反人道的なことを平気でするETのグループもいました。そのようなETが何千年もの間、人類の進化を大きく妨害してきました。
   昨年の夏、私は「TPR(トランスパーソナル・リリース)」で地球上にいるネガティブなETの割合を調べました。その結果、地上から90%排除されていました。ですので、地球はどんどん良い方向に向かっていると言えるでしょう。
   大切なのは、一人ひとりが罪悪感や恐怖を自分の中から解放し、自らの内なる神と直接繋がるようになることです。

       ・・・(中略)・・・

 精神レベルの周波数を上げて内的コンタクトを深める

 読者の皆さんの中には、ETという地球外知的生命体に関する情報に、興味のある方が多いかも知れません。
   ただし、ETに関する情報に対しては、常に注意深くいてください。なぜなら、世の中には「ネガティブコンタクト」、つまり、精神性の低いETとの交流による情報がとても多いからです。
   友好的なETによる、ポジティブな未来へと繋がるコンタクトにちゃんと目を向けられるよう、高い意識や周波数を持つものに心を向けてください。
   ETコンタクトの中で9割以上は友好的なETとのコンタクトです。残念ながら、友好的なET情報が隠蔽され、捏造されてしまった情報も出回っています。
   スピリチュアル的・精神的にアセンションの波に乗り続けるために、最終的には、一人ひとりが自分の内なるソースとの繋がりを築くことが大切です。希求する方向に、自ら努力することが最も大事です。自らの外側に向かって色々と探すより、内面に向かうことです。
   ETコンタクトは、最初、自らの外側での出来事に思えますが、彼らから友好的なメッセージを受け取るうちに、それは内面の覚醒を促すものだと分かります。
   今までもそうであったように、これからも彼らはどんどん周波数を下げて、私たちがコンタクトしやすいようにしてくれます。
    しかし、私たちはそれに甘んじることなく、自らライズアップ=精神レベルの周波数を上げなければなりません。
   現状のレベルではなく、自らの波動を上げることによって、彼らの意識状態である「宇宙意識」というものを、ようやく理解できるようになります。大切なのは、受け身ではなく能動的に、宇宙意識や精神的な覚醒へと繋がるコンタクトができるようになることです。
   あなたが悟りへの道を歩んでいる時、彼らはあなたのことを見つけ出します。彼らを探さなくても、必ず聖なるタイミングで、様々なガイダンスを受け取ったり、様々な形でのコンタクトが起きるでしょう。
    ETとコンタクトを重ねることによって、自らのルーツが分かってきます。そして”実は、自分がETそのものである”ということに、あなたは目覚めるでしょう。ETを見たいなら、鏡を見てください(笑)。

       ・・・<抜粋終了>・・・


 ギリランド氏が言うように、地球に巣食っていたネガティブなETのうち、90%が地球から排除されたというのが事実なら、これは素晴らしいことです。
   私は前々から納得がいかなかったことに、ネガティブなETはどんどん地球に干渉して悪さを働いているのに、ポジティブなETが積極的な関与をしないことがありました。
   ポジティブなETからすれば、人類の進化に干渉してはいけないという大義名分があるのでしょうが、それだとネガティブなETに地球はやられっぱなしになってしまいます。
   昨今、その状況が変わってきたという記事を掲載します。
   これも月刊誌『アネモネ』の2016年4月号から抜粋して掲載します。
   テッド・マーという人の記事です。


       ・・・<『アネモネ4月号』、p15~p17から抜粋開始>・・・

 銀河同盟に属するセイレス星のターウィリアン大使との出会い

 その相手は「セイレス(Seres)」という惑星に住む、ターウィリアンという名の存在です。彼は、銀河同盟に属する、星々の代表者と交流する役割を持つ宇宙大使です。
   大使とのコンタクトは、2014年から始まりました。元々、大使と密なコンタクトを取っていたのは、私の友人のほうでした。
   コンタクティである彼から、大使の存在を知らされた私は、自分のチャネリング能力を活かしてコンタクトを試みました。すると、大使とテレパシックに繋がり、コミュニケーションできるようになったのです。
   大使の住むセイレスの人たちは、地球よりはるかに進化した7~9次元の存在です。精神的には私たちより5万年ほど進化し、技術的には10万年も先を進んでいます。大使の身長は約4mで、年齢は1万歳を超えています。もし望むのなら、彼らは2万5000年くらい生きられるそうです。
   セイレスでは、言語とテレパシーを必要に応じて使い分けます。貨幣経済は存在しません。「お金という概念は、他者を支配する目的のために作られたものです」と大使は言っています。
   つまり、ネガティブな種族のETの発想なのです。そのため、セイレスをはじめとした銀河同盟に参加している惑星には、貨幣経済はないそうです。

       思考から物質を生み出すセイレス星の人々の暮らし

 セイレスの人々は、それぞれが自由に活動しています。詩人やアーティスト、教育者、科学者など、やりたい仕事をして、他者や社会へ奉仕しています。
   ただし、そうした奉仕に時間を割くのは、多くて1日3~4時間ほどです。それ以外の時間は、家族や子供たちと過ごしたり、世話をするための時間、あるいは創造性を高めるための時間として使うのです。
    地球人の概念には、仕事とそれ以外の時間には、明確な区別があります。しかし、セイレスの人たちは、すべての活動が奉仕であり、喜びの時間であるため、「労働かレジャーか」などと区別しません。
   また、彼らは何かを作り出す際に、すべて思考で行います。地球では物を作る時、材料が必要ですが、セイレスではすべて、思考で物を作り出せるのです。なぜなら、彼らは精神性を高めた結果、「思考=創造」であることを理解したからです。
   もちろん私たちも、意識の力がいかに現実を作るかについて、気づき始めています。今後、人類が精神的・霊的成長と進化を重ねることで、セイレスの人たちのようになれる日がやってくるでしょう。

       地球の自由意志を尊重し成長を見守る銀河同盟

   大使によると、銀河同盟とは、地球も含む天の川銀河のほぼ3分の1の領域にあたる「4億3千500万の惑星と、およそ7兆種類にもおよぶET種族たちの集合体」だそうです。
   このETたちは、主にヒューマノイドタイプで、精神性が高く慈悲深い存在です。
   銀河同盟が、これまで地球に対して積極的なサポートを行わなかったのは、理由があります。宇宙の法則に基づき、地球人の自由意志を尊重し、成長を見守るのが使命だったからです。
   一方で、ネガティブなETたちは精神性が低く、自分たちの欲求を最優先し、地球人の成長などは気にしません。そのため、積極的に地球にやって来ます。
   このような状態が大きく転換したきっかけが、2011年3月11日でした。

       東日本大震災をきっかけに銀河同盟が地球をサポート

 大使の話によると、この日、大震災と原発事故の起こった背景には、ネガティブなETたちの意図も大きく関わっていたのです。
   もしこの震災が、人間が何かしらの教訓を得るための自然発生的なものなら、銀河同盟は関与しなかったかも知れません。つまり、この震災は、ネガティブな存在たちによる、ネガティブな目的のために意図されたものだった可能性があります。
    そのため、もはや銀河同盟は見守るという範囲ではなく、関与すべき事態であることを察知したのです。大震災が起きた日は、「銀河同盟が直接、地球の危機をサポートしてよい」という、ゴーサインとなりました。
   そこで、銀河同盟のレスキュー部隊が震災直後の被災地に駆けつけ、様々な活動を行いました。中でも、原発事故に伴う土地や海水の汚染の除去、あるいは汚染の低減化など、被害を最小限にとどめる活動を行ったのです。
    例えば、海水汚染はその後、私の住む米国の西海岸へも広がりました。しかし、私が海水を科学機関に持ち込んで検査したところ、放射能汚染はすでに除去されていたのです。
   こうした広範囲な汚染に対し、すぐに除去できる科学は、地球にはまだ存在しません。ですから、このようなダメージの軽減の背後には、友好的でポジティブな意図を持った銀河同盟のサポートがあるのです。
   彼らのテクノロジーを駆使したレスキュー活動は、現在も続いています。

       古くから守られてきた日本人に大使が伝えたいこと

 ターウィリアン大使をはじめとする銀河同盟が、震災を機に日本を救いにやって来たのは、世界の人々のためでもありますが、日本人のためでもあります。
    日本の皆さんは古来より精神性が高く、感謝の心と他者へのいたわりの思いが強い人々です。そのため、ずっと銀河同盟が陰で見守ってきた民族です。
    その高い精神性が、新たな世界を切り拓くポジティブな意図を持ったリーダー的な存在として、今後、世界のけん引役として期待されているのです。
   大使から私を通して、日本の皆さんにぜひ伝えて欲しいと言われたメッセージがあります。

       原発事故の今後の影響や
    日本の未来に関して、
       怖がらないでください。
       日本の未来は、
       とてもとても明るいのです。
       それを信じてください。

       このことを、大使は強調しています。ぜひ、心に留めておいてください。

       5次元へとシフトするために自ら意識を目覚めさせていく

 テロや紛争など、地球ではまだまだ戦争が絶えません。しかし、これから本格的に5次元へとシフトしていくため、こうしたネガティブな意図を持つ者たちは、今後、地球からどんどん消えていくことになります。
   銀河同盟は、そのための地球へのサポートを開始しました。それさえも、主役である私たちが自発的に意識を覚醒させなければ、意味がありません。
   大使は人類に対して、意識の覚醒を強要するようなことはしません。それは、私たちの自由意志で行うべき部分です。
   この世界を変えるために、大きなことをする必要はありません。それぞれの生活の中で、愛と思いやりを持ち、調和的な人生を歩んでいくことを選択するだけで良いのです。
    心の中に、意図しないネガティブな思いが浮かんだら、それを素早く払拭してください。
   そして、ポジティブな意図に修正することを心がけて、精神的・霊的な成長の道を、ともに歩んでいきましょう。

       ・・・<抜粋終了>・・・


 ギリランド氏の記事とテッド・マー氏の記事は繋がっています。
  テッド・マー氏が言うように、2011年3月11日の東日本大震災が、銀河同盟が直接、地球の危機をサポートしてよいというゴーサインとなったからこそ、ギリランド氏が言う90%のネガティブなETが排除されたと結論づけられるからです。
   (真のUFO情報を隠す)日本のマスコミは触れませんが、東日本大震災が起きたとき、たくさんのUFOが目撃されたといいます。

  私たちを取り巻く状況は、けっこう明るい方向に行っているのかもしれません。


      (2016年3月18日)

2016年3月18日 (金)

デスクワークの人は要注意! ●●はタバコを吸うのと同じくらい体に悪い!

ここ1年くらい、指導霊がしつこく伝えてくることがあります。
「座ってばかりいないで、運動しろ。その内病気になるぞ」
確かに、職場でも家でもパソコンの前に座っていることが多い状況です。

調べてみると、座ると、脂肪の燃焼に関係する酵素の働きが、止まってしまうので、筋肉の収縮がなくなり、その結果、脂肪を燃焼する酵素が働かなくなってしまい、病気になりやすくなるようです。糖尿病、心臓病、がんなどのリスクがあります。

「座る害」はどうも多方面から検討されていて、今回の記事は、「腰方形筋」の弱化。

「長い間座り続けていると、腰方形筋と言われる腰椎と骨盤につながる筋肉が弱まると言われています。この腰方形筋は横隔膜にも付着しているため、たばこを吸うことでも弱化していきます。そして、喫煙者は腰痛になる人が多いのだとか。
ずっと座っていることでも腰方形筋が弱まるので、横隔膜にも影響をおよぼす可能性がでてきてしまいます」

タバコの害と同じくらいといわれると、指導霊の言うこともごもっとも。指導霊ってありがたい。ならば、ちょっとウォーキングにでも行ってきますか(*^-^)


「googirl」さんより転載させていただきます。
http://googirl.jp/lifestyle/160314-deskwork003/

デスクワークの人は要注意! ●●はタバコを吸うのと同じくらい体に悪い!          

Written by:

2016.03.14.Mon

近頃はタバコを吸う人も少なくなってきたようですが、じつは日常生活のなかで、タバコを吸っているのと同じくらい健康に害を与える行為があります。それが「長時間の座りっぱなし」。
心理学を学び、体と心が結びついていることからヨガを深く学んでいるLisa Sansonさんは、そのような発見をしています。座っているだけでも体にとても負担になってしまうので、デスクワークの仕事をしている人は、注意しておきたいところです。

喫煙者に腰痛の人が多い理由

長い間座り続けていると、腰方形筋と言われる腰椎と骨盤につながる筋肉が弱まると言われています。この腰方形筋は横隔膜にも付着しているため、たばこを吸うことでも弱化していきます。そして、喫煙者は腰痛になる人が多いのだとか。
ずっと座っていることでも腰方形筋が弱まるので、横隔膜にも影響をおよぼす可能性がでてきてしまいます。
腰方形筋が弱ってしまうと、同時に骨盤の位置がずれてしまいます。片方の腰があがり姿勢がくずれていき歩き方にも影響がおよびます。足を一歩前に出すだけでも左右で差が出てくるので、びっこを引いた歩き方になってしまうのです。左右の靴のすり減り具合を見てみると、一目瞭然かもしれませんね。

姿勢をよくしても、座りっぱなしはダメ

姿勢を正していれば座っていても大丈夫だと思いがちですが、座りっぱなしが腰方形筋に負担をかけるため、意味がないのだとか。長く座り続ける仕事をしている人は、定期的に椅子から立ってストレッチをするなどの対策が必要です。
腰痛の原因にもなりますが、腰の筋肉が弱ると肩こりへとつながっていくので、時間を決めて椅子から立ちあがりましょう。

腰方形筋をねじって伸ばそう!

腰方形筋は腰椎をねじったり伸ばしたりする筋肉です。正しい姿勢でかたまっていると、せっかくの筋肉が弱まることに。この筋肉を動かしてあげることで、腰の痛みなどにも対応することができます。しかも、腰椎の近くにある筋肉なので、動かしてあげることで神経にも働き、ストレス解消にも効果がでてきますよ。スッキリしたいと思ったときなら、とにかくねじって伸ばしてあげましょう!
体を右側にひねることで、右の腰方形筋は屈曲し左の腰方形筋は伸展します。左右両方の筋肉が働くことで体をひねることができるんです。体を動かすときはなるべく左右両方ともねじる運動をしてあげましょう。また、ねじるだけでなく体を横に屈曲させるだけでも同じような作用が。
右側に屈曲するときは、左手を頭の上の方に伸ばすことでより左の腰方形筋が進展し、右の腰方形筋は屈曲します。腰のあたりが気持ちよくストレッチできるので、仕事の合間にぜひ行ってみてくださいね。

2016年3月16日 (水)

「これからの医療」マスターヒーラー・・・ケンコバヤシ

「これからの医療」(小林 健著、増川いづみ著、船瀬 俊介著)を読みました。



                                                                                                                                                                                                     
                         

Honzo Haven (本草寺)はマンハッタンから約2時間半のところあるニューヨーク州キャッツキルの清らかな水と美しい山々に囲まれた寺子屋式文化センター(Non Profit Organization)です。この「本草寺」は、本当の「心」と「体」に対しての生薬を学び受け取ることができるという意味であり、「寺」は”寺子屋”からとっています。

またここでは、この素晴らしい環境のもと、現在・過去・未来への執着や必要以上の願望を洗い流し、無の境地に入り落ち着いた自分に戻っていくための場所であります。そのために、本来備わっているセルフヒーリングを学んでいただくめ、たくさんのプログラムをご用意しております。

お腹の空いた方はキッチンに行って正食を食べたり、足腰の痛い人はマッサージや鍼治療を受けることができます。便秘を自慢のように言っている人は腸洗浄、またがんなどをはじめとして病気の方はその方に合わせた漢方薬を作り、自分で煎じて飲んでもらいます。一週間、二週間ここに住みたいと思う方は、お寺のどこかで休めるような施設が完備されています。

さらに時間に余裕があれば、いろいろなコース(導引光エクササイズ、心通力(テラヘルツ波)、形而上学、カバラ哲学、太極拳、自然治療、薬膳、もろもろの生活上に役立つグッズを作る講座など)をもっております。また森林浴やたくさんの動物たちとの触れ合い、半断食キャンプや無農薬野菜作りにも参加することができ、どれをとっても最高の機会と思われます。

人それぞれの考えや状況が違うと思いますが、まるで駆け込み寺のように、お金や時間を考えずして傷ついた鳥が巣に舞い戻るように、愛と慈悲に満たされた、真の意味で理想の心休まる癒しの場所を皆さんと作っていきたいと考えております。

2016年3月11日 (金)

福島の大惨事は人災だった・・・黒川清

2011年3月11日の東日本大震災・福島原発事故を受けて、政府、国会、民間、東電、4つの事故調査委員会が発足し、それぞれ調査報告が行われました。

大体、こういうプロジェクトは報告書出して「完了!」というのが多いですが、国会事故調の元委員長黒川氏は5年たった今も怒っているそうです。せっかく導き出した「七つの提言」が実施されていない。それどころか既存の原発を次々に再稼働しようとしている、と怒っているそうです。

「事故調は報告書の中で、規制当局に対する国会の監視、政府の危機管理体制の見直し、電気事業者の監視など「7つの提言」をした。調査結果から導き出された「7つの提言」は、本来、国会で充分に討議された上で、「実施計画」が策定され、その進捗状況は国民と共有されるべきものだ。ところが、事故から5年が経った今も、国会では実施計画の討議すら満足に行われていない。」

福島原発は人災だったというのは、佐藤栄作久福島県元知事の一連の騒動を見れば一目瞭然の話ですが、黒川氏は、日本の統治機構に問題が多く存在すると訴えています。

「報告書では福島第一原発事故の事象ばかりでなく、再発防止に向けた提言を行った。事故の背景には日本社会のあり方が浮かびあがる。事故は「氷山の一角」であり、氷山の下には「規制の虜」「三権分立の機能不全」「民主主義の貧困」など、日本の統治機構の問題が数多く存在する。」

中でも、気持ちいいほどすっぱり言ってくれてるのが次の部分です。

国会事故調委員長としての偽らざる思い

志が低く、責任感がない。
自分たちの問題であるにもかかわらず、他人事のようなことばかり言う。
普段は威張っているのに、困難に遭うと我が身かわいさからすぐ逃げる。

これが日本の中枢にいる「リーダーたち」だ。

政治、行政、銀行、大企業、大学、どこにいる「リーダー」も同じである。日本人は全体としては優れているが、大局観をもって「身を賭しても」という真のリーダーがいない。国民にとって、なんと不幸なことか。

「現代ビジネス」 さんから転載させていただきます。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48136

2016年03月10日(木) 黒川清

福島原発「国会事故調」元委員長の告発!
「日本の中枢は、いまなおメルトダウンを続けている」

〔PHOTO〕gettyimages

国会事故調委員長としての偽らざる思い

志が低く、責任感がない。
自分たちの問題であるにもかかわらず、他人事のようなことばかり言う。
普段は威張っているのに、困難に遭うと我が身かわいさからすぐ逃げる。

これが日本の中枢にいる「リーダーたち」だ。

政治、行政、銀行、大企業、大学、どこにいる「リーダー」も同じである。日本人は全体としては優れているが、大局観をもって「身を賭しても」という真のリーダーがいない。国民にとって、なんと不幸なことか。

福島第一原子力発電所事故から5年が過ぎた今、私は、改めてこの思いを強くしている。
政治、行政、銀行、大企業、大学、どこにいる「リーダー」も同じである。日本人は全体としては優れているが、大局観をもって「身を賭しても」という真のリーダーがいない。国民にとって、なんと不幸なことか。

福島第一原子力発電所事故から5年が過ぎた今、私は、改めてこの思いを強くしている。

日本人は福島第一原発事故から何を学んだのかー?続々進む原発の再稼働、遅々として進まぬ安全対策。このままでは、日本人はまた同じ災いを経験することになるかもしれない。

そんな状況に警鐘を鳴らすのが、国会事故調元委員長の黒川清氏だ。原発事故を「エリートたちによる人災」と暴いた黒川氏はいま、「揺り戻しが起きている原発政策をみていると、日本の未来に著しい危機を感じている」という。

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震から9ヵ月後の12月、福島第一原発事故の根本的な原因を調査するために、国会に調査委員会が設置された。「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」、通称「国会事故調」だ。

国民の代表である国会(立法府)に、行政府から独立し、国政調査権を背景に法的調査権を付与された、民間人からなる調査委員会が設置されたのは、我が国の憲政史上初めてのことである。

私は、この委員会の委員長を務めた。冒頭に記した嘆きは、国会事故調委員長としての、また、一人の国民としての、偽らざる思いだ。

日本の脆弱さは、世界にバレていた

国会事故調は、私を含めて10人の委員から構成された。それぞれの専門分野で調査を進め、その結果を、マッキンゼー出身で郵政民営化等にも関わったコンサルティング経験豊かなプロジェクトマネージャーが統括し、ほぼ6ヵ月で、本編だけでも600ページ近い調査報告書にまとめ上げた。

2012年7月に国会に提出した報告書では、福島第一原発事故は地震と津波による自然災害ではなく、「規制の虜」に陥った「人災」であると明確に結論付けた。

「規制の虜」とは、規制する側(経済産業省原子力安全・保安院や原子力安全委員会など)が、規制される側(東京電力などの電力会社)に取り込まれ、本来の役割を果たさなくなってしまうことを意味する。その結果、「日本の原発ではシビアアクシデント(過酷事故)は起こらない」という虚構が罷り通ることになったのである。

たとえば、2001年の9・11アメリカ同時多発テロの後、燃料を満載したジャンボジェット機が原発に突っ込んできたらどうなるかについて、アメリカやフランス等の原発先進国では真剣に論じられた。

その防御策を、アメリカ側は日本の原子力規制機関に2度も伝えたが、日本は何の対策も取らなかった。もし、その対策を実行していたら、福島第一原発事故はギリギリのところで防げた可能性もあるのだ。

また、日本がIAEA(国際原子力機関)の指摘する「深層防護」(原子力施設の安全対策を多段的に設ける考え方。IAEAでは5層まで考慮されている)をしていなかったことは、国内外の関係者の間では広く知られているし、今もってその備えのない原発が幾つもあることも指摘されている。

IAEAの日本の担当者は、経産省の役人に「どうして深層防護をやらないのか」と聞いたところ、「日本では原発事故は起こらないことになっている」と言われ、まったく納得できなかった、と語っていた。

こうしたことは国民にはほとんど知らされていなかったが、世界の関係者の間では以前から知られていた。卑近な言い方をすれば、日本の脆弱さは世界中にバレていたのだ。

しかし、日本の「リーダーたち」にとっては、「不都合な真実」は「存在しない」か「記録等がなくて確認できない」ことが多い。「国民を欺いている」と海外で言われても、しかたのないことであろう。


事故調は報告書の中で、規制当局に対する国会の監視、政府の危機管理体制の見直し、電気事業者の監視など「7つの提言」をした。調査結果から導き出された「7つの提言」は、本来、国会で充分に討議された上で、「実施計画」が策定され、その進捗状況は国民と共有されるべきものだ。ところが、事故から5年が経った今も、国会では「実施計画」の討議すら満足に行われていない。

にもかかわらず、九州電力川内原子力発電所(鹿児島県)の再稼働、関西電力高浜原発(福井県)と四国電力伊方原発(愛媛県)の再稼働計画、安倍晋三首相が推進する原発の輸出などが進められている。日本は3・11以前の原発政策に戻りつつある。

なかでも、2015年8月に再稼働した川内原発をめぐっては、九州電力が、原発事故時の対策拠点となる免震重要棟の建設計画を、再稼働後に撤回したことが問題となっている。

九州電力は、川内原発の免震重要棟新設計画の撤回の理由を、「免震重要棟を新設するよりも、現在ある代替施設に加えて、新たな支援施設を建設するほうが、早く安全性を向上できる」としている。

これに対して原子力規制委員会は、「どれだけ早く安全性を向上できるのか、具体的な説明がなく、最も重要な根拠を欠いている。撤回の理由は納得できるものではない」と指摘した。

しかし、九州電力は撤回の方針を変えていない(2016年2月現在)。さらに、規制委で再稼働の適否を審査中の玄海原発(佐賀県)に関しても、免震重要棟の新設計画を見直す考えを明らかにしている。

免震重要棟は、免震装置で地震の揺れを大幅に低減する構造で、被曝対策となる放射能管理機能と、自家発電機や通信情報施設等を備えている。原子力事故時の緊急対策所として、極めて重要な役割を果たす設備だ。

実は、国会事故調第18回委員会の参考人質疑において、福島第一原発事故当時に東京電力社長であった清水正孝氏は、免震重要棟の重要性について、次のように明言しているのである。

「今回の私どもの一つの教訓だと思いますが、免震重要棟、発電所の緊急対策室、あれは御案内のとおり、中越沖地震(2007年・新潟県)によって柏崎刈羽が被災したあの(事務棟が使えなくなった)教訓を生かして実は福島第一・第二にも造ったものでございます。あそこはまさに、緊急対策室としての機能を果たしているわけです。(中略)もし、あれがなかったらと思いますと、ゾッとするくらいのことでございます」

この発言は、2時間以上に及んだ第18回委員会参考人質疑の、最後のほうにある。今もウェブサイトで視聴することができるので、ぜひ確認していただきたい。(http://www.ustream.tv/recorded/23159673

信用を失ったこの国

福島第一原発事故の当事者である東京電力のトップだった清水氏が、「もしあれがなかったらと思うとゾッとする」とまで明言した免震重要棟を、九州電力は「重要な根拠」も示さずに、「不要」と判断した。

福島第一原発事故の教訓は、どのように認識され、どのように受け止められているのだろうか。

「日本はいったい何を考えているのか?」と、世界は奇異の眼で見ている。3・11
以来、国際社会の中での信用を日本は失なっているのだ。

報告書では福島第一原発事故の事象ばかりでなく、再発防止に向けた提言を行った。事故の背景には日本社会のあり方が浮かびあがる。事故は「氷山の一角」であり、氷山の下には「規制の虜」「三権分立の機能不全」「民主主義の貧困」など、日本の統治機構の問題が数多く存在する。

このように、報告書には日本社会のエスタブリッシュメント(既成勢力)にとってあまりにも都合の悪いことばかり書いてある。報告書は「不都合な真実」だったのだろうか。現在の状況は国会事故調などまるで「存在しなかった」かのようである。

なお、国会事故調が参考人質疑を行った委員会やその後の記者会見、タウンミーティングの内容は、すべてウェブ上で、しかもほとんどが英語の同時通訳つきで公開されている。報告書は徳間書店から出版されている他、ウェブサイトでフルテキストを見ることができるし、英語版のフルテキストもウェブ上に掲載されている(国会事故調HP http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/ 現在、それらを電子書籍にしようという動きも出てきている)。

日本社会の「病巣」を確認する上でも、ぜひ、委員会の様子や報告書の内容を多くの人々に見ていただきたいと願っている。

警鐘を鳴らさずにはいられない

3・11によって、人々の世界観は劇的に変わった。しかし、5年が経過して、福島第一原発事故は徐々に風化してきてはいないだろうか。

事故を引き起こした当事者である東京電力、原子力関連省庁、規制諸機関、そして政府や国会、それらを構成し支える私たち国民一人ひとりは、事故の反省をすべて消し去ろうとしているように見える。このままでは、同じ過ちを繰り返しかねないように思える。

国会事故調の委員長を務めた者として、こうした思いから本書を出版するに至った。

国家の危機が目前に迫っていても対応できない日本の「リーダーたち」への歯痒さ。日本を支えている産官学のコアの部分が、メルトダウンしていることへの危機感。私は警鐘を鳴らさずにはいられない。

世界への影響が非常に大きな事故だからこそ、この事故から学び、そこで得た知見を世界と共有し、現在も続く汚染水処理やこれからも起こり得るアクシデントに生かしていく姿勢が重要だ。

しかし、日本という国には、その姿勢が欠けている。このままでは10年後、20年後の日本はダメになる。いや、すでにダメになっているのかもしれない。原発事故に限らず、日本が再び大きな問題と直面した時に同じような失敗を繰り返し、決定的・不可逆的に国際社会で孤立し、信用をなくしてしまうだろう。

福島第一原発事故は終わっていない。この事故を機に変わらなければ、日本の将来は極めて危うい。そのことを、国民一人ひとりに強く意識していただきたいと、切に願っている。

2016年3月 9日 (水)

認知症には「中年からの運動」が有効ー米ボストン大学報告

認知症予防の「三種の神器」というものがあるそうです。

1、有酸素運動

2、食事法(生活習慣病にならないための食事と同様)

3、脳のトレーニング

この三つです。中でも運動は、中年期の運動能力が高い人ほど5年後の脳の萎縮も少ないという研究結果があるそうです。

「まぐまぐニュース」さんより転載させていただきます。

認知症には「中年からの運動」が有効ー米ボストン大学報告

    
適度な運動が健康作りに役立つとはかねてから言われていますが、米国の調査で、認知症の予防には「中年期の運動」が効果的であると判明したそうです。特に心疾患をもつ人や高血圧の薬を飲んでいる人は、高齢になってから認知症の原因となる脳の老化の進行も早いようで…。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』に詳しく紹介されています。

ボケ防止には中年からの運動が有効

認知症の原因となる脳の萎縮を予防するには、中年期の運動が決め手になることが、米国の調査で明らかになりました。これはボストン大学のSpartano博士らが米国神経学会の専門誌に報告したもので、中年期の運動能力が低いと歳を取ってからの脳の萎縮が起こりやすくなり、逆に中年期に運動をするようにすれば、高齢になってからの脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性があると結論しています。

一般に脳は歳を取ると萎縮し、その結果、認知機能が低下して認知症を引き起こすことが知られています。

そこでこの研究チームは、まず認知症や心疾患のない平均年齢40歳の人約1,500人を対象にランニングマシンでの運動能力を調べました。ちなみに運動能力は、ランニングマシンで心拍数が一定の数値に達するまで走れる時間で測定比較したそうです。

そして、その20年後に再度同様のテストを行い、その際の脳の状態を磁気共鳴断層撮影(MRI)装置で調べました。その結果、20年後に運動成績が悪くなっている人ほど脳が萎縮していることが明らかになりました。

運動成績が低下した人のうち、特に心疾患や高血圧の症状がない人では脳の老化が1年程度であったのに対し、心疾患の症状があったり高血圧の薬を飲んだりしている人では2年分の脳の老化が進行していたそうです。

運動能力と高齢者の認知機能との関連は別の研究でも明らかになっており、中年期の運動能力が高い人ほど5年後の脳の萎縮も少ないという研究結果もあるそうです。

今回の研究結果について研究者らは、「心疾患を持つ人にとっては脳の加齢を防ぐために運動が重要であり、特に中年期に行う運動で血流が増え、より多くの酸素が脳に運ばれるために、高齢になってからの認知力の低下を抑えるものと考えられる」としています。

ということですので、中高年の皆様、将来を見越して大いに運動をなさってください。

image by: Shutterstock

2016年3月 4日 (金)

私たちが飲む水のほとんどは“死んだ水”

 2006年にロシアの映画製作チームによってつくられた「ウォーター」という映画の予告編の紹介です。

 "水の自然な構造は、(水道管を)直角に曲がるごとに、どんどん破壊されてしまうそうです"

 さらに大都市の閉鎖系の水供給システムについて、"激しい化学的洗浄"や"強力なフィルターによる濾過"や"何キロもの長さの水道管を通って、何千という家やアパートを通り過ぎて行くときに、水が蓄積していく情報汚染"の問題が指摘されています。

 私たちの口に入るときは、水はほとんど死んでいて、しかも水は記憶しますから長い旅路でいろいろな思いを吸収しているわけですね。

 昔、山登りをしていた時、渇いたのどを潤してくれた、手ですくって飲んだ湧水は、まさに「甘露」でした。今は山奥の水場でも汚染されている可能性があるので飲まない方がいいといわれてます。

そうやって、私たちは利便性を追求するあまり、どれだけ多くの大事なものを失ってしまったことでしょう!


「シャンティ・フーラ」さんから転載させていただきます。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/


「水」の画像検索結果

[ 水は情報を記憶する]ロシアの映画製作チームによって製作されたドキュメンタリー映画“ウオーター”

 上の動画は、2006年にロシアの映画製作チームによって製作されたドキュメンタリー映画“ウオーター” の8分弱の予告編ですが、とても興味深く有意義な内容になっています。
 時事ブログでも取り上げられたヴィクトル・シャウベルガー氏によると「私たちが飲む水のほとんどは“死んだ水”」ということでしたが、この映画でも同様のことが指摘されています。
 "水の自然な構造は、(水道管を)直角に曲がるごとに、どんどん破壊されてしまいます"として、その画像があり、分かりやすいです。
さらに大都市の閉鎖系の水供給システムについて、"激しい化学的洗浄"や"強力なフィルターによる濾過"や"何キロもの長さの水道管を通って、何千という家やアパートを通り過ぎて行くときに、水が蓄積していく情報汚染"の問題が指摘されています。
 水が情報を記憶することは、江本 勝氏の氷の結晶写真で分かりやすく証明されていると思います。
 また、ヴィクトール・イニューシン氏の"水の記憶は、高度に希釈されると、わずかに希釈された場合よりもはるかに強い影響を及ぼす"との指摘は、ホメオパシーの理論と同じだと思いました。
(編集長)
————————————————————————
WATER予告編(日本語字幕最新版)
転載元より抜粋)
   

2:42〜 
ナレーターコロトコフ教授の研究室では、人間の感情が水に及ぼす影響について、たくさんの実験を行ってきています。

スクリーンショット 2016-03-04 10.37.30 

目の前に置かれたフラスコ一杯の水に対して、愛や優しさや思いやりというような、ポジティブな感情を投影するように、あるグループに依頼しました。

その後、フラスコを新しいものと交換し、今度は、恐れ、攻撃、憎しみといった
否定的な感情を投影するように、同じ人々に依頼しました。

スクリーンショット 2016-03-04 10.42.12 

その後、これらの水試料が分析されました。その結果、明らかに水は一定の方向への変化を示したのです。

スクリーンショット 2016-03-04 10.43.44 

コロトコフ教授愛は、水のエネルギー・レベルを増大させて、水を安定化します。攻撃的な感情は、エネルギーを減少させて、水に急激な変化をもたらします。


3:41
ナレーター:江本氏の研究室では、さまざまな種類の外界からの影響にさらされた水試料について研究が行われています。冷凍庫の中で凍結させることによって、水に刻印された情報が記録されます。

スクリーンショット 2016-03-04 10.45.57

これは電子レンジで温められた水の様子を示しています。

スクリーンショット 2016-03-04 10.47.08 

これは、携帯電話の影響を示しています。

スクリーンショット 2016-03-04 10.51.57 

この水に対しては誰かが「ありがとう」と言いました。

スクリーンショット 2016-03-04 10.52.30 

こちらは「ごめんなさい」です・

スクリーンショット 2016-03-04 10.52.39 

そしてこれは「ムカツク・コロス」です。

» 続きはこちらから


ナレーター:水は、長く困難な旅の果てに、ようやく私たちの家庭にたどり着きます。

アロイス・グルーバーかつては、自然の水源のあるところにだけ、人間は定住することができました。今日では、その場所に水があるか否か、ということは重要ではなくなってきています。なぜなら、高圧を使った水道によって、水は何千キロもの距離を運ばれてくるからです。

スクリーンショット 2016-03-04 11.03.13 

自然界においては、河や小川の流れは、いつも穏やかにカーブした道筋を作っています。ですが、水供給システムの場合には、何回も直角に折れ曲がっています。

スクリーンショット 2016-03-04 11.03.56 

水の自然な構造は、直角に曲がるごとに、どんどん破壊されてしまいます。

レオニド・イズヴェコフ:水供給システムからパイプを通って私たちに流れてくる水の場合には、さまざまな結晶形態が観察されます。ですが、そのいずれも、形が歪んでしまっています。こんな感じです。

スクリーンショット 2016-03-04 11.09.27 

あるいはこのような感じです。

スクリーンショット 2016-03-04 11.09.01 

ですが、対称性を保った結晶や美しい結晶を観察することができません。

アロイス・グルーバー:床暖房のパネルを流れる水は、生命を失って、腐ってしまっています。このような水は、その家に住んでいる人々や植物や動物から、エネルギーを奪い取ります。エネルギーを実際に盗み出してしまうのです。

ナレーター:多くの大都市では、水供給システムは、閉鎖系になっています。激しい化学的洗浄と強力なフィルターによる濾過を経て、これらのシステムの水は私たちの家庭に戻ってきます。ですが水は、途中で受け取った化学物質や暴力などのエネルギーを記憶し続けるのです。より深刻な問題は、何キロもの長さの水道管を通って、何千という家やアパートを通り過ぎて行くときに、水が蓄積していく情報汚染なのです。

アロイス・グルーバー私たちは水を霊的に汚染しています。こうした汚染は巨大なスケールで起きています。なぜかと言えば、水は、あらゆる憎しみ、恨み、ステレスを取り込んでしまうからです。水は、私たちの身体に入る頃には、ほとんど死んでしまっています。

ナレーター水の神秘を理解することは、私たちの生存にとって、最も大切なことです。今までにない方法で水を調べていくことによって、新技術や科学上の発見、そして啓発的な情報がもたらされ、水が持っている潜在的な力や癒しのパワーには、無限の可能性があることが分かってきました。これらの新しい発見は、人類の想像をはるかに越えたものであり、太陽系を越えて、銀河系も越えて、私たちを生命の源そのものへと導いてくれます。

文字起こし:編集長


————————————————————————
転載元より抜粋)
   
“ウオーター”は、ロシアの映画製作チーム“マスタースカヤ”によって2006年に製作されました。アメリカにおけるエミー賞やアカデミー賞に匹敵する各種の賞をロシア国内で受賞しています。「自分の純粋な思いとして、是非とも作りたいと思って作った映画」とのことです。

“ウオーター”では、目を見張るほどに美しい映像の数々によって、地球上の水のさまざまな姿が映し出されていきます。そうした水の映像に加えて、総勢23名の科学者や研究者、宗教者が登場し、実験結果や人生体験、直観的な叡智などに基づいて、「水の神秘」「水の新しい科学」が語られていきます。

————————————————————————
映画“ウオーター”に登場する人々
転載元より抜粋)
   
“ウオーター”に登場する23名の科学者と宗教者・研究者の略歴、ならびに代表的なメッセージを以下に示します(映画登場順)。

ラスタム・ロイ(Rustum Roy) 

01-400 

ペンシルバニア州立大学名誉教授、アリゾナ州立大学訪問教授。専門は地球化学と物質科学。ホメオパシーや“水の構造”についての研究も行っている。
HP: http://www.rustumroy.com/
HP: http://en.wikipedia.org/wiki/Rustum_Roy

◎ 水の化学的な組成は大切であると言われています。ですが、驚くべきニュースとして、このことがナンセンスであると言うことです。“水の構造”というものが、化学的な組成よりも、はるかに重要なのです。
脳は、主として水でできています。水と水分子の動きやすさが、脳で、情報の刻印を残します。脳における情報パターンに、水が関与している、と言うことができるでしょう。
◎ 水はフォトグラフィック・メモリ(映像記憶)を持っている、ということができます。2万キロメートルほども離れたところからでさえ、水に対して、極めて微細なエネルギーを使って、情報を刻印することができるのです。

メトロポリタン・キリル(Metropolitan Kirill)
02-400

ロシア正教の大主教であり、スモレンスクとカリニングラドの首都大司教。
HP: http://orthodoxeurope.org/page/3/4.aspx
HP: http://en.wikipedia.org/wiki/Kirill_I_of_Moscow

◎ 聖書においては、水は単なる物理的な物質以上のものです。
◎ 聖書の冒頭の数行で、水について触れられていることは、絶対に偶然の出来事ではありません。世界や生命や人間の創造について語られる時には、水との関連性が必ずあります。
◎ 恐らくいつの日か、科学者たちが、祈りとは何であるのかを私たちに教えてくれるでしょう。恐らくいつの日か、科学者たちが、聖なる恩寵の影響下で、人間の性質に何が起こるのか、ということを教えてくれるでしょう。

アロイス・グルーバー(Alois Gruber) 

04-400 

オーストリアの水の研究者。30年以上にわたって水の構造を回復する方法について研究を重ね、水活性化システムを作り上げた。
HP: http://water-revitalizer.com/article1.htm

◎ 私たちは水を霊的に汚染してしまいます。そしてこの汚染は巨大なスケールで起きています。水は、あらゆる憎しみ、あらゆる恨み、あらゆるストレスを取り込んでしまうからです。水は、私たちの身体に入る頃には、ほとんど死んでしまっています。
もし人が、良い想念を持って水に接したり、水を祝福したり、水に感謝を告げたりするならば、水質は改善され、その人やその人の身体に対して、水はポジティブな効果をもたらすことでしょう。
否定的な想念を送り出している人は、身体の中で75~90%を占めている水を汚して、否定的なエネルギーを与えているのです。

ウラジミール・ヴォエイコフ(Vladimir Voeikov) 

07-400 

モスクワ国立大学生物学科の助教授。構造化された自然水が燃えることを発見した。
HP: http://www.soil.msu.ru/~biophoton/en/voeikov.html

◎ 水について私たちはほとんど何も知らないのだ、ということを私たちは本当に理解しています。これはとても大きな一歩なのです。なぜなら、このように理解することによって初めて、新しいことを見出すことができるからです。
◎ 自然水の燃焼、すなわち水そのものが燃えるということです。なぜ水が燃えるかと言えば、自然な水は、まさにある特別な形に構造化されているからなのです。
◎ もしガソリンを完全に乾燥したとしても、そこには必ずある量の水が残ります。特別な方法を用いて、ガソリンに含まれている水を完全に除去すると、ガソリンは燃焼しなくなります。このことは、19世紀には既に知られていました。どんな物質にしても、燃やすためには、ある程度の水が必ず必要なのです。

コンスタンティン・コロトコフ(Konstantin Korotkov) 

08-400

サンクト・ペテルブルク国立技術大学物理学科の教授。人間のオーラや水を含めた各種物質のエネルギーを測定することができるキルリアンGDV装置の開発者。
HP: http://www.korotkov.org/
HP: http://www.gdvcamera.com/

◎ 私たちはさまざまな要素が水試料に対して与える効果について、たくさんの実験を行ってきました。要素としては、磁場、電場、さまざまな物体、そしてまた人間存在や人間の感情なども含みます。ポジティブとネガティブのいずれにしても、人間の感情がもっとも大きな影響を持っているということが明らかになりました。
◎ 私たちが言えることは、通常の水と比べて、この(ヴェネズエラの)水は、2倍でもなく3倍でもなく、4万倍活性が高いということです。ですから、本当にこれら2つの水は、基本的に異なる物質であると言えます。こちらのタイプの水は、身体を直ちに活性化します。システム全体を活性化します。
◎ 祈りが病人に作用してより良い状態にするという、まったく疑いようのない証拠があります。祈りによって、壊疽の進行が突然止まって、患者が回復するということがあるのです。

江本 勝(Masaru Emoto) 

09-400

日本の水の研究者、水の伝道師、オフィス・マサル・エモト代表。水の凍結結晶写真撮影法を開発し、「水からの伝言」として発表。
HP: http://www.masaru-emoto.net/
HP: http://www.emotoproject.org/

◎ 私は自分の研究を通じて、水はそれ自体、記憶を持っているのだ、ということを人々に伝えたかったのです。
ここに人間がいて、ここに水があるとします。この水には、さまざまな情報が含まれています。この水をこの人の身体の中に導入します。すると、水の中の情報が、身体に取り込まれて、その人の特性が変化していくことになります。
◎ 人間の歴史においては、宗教的な基盤の元に、多くの戦争が起こりました。ですが、私たちの実験においては、水は、宗教的意味合いを持った言葉に対して、美しい結晶を作りだしてくれました。このことは、それぞれの宗教が、私たちの持っている自然についての概念と、合致していることを意味しています。

ワング・グイフア(Wang Guihua) 

10-400 

中国・大連の中国農業科学アカデミーの主席農学者。

芽生えを観察してみると、構造化された水を与えたものの場合にはとても長くしっかりとしたものになっていますが、普通の水を使った場合には、芽生えは短く、細く、弱いものになりました。構造化された水を与えた植物の種は既にすべて成熟していますが、与えていない植物の種はまだ成熟していません。構造化された水を使うと、野菜や果物の生長が大きく変化するのです。

レオニド・イズヴェコフ(Leonid Izvekov) 

11-400 

ロシアの科学者。「水からの伝言」と同様な手法で水を凍結させてできる結晶の形によって水の構造を調べている。

水供給システムからパイプを通って私たちの家庭に流れてくる水の場合には、さまざまな結晶形態が観察されます。ですが、それらのすべてにおいて形は歪んでしまっています。

ヴィクトール・イニューシン(Viktor Inyushin) 

13-400 

カザフ国立大学生物物理学の教授。水には固体・液体・気体・プラズマ体に加えて、情報を記憶することができる波動状態があると考えている。

(核実験が行われると、水の構造が変化してしまうために)自殺率の増加は、2倍、2.5倍、3倍になります。医学の専門家たちは、まったくこのことを説明できません。ですが、私たちは理解することができます。私たちの脳の85%は水なので、これらの変化は、脳の中でも起こります。そして、“水の構造”の間に矛盾が生じます。脳の生体プラズマ質が破壊されます。その結果その人は、とても大切な“生きる力”さえも失ってしまうのです。
◎ 海は、塩分を含んでいるので、これらの記憶を解放する能力を保持しています。しかしながら、そこには希釈効果があります。これについても議論する必要があります。なぜなら、水の記憶は、高度に希釈されると、わずかに希釈された場合よりもはるかに強い影響を及ぼすからです。私たちは、この事実に注目していく必要があります。

パール・ラペルラ(Pearl Laperla) 

16-400
米国ネバダ州の医師・免疫学者。
HP: http://lotusvideoproductions.com/html/dr__laperla.html

◎ 赤血球が弾力性を回復し、滑らかになります。電荷を持つことによって互いに反発します。このような状態になると、赤血球は酸素を運ぶことができるようになります。血液のpH(酸性度)が、嫌気条件から好気条件に戻っていきます。ただ水を飲むだけで、これだけの変化が生じるというのは、本当に驚くべきことです。

オグン・ボルソン(Ogun Bolson) 

17-400 

チベットの医師。

◎ 私たちは水を使って癒すのではありません。なぜなら、人間の身体は水そのものだからです。自分の内側にある悪い水を修正するためには、ただマントラを唱えるだけで良いのです。

エフィー・チョウ(Effie Chow) 

19-400 

サンフランシスコの東西ヒーリング芸術アカデミーの設立者。相補代替医療政策に関する大統領の諮問委員会の委員。
HP: http://www.eastwestqi.com/html/dr__chow.html

毎日の私たちの行動が極めて重要であり、私たちの行動は、自然や宇宙全体と繋がっているのです。私たちが行うことは、自分自身にだけ影響を及ぼすのではありません。私たちが行うことは、他の人々や宇宙全体に影響を与えるのです。
◎ 今日、世界で起きているすべての事柄、すべての津波や、各地の異常気象、私たちを取り巻くテロリズムや恐怖というものはすべて、私たちが不健康であることの結果だと思います。そしてこれは逆の方向にも影響を及ぼします。そして、これは水が汚染されてしまったことの結果なのです。

2016年3月 1日 (火)

現代医療の歪み 医原性被曝の実際

日本の医療被曝は世界平均の5倍だそうです。


例えば、胃腸のバリウム透視検査はバリウムが流れていくのを見ながら撮影するので放射線を出しっぱなしで、15-20mSv被曝します。人間ドックを毎年受けると、色々な被曝検査がプログラムされており、かなりの被曝量になるそうです。

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜さんは医者として、患者不在の医療ビジネスになってはいけないと、記事の最後に次のように結んでいます。

◇ おわりに

 ある患者に病気、病態があって、それに対する現代医療が完備されていますが、病気、病態に対する治療や検査に、医療ビジネスの観念が加わると、そこには患者自身は不在となってしまいます。下手すると、患者にとっては大きなデメリットにも繋がり兼ねない、そんな、本末転倒な医療が現実にあります。医原性被曝はまさに現代医療の歪みの一つであります。

 「身近な病院でやたらとCTを撮る病院がありましたらご用心!」、と言うことですね。

現代医療の歪み 医原性被曝の実際

 現代の医療について否定的な見解を述べる方が現れてきて、もしかしたら、その先駆的な人物は慶応大学医学部放射線科の 近藤 誠 博士 かも知れません。そしてまた、そうした流れに抵抗する著書も見られます。

医療否定とその否定本2冊

 こうした現代医療を否定する考え方について、現実に臨床医であり、しかも、最も否定の対象となるがん治療に携わる者として、極めて慎重な言動が求められると自負しております。場合によっては、自らがこれまで行って来た診療を否定せざるを得ないこともありますし、今現在、行っていることについて方向転換を余儀なくされることもあるでしょう。一緒に仕事をしている同僚に対して、その診療内容を否定することも求められるかも知れません。ここでは、コンピューター断層写真(Computed Tomography, 以下CT)その他による医原性被曝の弊害を取り上げます。


◇ ある病院、医療ビジネスのためのCT?

 これまで同様、臨床の現場について、場所と時期は特定いたしませんし、フィクションも含まれることを申し上げておきます。ある病院で、入れたばかりのCTをやたらと使いたがっておりました。当然と言えば当然で、購入費用が何千万ですから、早く元を取りたいところでしょう。

CTの写真

 実は私も、別の機会にCTの撮影を受けたことはありますが、確かその時の窓口での支払いが2万弱であったと記憶しています。外来再診料を差し引くとCTだけで1万数千円の費用であり、3割自己負担で計算すると、CT検査1回で病院に入る保険診療は4〜5万円と言うところでしょうか? デジタル化で、フィルムに焼きつけることはないので、出費は電気代くらいで、4〜5万円は丸々病院の収益になります。ウン千万の機械であろうとも、「チリも積もれば…」で1000 〜 2000回も撮影すれば、元を取れると言うところでしょうか。

 1回のCT撮影で病院の収益は4〜5万円くらい?

 さて、先述の病院に話を戻して、、、。とにかくCTを取りまくります。食道癌、胃がん、大腸がん、肝臓がん、患者は治療と検査・診断と、どちらか分からないまま、ただ従うだけで、半年間に10数回の胸腹部CTを撮られたりしていました。


◇ 自然および人工的放射線被曝と国および世界の基準

 医原性放射線被曝をご説明する前に、日常生活における自然および人工的放射線被曝とそれに伴う国および世界の基準を調べました。今後のすべての単位はSv(シーベルト)で示します。
 当然のごとく日常生活において我々は僅かばかりでありますが、放射線を浴びております。この自然被曝が最も強いところはブラジルのガラバリと言うところで、年間に10 mSv(ミリシーベルト)に及ぶとのことでした。世界の平均が2.4 mSvで日本は1.4 mSvの被曝線量とのことです。
 自然の放射線と異なり、原子力発電所の技術者やレントゲン技師のように、放射線に従事する者は人工的な放射線に暴露されております。これに対しては50 mSvを年間の被曝線量の限度と基準を設けており、5年間では100 mSvが限度とされます。また、この100 mSvと言う値は、原発事故のような事態で、放射線従事者が1回の緊急作業で許容される被曝線量とされております。ただし、福島第1原発に限り、この1回の緊急作業における被曝線量は250 mSvまで引き上げられております。

自然および人工的被曝線量と世界基準


◇ 放射線検査による医原性被曝線量

 放射線検査による医原性の被曝線量を表にしました。あくまでもこれらの数字は目安であって、病院や機械によって幅があります。CTは全例、単純+造影での被曝線量となっておりますが、ダイナミックCTであったり、造影早期と後期と二相での撮影では被曝線量は増加します。また、従来のヘリカルCTに比べて現代普及しつつあるマルチスライスCTは、一般的に被曝線量が多いとされております。その他、連続撮影、例えば胸腹部や腹部骨盤のような場合は、胸部と腹部、腹部と骨盤部と分けて撮影するよりも被曝線量は少ないとされます。

医原性放射線被曝 表

 医者になって四半世紀を超えておりますが、これまでX線検査での被曝を勉強したことはなく、恥ずかしくも、少し驚きがあります。


◇ 放射線被曝の人体への影響

 最後に放射線の人体への影響をまとめました。表ん被曝線量の数字はしきい値と言って、その値以上になると障害が発生する危険性がある、そういう値であります。現在までのところ100 mSv以下での人体への影響は確認されていないとのことです。

放射線被曝線量別の人体への障害 表


◇ おわりに

 ある患者に病気、病態があって、それに対する現代医療が完備されていますが、病気、病態に対する治療や検査に、医療ビジネスの観念が加わると、そこには患者自身は不在となってしまいます。下手すると、患者にとっては大きなデメリットにも繋がり兼ねない、そんな、本末転倒な医療が現実にあります。医原性被曝はまさに現代医療の歪みの一つであります。

 「身近な病院でやたらとCTを撮る病院がありましたらご用心!」、と言うことですね。

2016年2月26日 (金)

目覚めた人の3つの兆候

自分自身、目覚めている部類の末端?にはいるだろうとは思っていましたが、ここ数年、余りの身の回りの色々な変化に戸惑い、不安に思っているときにこの文章に出会いました。
自分自身が変わるのだから、環境も変わってもいいのだ、寧ろ変わった方がいいのだと納得しました。

「1.)人生が変わりましたか?

 a.)友人たちや人間関係は?

2.)自分自身が変わりましたか?

 a.)わずか数年前と比べて、今のあなたを観察して認識しましょう。

3.)人生を完全に神に献身できていますか、つまり、神を最上位に置いていますか?

 

精神的に目覚めた人は誰でも、人生が急激に変わります。

これはあなたの環境の変化を、つまり人生環境に影響を受けてきた友人たちを見れば非常に明白です。

 

人の目覚めへの変容は、その人の内面だけでなく外部の人間関係にも影響し、依存関係は消滅します。

 

これまでの友人関係や人間関係は消滅し、その人は人生において急速に自立して、新しい人との関わりを求めるようになります。」

「ガイア・アセンション」シリーズ小松英星 さんより転載させていただきます。

「ミドリ池」の画像検索結果

本当の望みは何ですか?―サナンダ・(アセンション時局’16

[2016218] 

【目次】

サナンダのメッセージ

【解説】 

人類にとって「耳が痛い言葉」でも、いつかは伝えなければならない。そのタイミングは今しかない。

今回のサナンダのメッセージには、そのような思いが込められているようです。

例えば次です。

 

――人の目覚めへの変容は、その人の内面だけでなく外部の人間関係にも影響し、依存関係は消滅します。

 

これまでの友人関係や人間関係は消滅し、その人は人生において急速に自立して、新しい人との関わりを求めるようになります。

 

――目覚めた状態で、これまで通りの人生を続けることは不可能です! 絶対に!

 

――あなたが先へ進歩すればするほど、あなたの生活空間で「友人たち」がはしゃぎ回ることは減っていきます。

そして高く昇れば昇るほど、ますます深い谷を覗き込む具合になります。そこは、あなたの自由意思によって、あなたが心を込めて後にしてきた生活圏です

 

――神と共に本当の人生が始まり、これまでのすべてが重要でなくなります。何故なら内心で神を見ると、それが外の世界の魅力を忘れさせるからです。

 

神と共に人は変わり、つかの間のものは溶解し、永遠に続く意識が芽生えます。

 


サナンダのメッセージ

 

あなたの家を硬い岩の上に建てるようにしましょう。

砂の上では永く持たず、風で吹き飛ばされるからです。

 

サナンダです。

 

親愛なる皆さん!

 

精神的に目覚めたという意味は、自己を新しいエネルギーに委ね、それに無条件に身を任せることです。

 

神を確信するために、当初は、地球にある様々な危険に自己を曝す覚悟が必要です。

 

精神的に目覚めた人は誰でも、それまであったものは何一つ残らず、すべてが更地になり人生が根本的に変わります。

それを、あなたの周囲環境や、友人たちや、人間関係に見出すことができるでしょう。

目覚めた人は誰でも、それまでとは違う背景の中に人生を置くようになり、過去に属したものはすべて、ひとりでに剥がれ落ちるでしょう。

それは正に自然に起こるので、誰も妨げることはできません。内部に持つ神の力が活性化されたからです。

したがって、これが言えます。

 

目覚めた人の3つの兆候

 

1.)人生が変わりましたか?

 a.)友人たちや人間関係は?

2.)自分自身が変わりましたか?

 a.)わずか数年前と比べて、今のあなたを観察して認識しましょう。

3.)人生を完全に神に献身できていますか、つまり、神を最上位に置いていますか?

 

精神的に目覚めた人は誰でも、人生が急激に変わります。

これはあなたの環境の変化を、つまり人生環境に影響を受けてきた友人たちを見れば非常に明白です。

 

人の目覚めへの変容は、その人の内面だけでなく外部の人間関係にも影響し、依存関係は消滅します。

 

これまでの友人関係や人間関係は消滅し、その人は人生において急速に自立して、新しい人との関わりを求めるようになります。

 

自己の光を山頂で灯す人は誰でも、ヤミの中に留まろうとする人々には脅威となり、したがって目覚めた人は人生のすべてが変わります。

 

そこで、あなたの中でこの1年間に変わったものは何でしょうか?

これらの変化はどれだけ急激で、あなた自身の変容をどれだけ急激に進められたでしょうか?

それを根源に関わる部分で進められたのか、それとも表面に触れて引っ掻いただけでしょうか?

あなたが抱える未解決の問題について、その根源まで掘り下げたでしょうか、それとも変容という偽薬で気休めをしただけでしょうか?

 

目覚めた状態で、これまで通りの人生を続けることは不可能です! 絶対に!

 

何故なら、目覚めた人は5次元の波動に加わりますが、まだ目覚めていない人は3次元や4次元に喜びを見出すからです。たとえその人が、その世界にある支配的な様相について不満を抱いているとしても、です。

すでに目覚めている人または目覚めの過程にある方で、この問題について疑問を持つ方は、あなたの周囲を慎重に観察してください。何故なら、あなたの内部で起こる変化は、あなたの生活環境に反映し日々の生活に現れるからです。

 

あなたが先へ進歩すればするほど、あなたの生活空間で「友人たち」がはしゃぎ回ることは減っていきます。

そして高く昇れば昇るほど、ますます深い谷を覗き込む具合になります。そこは、あなたの自由意思によって、あなたが心を込めて後にしてきた生活圏です。

 

目覚めへの変容は、あなたを根本的に変え、これまでのすべてが更地になります。

しかし、これまでのすべてが地上で更地になると言われても、あなた自身の変容へのこのプロセスを上位に置くようにしましょう。

 

人が自己の変容へのプロセスを止めてしまう主な理由は、その変化がもたらす状況を生き抜く気にならないからです。

どんな人でも直感的に、徹底的な心のヒーリングによって人生が根本的に変わってしまうことを感じ取ります。

そして、慣れ親しんだものを失いたくない人、これまで囲まれてきた友人や親族との繋がりを逃したくない人、周囲から風変わりの奇妙な人間と思われたくない人――そういう人は誰でも、自己が持つ課題の根源に迫ろうとは決してしません。

 

自分の家を丘の頂上に建てる気になる人だけが、谷間で生きる人生を後に残し、かつてはとても重視していたものを忘れることができるのです。

 

人の心の奥底では、どの道を採るかが決められているものです。

そして心の奥底が鍵で、それによって神の光が流れ込み、神に入ってきて欲しい、という願望への扉が開かれます。

 

神と共に本当の人生が始まり、これまでのすべてが重要でなくなります。何故なら内心で神を見ると、それが外の世界の魅力を忘れさせるからです。

 

神と共に人は変わり、つかの間のものは溶解し、永遠に続く意識が芽生えます。

 

本当の望みは何ですか?

 

あなたが進路を保つために、このような質問から決して身をかわしたりしないようにしましょう。

自分が何処に立っているかを知り、本当の望みは何なのかを知るべきです。

 

あなたの決断によって、何処から新しい状況が造られたか? または尻込みしたことによって、何処から新しい状況が生まれないことになったのか?

懸念や心配によって何処から睡眠不足になったのか? 決然として火のように登場するべき時に、なぜ尻込みしてしまったのか?

 

これらの質問を率直に投げかけても、あなたは何も失うものはありません、びっくりさせられているエゴは別として。

それどころか、すべてを得るのです。

 

心配と恐怖心は別物です

 

あなたが開明を目指していて、まだその域に達していない場合は、決して「これをやって心配はないか?」などと言わないように。というのは、実際には:

 

心配というものは、それを性急に否定したりせず、それがあることを認めた上で、しかるべき手当を施せば克服することができます。

 

そこで、これを考慮してください。

あなたの細胞意識に蓄えられた警告サインや恐怖心は意義のある保護機能を果たすので、創造の中のこのレベルでは、適切なタイミングで差し迫った危険に対処できるようにしてくれます。

したがって、心配と恐怖心は別物です。

 

それでも解消するべきものは、あなたの力を完全に弱め邪魔立てする、多くの過去生からのトラウマや体験を通じて心に深く根差した、その種の恐怖心です。

それらは、苦痛や心痛、逃亡や拷問などの深い影響を与えている心象で、そのどれもが多層で多面的な構造を持つ恐怖心を生み出しているので、何としても無くす必要があります。

 

これらの、魂の深みにある隠れたドラマを浮上させ、光の中で解放し自由にしてあげること必要なのです。

妨害物を解放する意味は、嵐の後に大きな石を片付けたり、洪水の後に地下室を乾かしたり、大火に舐められた土地に多産の種を播くようなものです。

 

本腰を入れずに行われた変容へのワークは、魂を毒して人類に新たな幻想をもたらします。

これは、再び砂の上に家を建て、再び光は木の茂みに隠れ、再び神の言葉は山上からではなく密かに語られるようなものです。

 

どうか、あなたの精神的進歩の現在位置を確かめ、勇敢に進んでください!

 

私たちは皆さんに奉仕し、

皆さんの進歩を見守り、

皆さんの光を守ります、皆さんが自力で守れるようになるまでは。

 

私たちはアセンションしたマスターたち

私はサナンダです

 


【解説】(小松)

このメッセージはオーストリア人のヤーン(JJKJahn J Kassl)が受けたもので、原文のドイツ語から英訳されたページが〔こちら〕にあります。

 

現世界の3次元レベルから5次元レベルへ一挙に、(これまで伝えられていることによれば)わずか1日ですべてが終わる「その日」のうちに、移行させようとする「神の計画」に乗るには相当な事前準備を必要とすることは当然でしょう。

しかし一方で人類世界の状況は、水面下で進行していることも含めて悪化の一途をたどっており、惑星地球と人類を破滅から救うには、これ以上待つことは許されない。

その期限は「神の計画」において、すでに決まっているとみられます。

人類は事前準備の核心として、「大きな標高差」をごく短時間で極めることを迫られている。――このことを、今回のメッセージによって改めて認識させられます。

したがってサナンダは、アセンションへの「中途半端な取組み」を強く戒めているのでしょう。

 

――本腰を入れずに行われた変容へのワークは、魂を毒して人類に新たな幻想をもたらします。

これは、再び砂の上に家を建て、再び光は木の茂みに隠れ、再び神の言葉は山上からではなく密かに語られるようなものです。

 

どうか、あなたの精神的進歩の現在位置を確かめ、勇敢に進んでください!

 

以下では、今回メッセージのテーマの一つ「心配と恐怖心は別物です」について、少し補足します。

これは、この世界の現状から来る「心配や懸念」と、各個人が持つ様々な過去生での恐怖を伴う出来事を通じて心の奥底に今でも巣食っている「恐怖心」とを、区別して捉える必要があることを指摘しています。

そして、それぞれ対処方法は異なるものの、後者の克服が人類に共通する大きな課題だとしています。

 

――それでも解消するべきものは、あなたの力を完全に弱め邪魔立てする、多くの過去生からのトラウマや体験を通じて心に深く根差した、その種の恐怖心です。

それらは、苦痛や心痛、逃亡や拷問などの深い影響を与えている心象で、そのどれもが多層で多面的な構造を持つ恐怖心を生み出しているので、何としても無くす必要があります。

 

人類が共通して持つこのような課題のバックグラウンドには、1万年以上前の「アトランティス崩壊」以来、地球を覆うヤミの支配構造の下で堕落に堕落を重ねて現在に至った悲しむべき歴史があります。

事の真相について何も知らぬまま、惑星地球に繰り返し転生して多様な体験を重ねる中で、恐怖を伴う出来事に遭遇しなかった人はほとんどいないでしょう。

ここで難しい状況は、顕在意識では出来事の具体的記憶がほとんどないのに、漠然とした「恐怖心」として心の奥底にしっかり「住み着いている」ことでしょう。

これに関連して以前に、こういうメッセージがあります。

 

――DNAに蓄えられた符号に、痛みや離別の記憶や、被害者意識、無力感のような強い思い込みが刻まれている場合、いわゆる「過去」からのこのような知覚は――それ自体が独自の力を持っているので――その目的を理解した上で、変容させる必要があります。恐れに基づいた信念から生じ、DNAに符号化された出来事や体験は、癒すことが特に大切です。ある体験の意味や目的が理解されない限り、ことわざにあるように、「歴史は繰り返す」からです。

癒しの本質――時間のラインに沿って癒す/光へ向かう地球と人類―『パス・オブ・エンパワーメント』解説(その3)

 

これに続く部分では、このように言われており、こちらも参考になります。

 

――人類の観点からすれば、この変容に最も効果的に参画するには、完全に自分の身体の中に居るべきです。「この時代」を通じて、宇宙エネルギーに身体を曝すことによって、DNAが高度化される利益が得られるからです。それは、人類の精神に深く根差している、膨大な量の低い波動のエネルギーが浄化されることを意味します。

2016年2月24日 (水)

「朝食抜き」で脳出血リスク!?ー報道の恐ろしさを感じる

 この話題、よく報道されてましたね。代替医療に対するある種のパッシングかと思ってしまいました。
 研究グループが13年間にわたり、83000人を追跡研究した結果ということですが、持病や生活スタイルなどそれぞれ違うことだし、それで結論をだすのはどうだろうと思っていました。

 そもそも人類史始まって以来、飢えとの闘いで、つい200年くらい前にようやく1日2食食べられるようになったところです。

 農林水産省も朝食推進運動を展開していますし、朝食の経済効果は1.5兆円にも上ります。、「朝食抜き」が増えると、食品業界、薬品業界、医療業界が経済的にも大打撃を受けるわけです。

私は、「朝食抜き」快調に続けてます。

新発見。BLOG  さんから転載させていただきます。
http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/434066021.html#more

「朝食抜き」で脳出血リスク!?ー報道の恐ろしさを感じる

朝抜き.jpg

朝食抜きで脳出血リスクが36%上昇すると国立がん研究センターなどのグループから発表がありました。NHKのニュースや新聞でも取り上げられて話題になってますね。

このニュースの見出しから多くの人は朝食抜きは体に良くないんだな、という解釈をしますよね。まあ、実際そういう意図での発表なんだとは思いますが、、。

しかし、1日2食の少食健康法で実績をあげてきた甲田先生や石原先生が提唱する療法では、朝食抜きをしても今まで以上に健康な体になるというものです。??では、どっちが正しいの?となります。


すると、大抵の人は「朝ごはんは食べなくてはならない」という潜在的なメディア刷り込みがあるので、今回のニュースを信じ、少食健康法は体に良くないらしいよ、という話になっていくんですよね。


本当なの?朝食抜きで血圧が上がるというお話


今回の発表は食べない健康法と矛盾する発表なので、再度朝食抜きについて追求してみました。まず、グループが発表した内容をみてみることにします。

・岩手県や長野県など全国8つの県に住む45歳から74歳までの8万3000人を13年間にわたって追跡し健康状態を調べた。

・その結果、朝食を食べるのが週に2回以下の人は、毎日食べる人に比べて脳出血を発症するリスクが36%高かった。

・脳出血は高血圧の人がなりやすい。従って、朝食を食べないと、空腹によるストレスなどから血圧が上がることが報告されているので、グループは、朝食を抜いたため朝血圧が上がり、脳出血のリスクが高まった可能性があるとしている。

・「中年以降になっても、朝食を抜くことが脳出血のリスクを高めるなど健康に悪い影響を及ぼす可能性がある。できるだけ朝何か口に入れるよう心がけてほしい」とのコメント。


ということですが、実際は朝食を摂らない方が血圧は下がるといわれています。でもこの発表では、朝食抜きによりストレスで血圧が上がり、脳出血になるという解釈なんですよね。

ええぇ~ では、朝ごはんを食べない人は空腹ストレスで血圧が上がり、脳出血になるリスクありということなのですか⁉︎何だかムリのある解釈の気がしてなりませんが、、。

また、大体の調査対象者が完全に中年ですので、そもそもこれらの人が皆同じ生活習慣を送っているわけがなく、食べ物も気にせず毎晩酒を飲んで暴飲暴食する人や持病を持っている人もいれば、日々の仕事や生活に過度なストレスを受けて食欲のあまりない人もいると思います。また、逆にカロリーを気にして毎日体を動かしている健康な人もいるでしょう。

いろんな生活習慣、食生活の人を対象年齢だけでひとくくりにして、朝食抜きが脳出血になるなんて、余りに乱暴すぎやしないですかね、、。


『食べない健康法で朝食抜き』本当の意味を知ると・・・


食べない健康法.jpg   朝食抜き甲田先生.jpg
甲田先生や石原先生が提唱する食べない健康法は、過去記事でも紹介していますが、海外でも数々の断食治療効果がみられ、「断食はどんな病気をも治す最高の手段である」と言われる程のものなんです。食べない健康法は以下の効果があります。

今の世の中は1日3食プラスαの飽食で胃腸が休みなく活発している。しかし、朝を抜くと消化活動をせずに済み、排泄活動だけに集中するようになる。
   ⇓
すると排泄物、要はうんち、おしっこをはじめ体の解毒がはじまる。解毒作用で胃腸、血液がきれいになり、体液の流れが良くなる
   ⇓
栄養が全身に行き渡り、体全体の老化現象や不調も元気さを取り戻し、シワ、シミの消失、体重減少、視力の回復、血圧、コレステロールの減少、性欲回復と体の若返り現象が起きる
   ⇓
そうなると自然界の動物のように本来の動物的本能を取り戻すので、自然治癒力が増し、白血球の増加による免疫力アップで病気にならない強い体になるという訳でです。


もちろん、朝さえ抜けば良いということでは無く、お昼や夜も腹八分目で、食べ過ぎや飲みすぎは止め、寝る前の4時間前には食事を終え、胃は空で就寝が理想とされてます。(朝を抜き18時間食べない断食が効力ありとされる)

昼、夜は油物、肉などの油分の多い食事ばかりに偏らず野菜や魚をメインとしたいわゆる昔ながらの日本食を常食とし、お酒も暴飲せず楽しむ程度がよいのですが、多く人はこんなことやれてる人殆どいないですよね~。

実際効果がみられている朝食抜きの食べない健康法をしても、暴飲暴食の人と同様にストレスで血圧が上がり脳出血を起こす健康不良が起きるとは考えにくいと思いませんか??


“朝食抜きで脳出血リスク” という報道だけに惑わされる人たち


血圧が正常な人が明け方に血圧が上昇する「早朝高血圧」といわれる症状があります。主な原因として言われているのが、過食、アルコール、ストレス、運動不足で、生活習慣病へ一直線の生活を送っている人が朝に高血圧になりやすいと言われています。

今回、追跡調査した人たちの生活習慣はどうだったのでしょうか?普通で考えたら食べない健康法を実践している人は少数派、生活習慣病一直線の生活、またはそれに近い生活をしている人が多数でしょう。

同じ生活習慣を送る人たちのグループで分けた調査をせず、全員まとめて朝食を抜くと血圧上昇による脳出血リスクが向上とはあまりに雑な報道な気がしてなりません。

そして最後に、「中年以降になっても、朝食を抜くことが脳出血のリスクを高めるなど健康に悪い影響を及ぼす可能性がある。できるだけ朝何か口に入れるよう心がけてほしい」とのコメント。これこそ完全に誤解を生む言い方です。

毎日、暴飲暴食している生活習慣病一直線の人が朝何か口に入れれば良いと思わせる表現は、全く真の健康を理解していない伝え方と思わざるをえません。これが脳出血にならないための本当の生活アドバイスなんでしょうか。

こうやってメディアにより真の健康の本質ではないところだけがクローズアップされ、人は間違った知識を正しい情報としてインプットされていくんです。

もちろん、もし食べない健康法を実践している人が血圧上昇し脳出血者の割合が多いという詳細調査結果なら議論の余地がありますが、、。

さて、この報道を見た皆さんはどう受け止めましたか?



2016年2月22日 (月)

ブロッコリーはがん治療に効く最強の野菜!!何と24時間以内にがん幹細胞の75%を死滅!

 我が家の食卓に毎食出していた「ブロッコリースーパースプラウト」がスーパーの棚から消えたのが去年の12月、青果売り場の人に聞くと「テレビで放映されてから品物が入って来ません」とのこと。最近、早めの時間に買いに行けば買える確率が高いことに気が付いた。しかし、それを買って会社に持っていけないしというので、代替品のスプラウトを最近食べている。

ブロッコリーは植物パワーが凝縮した最強の野菜だそうだ。その子供のスプラウトはもっと強力なのだが酵素を殺さないため生で食すのがいい。
以下に癌にも効くブロッコリーの素晴らしさを転載させていただきます。

 
健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ

http://healthfitnessbeautydiet.com/blog-entry-570.html



ブロッコリーの美容と健康効果が注目を集めています。何と言っても凄いはのはブロッコリーを食べると24時間以内に75%ものがん幹細胞を死滅させることが出来る点です。 

    がんに関しては、これまで数多くの予防法や治療法が世に出回っていますが、ブロッコリーの癌細胞を死滅させる作用に関しては米国の大学から数多くの研究結果が発表されているので、決して荒唐無稽なお話ではありません。

     

    ブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の植物がガンの幹細胞を死滅させ、かつ増殖することを防ぐ効果も高いことがすでに証明されています。

     

    米国では日本のような医療保険制度がないため一般のひとたちがまともな医療を受けることができません。このため代替医療が日本では考えられないほど浸透しています。

     

    このため健康効果が高い食品に関しては一般の人たちの間でも関心が高いので、信憑せの低い情報はそもそも一般の人達の間で広がることはありませんので、ブロッコリーやカリフラワーの持つ働きを積極的に取り入れるべきだと思います。

     

    ということで、今回はブロッコリーの持つ優れた美容と健康効果について解説されているJ-Castニュースさんの記事と動画をご紹介させていただきます。

     


   
【出典】
 
「ブロッコリーが、ガン幹細胞を治療 24時間で75%が死滅」
 

 
 


 
 
ブロッコリー 植物パワー凝縮した「最強の野菜」
 
 
「困った時はコレを食え」といわれるブロッコリーは、「最強の野菜」だ。200種以上の「フィトケミカル」を含み、若返り効果はナンバーワン。
 
 
フィトケミカルとは、植物だけが持つ健康を維持する力のある化学物質。植物は太陽の紫外線にさらされ、害虫や感染症にも襲われるため、身を守る抗酸化・抗菌物質をたくさん持っている。
 
 
その植物パワーが野菜の中でいちばん凝縮しているのがブロッコリーなのだ。
 
 
ブロッコリーの中でも、最近、ブームになっているのが新芽のブロッコリースプラウト。カイワレ大根に似た形状で、スーパーで見かけた人も多いだろう。
 
 
スプラウトとは新芽野菜の総称で、モヤシやカイワレ大根がそれにあたる。新芽はひ弱で栄養素がなさそうに見えるが、実は、植物は種にいちばん栄養素がある。
 
 
新芽はこれから伸びていくために「親」よりも栄養素が豊かなのだ。
 
 
 
 
 
ピリッとした辛みに驚異のがん予防効果
 
 
ブロッコリースプラウトには「スルフォラファン」というフィトケミカルが、「親」よりも20倍以上含まれている。
 
 
抗酸化力が強く、血糖値を下げて血液の流れをよくする働きがあるので、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を予防する効果がある。
 
 
ほかにも次のような健康効果が明らかになっている。
 
 
 
(1)肝機能の向上
 
 
肝臓は有害物質の解毒を行う臓器だが、スルフォラファンには体内の解毒酵素を活性化させる働きがある。
 
 
 
 
(2)ピロリ菌を抑えて胃がん予防も
 
 
ピロリ菌は胃酸の中でも繁殖して胃や小腸に炎症を引き起こし、胃潰瘍や胃がんの原因となる。スルフォラファンには強い抗菌作用があり、ピロリ菌の繁殖を抑える働きがある。
 
 
 
 
(3)抗酸化作用が長い
 
 
多くの抗酸化物質は食べてから数時間~1日前後で作用が薄れるが、スルフォラファンの作用は3日間持続する。つまり、3日に1回食べればオッケーなのだ。
 
 
 
 
(4)自閉症の行動改善
 
 
米ハーバード大の研究グループが自閉症の男性29人にスルフォラファンを18週間摂取させたところ、社会行動や言葉のコミュニケーションに改善が見られた。
 
 
摂取をやめると元に戻った。
 
 
 
 
(5)花粉症の改善
 
 
花粉症は体内に「イムノグロブリンE」(IgE)という抗体が多くなると発症する。スルフォラファンにはIgEの発生を抑制する働きがあり、花粉症の治療薬に役立つのでは、と研究が進められている。
 
 
以上は、自閉症以外はまだマウスでの研究段階だが、スルフォラファンは、現在発見されている約1500種類のフィトケミカルの中で最も期待度が高いものの1つなのだ。
 
 
 
 
 
ビタミンCはレモンの2倍!便秘解消、美肌効果も
 
 
では、それをしっかり吸収するには、どういう食べ方をしたらよいだろうか。
 
 
ブロッコリースプラウトは、熱には強いが酵素が弱いので、生食がいちばん。最先端の植物工場で衛生的に生産されているので、パックから取り出しそのまま食べることができる。
 
 
サンドイッチや手巻き寿司の具、丼物やスパゲティ、肉料理などのトッピング、つけあわせや薬味として、そば・そうめん・冷奴などにひとつまみなど、お手軽に食べられる。
 
 
もちろん、「親」のブロッコリーにも体にいいものがギッシリ詰まっている。
 
 
まず、ビタミンの1種「葉酸」が豊富だ。葉酸は新陳代謝や細胞分裂を活発にする働きがあり、動脈硬化や貧血、子宮頸がんの予防にも効果があるといわれる。
 
 
カルシウムやビタミンKは骨を丈夫にして骨粗鬆症を防ぐ。カリウムは高血圧や不整脈、むくみを予防して血圧を正常に保つ働きがある。また、ベータカロテンが免疫力を高めて、風邪の予防にも効果がある。
 
 
中でも突出しているのがビタミンCだ。レモンの2倍の含有量で、30グラム(約2房分)食べるだけで1日に必要なビタミンCをとることができる。また、食物繊維が豊富なので、便秘解消やダイエット、美肌効果があるのも女性にはうれしい。
 
 
ブロッコリーの栄養をあまさずに吸収するには、最小限の加熱に抑えることが大切。ビタミンCなどの栄養素は水溶性のため、加熱しすぎると溶け出してしまうからだ。
 
 
オススメなのが、鍋に水を入れて2~3分沸騰する「蒸しゆで」だ。つぼみより茎の方が栄養豊富なので、細かく切って一緒にゆでよう。
 
 
 
 
 
【出典】 J-CASTニュース 
 
【画像】 We Heart It
 
 
 

 
 
 

2016年2月19日 (金)

アセンションの症状

 噂によると、アセンションする人は増えているらしい。そして、わたしたちのアセンションに協力をしているという。

 身近にはそれらしき人は全く見られないと言うと、例え毎日一緒にいた人でも、アセンションを遂げると存在さえしなかったことになるそうだ。消えても感知できないのだ。

 アセンションする前は体内の周波数と光が高まり体が細かく振動するという。アセンション系のブログを書いている方で、明け方すごい体内振動があったという記事を最後に更新がなくなった。おそらくアセンションを遂げたのでしょう。

 私はまだまだブログを続けます。


lightworkermike さんから転載させていただきます。
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/02/07/ascension-symptoms/

アセンションの症状

remembering

2016年以降に新生地球のイオンが共振する時は、アストラルエネルギーが益々感じられるという事実を強調したいと思います。地球、オムニアースは、驚くほどシフトが拡大しており「惑星のアセンション」と呼ばれます。驚くべき時です! 2012年は、皆さんの周りで素晴らしい変化が始まったベンチマークの年でした。新生地球においては、以前は見られなかった光の世界がますます人間の知覚で捉えられるようになっています。惑星の「クリスタラインシフト」で、地球は3次元から12次元に拡大しました。そして、太陽の輝きがイオン比率をシフトさせて、松果体-第3の目に素晴らしい効果をもたらすまでになりました。3次元を含め、皆さんの意識で捉えられるものは、明晰夢やトランス状態のようであり、したがって意識は、単に自分が焦点を合わせる方向性に過ぎないということを覚えておいてください。その方向性が、意識を焦点化したチャンネルになります。地球の周波数が新たになって、皆さんは、はっきりと3チャンネルから12チャンネルへと捉えられる周波数の数が増えました。そのようにして、多くの人がアストラル界と高次元の動きを経験し始めるでしょう。~大天使メタトロン via J. Tyberonn

今回は、アセンション症状について2種の記事を掲載します。最初の記事は以前掲載したデニスさんです。(2011-8-3他)前回の記事はアセンションに伴って起こる症状について詳細にリストアップしていますので、それも参考にしてください。その後のシェキナ・ローズさんの記事は抜粋です。

evolution3

進化のアセンション症状

Denise Le Fay 2016-1-31

2007年以来、これまで、私の「トランジッション」の中で、アセンションのプロセスは、自然でありながら非常に凝縮された進化であると言って来ました。もし、このプロセスを最近知ったばかりで、「アセンション症状」の用語についてあまり知らず、それでいて今まで経験したことがない症状や副次的な作用を経験する場合は、戸惑いがあると思います。そこで、よく見られるアセンションの症状についてここでまた改めて取り上げてみたいと思います。

以下に、最もよくみられるアセンションの症状について触れますが、そうは言っても、皆それぞれ自分なりの経験をして、その解釈はまちまちであること、だから広い意味合いがあることを理解してください。人間が直面する以下のような症状は、地球で肉体を持って以降、非常に複雑で幅広い問題です。

 

アセンション症状

 

ほてり

クンダリーニの炎が古くて重い未解決の、抑圧され見向きもされなかった感情の傷や怖れなどを変換する結果、急に体が火照ることがあります。この症状は、女性が閉経時に経験する時とよく似ていますが、男性であっても急に火照る場合があり、その時はびっくりしないでください。それは、クンダリーニに関係しておりアセンションに関係した症状です。男性も、女性と同じく低くて重い、否定的なものが燃え尽くされます。

この火照りは、何年も続き、体のいろいろなところ、背骨、背中、胸、顔、耳、足の裏、手のひらなどに現れることがあります。その時はゆったりしていてください。その後は、熱や汗も引いて不快感がなくなります。

冷え

通常、心臓周辺の胸、胸部上方と胸腺が急に冷えて来ます。古くて感情的対立の問題やエネルギーが燃えて変換され、ニュートラルになる時に、高い周波数に置き換わります。胸部が新しい状態になる時に、しばしば(大きな円状に)胸部が強く冷える感じがし温まりません。新しい光のエネルギーが取り込まれると、すぐに暖かさが戻って来ます。心配することはなく、高い周波数のエネルギーに変るようにしてください。

耳鳴り

1日、数日間、数週間、数年間、耳鳴りやせわしく頭の中で音がする。これは、太陽フレア、太陽風・嵐、コロナ質量放出によって新しい光エネルギーによって起こる典型的な症状です。耳鳴りがする時は、太陽観測に関するサイトを検索し、太陽の状態を確認してみてください。体の出す音も含め耳鳴りと太陽活動に連動性があるのか見てください。また、これは、急速に進化・上昇を引き起こしている自然なアセンションのプロセスでもあります。

急なむかつき・吐き気

昨今のエネルギー変化で、急に吐き気を覚えることがよくあります。その症状は長く続きませんのでリラックスしてください。急に波が押し寄せますが、すぐに消えて行きます。

睡眠不足・夜中に何度も目が覚める

肉体・エネルギー体に多くのことが進行しているために、突然夜半数時間寝たところで起きることがあります。それまでの睡眠パターンやその必要性がなくなり、パターン変化が高い周波数と意識が役に立って行きます。睡眠時間が減ると日中のうたた寝が必要になります。数分でも休憩を取り、体を抜け出せば回復します。なので、必要であればうたた寝をするようにしてください。だから、3時間から5時間睡眠でも心配いりません。

食べ物アレルギー&超過敏症

体がアセンションを開始する前に、それまでの食べ物や飲み物が急に合わなくなることはよくあることです。もう“宴会”は終わり、昔のように体を痛めつけたり、昔好きだったものが食べられない飲めなくなります。ワッフルケーキやビールなどを止めてください。その時には、もう、低くて重い振動をするものを摂取する必要がなくなります。それが、アセンションのアルケミーです。大好きな食べ物や飲み物、習慣が、自分の新たな成長の阻害要因になっているのです。その時にはやめてください。

高タンパクが必要になる

突然、今までよりも肉類や高タンパク食品を食べたくなる人もいますが、それもまたアセンションプロセスです。体内の重い否定的なものを変換するために大量にたんぱく質を摂取して体が燃焼している場合は、もっと必要になるでしょう。少量のピーナッツバターが大いに役に立ちます。その際に、どの種類のタンパク源が体に合うのか探しあてて、専門家の意見は忘れてください。

抜け毛・薄毛になる

アセンションの強い段階では、薄毛になる人がいます。それは、多くのエネルギーが髪に回らずに変換されるからです。でもそれがずっと続くわけではないのでパニックになったり嘆いたりすることはありません。体に任せてください。また、すばらしく元に戻ります。

体重の増減

この時期、知らず知らず一度に食べ物を詰め込む人がいます。変化が激しいので防衛するのです。また、一方で、ホルモンバランスなどが変化している結果の場合もあります。逆に、アセンションに関係した症状のためにあまり食べられずに体重減に陥る人もいます。社会の“美しさ”の判断基準を忘れてください。あなたは、神・源・ハイヤーセルフをもっと取り込もうとしています!

下痢

エネルギー排出が起きて一定期間下痢が続く人がいるでしょう。その間、食べられるもの食べられないものがあるでしょう。それは、エネルギー排出時に共通して見られる症状です。

頭痛・締め付け・頭のしびれ

頭と松果体や脳下垂体などで変化が起きているので、締め付けられるような感覚や頭痛、ズキズキする痛み、頭蓋が腫れたりへっこんだり、また、そこにしびれなどを感じた時は驚かないでください。今、宇宙から頭部に相当の高い光のエネルギーが入り、体を通過しています。また、エネルギーが脊柱を急襲しているように感じ、背骨のどこかに痛みや凝りを覚えることもあります。体内電圧が急激に上がって、いろいろな所に痛みが発生します。頭部、頭蓋、顔、へこんだ箇所から脊柱、体のいろいろな所にも似たような痛みが発生することがあります。

視力のぼやけ&視界の変化

新たな光の高い周波数は、目や視神経に変化を引き起こします。変化が続くと、視界がぼやけたり、目の乾き、ムズムズ感、涙目、光過敏などを経験します。また、波動の低いビル・建物や場所、店などに入った時にはっきり見えなくなることがあります。目も視覚能力も進化をしているので、低い周波数の場所でははっきり見えなくなることがあります。だから、そのことを念頭に置いて、直ちに視力低下を問題にしないでください。あなたの視界と視力はもっと拡大しようとしています。

否定的存在・エンティティ・人間による攻撃

多くの人が、アセンション絡みの上のような問題を経験します。それは、あなたが急激に進化をしているために、上のような「ダークチーム」と私が呼ぶものが、あなたを失いたくないという事実にあります。だから、彼らは、目覚め始める人が彼らの低い周波数からいなくなると感じて攻撃するのです。しかし、このような状況は、フロントランナーライトワーカーウェイシャワーたちが、何年も経験して道を整備して来たので非常に減少してきました。まだありますが、乗り越えられるでしょう。そのような否定的な存在や、無意識に人を傷つける人間たちは、影響力を失います。彼らは新しい高い世界・リアリティでは存在しなくなるので前に進んで振り向かないでください。

奇妙な夢・明晰夢・攻撃夢

アセンションの過程では奇妙で薄気味悪い夢を見ます。また、寝て体を抜けている時に、否定的な存在・エンティティに攻撃を受けたり邪魔されたりすることもあります。寝ている時にダークチームが人間を狙うのは、これまで簡単でした。まだ低いレベルに存在するものもいます。しかし、進化しているのでやがてはそういうこともなくなり完全に消え失せるでしょう。しかし、それでも、自分の重たいエネルギーの層を捨てるのは自分のする仕事です。

ハート意識・気づき・能力の向上

感知能力や感受性が高まるのはアセンションでは普通のことです。これからは、それまで全く気付かなかったことに突然気づかざるを得なくなります。他の人や動物、何かの存在、非物質的な高次元の存在や世界を感じることが分かるでしょう。意識が進化してハートが自分の考え方見方の主力選手になります。オープンになって今まで感じなかったものを感じるようにしてください。他の存在を感じても自分を見失うことはありません。

体内振動

多くの人がこの症状で戸惑うようです。これは、アセンションに関係しているか、あるいは、自分に何かが起きている、進化していると知らせるアセンションの作用です。体の内部が振動してざわついたり、揺れたりします。それは、高い周波数を身につけるので体とエネルギー体に振動が起こるのです。

そのような体内振動は、文字通り高い周波数を取り込んで光が増して存在様式が速くなっています。回転率・周波数が上昇しながら体や大脳、心臓、神経系、腺、骨、意識などに光を吸収できるようにしています。私は、2001年2002年から光を急速に身につけて来ました。今も、体の内部でざわざわ感が起こり、振動したり震えたりしています。これからもっと光のエネルギーを吸収し続ければ、密度は減少して内外の光が増大します。

皆さんは、今後、先ずは、体の一部で速い光のエネルギーを感じるかもしれませんが、いずれ体全体に及びます。だから、今私たちの中では、古くて低レベルの重い過去の世界を消そうとしています。過去の世界にいる人からは、私たちは見えません。私たちから、彼らは見えません。ただ、高く速く振動してください。死ぬことはありません。高い周波数の人たちは重たいものより振動が速いだけです。あなたは、このアセンションでそのように生きており、体内の周波数と光が高まっているのを感じます。

まだ他にもたくさん症状があります。以前の私の投稿を参考にしてください。しかし、このような症状が始まったばかりの人にとって大事なことは、皆、そういう経験をするということ、人によって期間や程度に若干の違いがあるということです。だから普通にあることですが、くどくどと左脳で考える必要はありません。アセンションの過程はアルケミーで生き方が変わります。頭で追及しても分かりません。自然に進化して変わります。シンプルでありながら難しい局面もあり、魔法が起こって素晴らしく変わります。

Denise Le Fay,  January 31, 2016

Copyright © Denise LeFay & TRANSITIONS, 2016. All rights reserved. You may copy & distribute this material so long as you do not alter it in any way, the content remains complete, credit is given to the author, and you include this Copyright Notice and clickable link. https://deniselefay.wordpress.com/

ブルーレイ

2016年アセンション症状と今後(抜粋)

Shekina Rose / Blue Ray 2016-2-5

スターシードの感知能力が表れる年

多くの光の所持者、ブルーレイ、スターシードにとって、今年は感知能力が高まって、宇宙のスピリチュアルな信号によって意思決定をする年になるでしょう。感知能力が一層鋭くなり、宇宙との新たなコミュニケーションを切り開いて信号をダウンロードし、聖なる計画に関わって運命の道筋を広げ始めます。多次元の自分によって活発化するDNAのブループリントに一致する様々なタイムラインでそれを行っていきます。

また、皆さんのエネルギーとは一致しない方向で人生を決める人たちもいます。皆さんの高い感知能力が更に高まると、時には不快感や痛みを伴うこともあります。でも、宇宙はあなたの直観力を伸ばして、あなたを導きます。すると、宇宙と新しい周波数と調和して素晴らしい機会が訪れて上手く行きます。

今年以降、銀河のETとの絆が明らかになる

自分が誰か、銀河の素性にまで意識が拡大した自分に気がつき、その結果銀河のファミリーの使命が活性化します。その情報が明らかになるタイミングが、太陽の共鳴場が関わります。この共鳴場によって、宇宙の波動パターンは、細胞が新たに光を取り込める信号を生み出します。すると光がもっと故郷に繋がり共振する場が生まれます。その時、ガイアにいる本当の意味を感じることが出来るでしょう。

銀河の系譜

ETに起源をもつあなたのDNAが、古代の記憶を目覚めさせて銀河の遺産とファミリーを思い出します。魂の計画に繋がると、地球で過去どこにいたのかなど知る必要がなくなります。社会から教えられた自分像によって抑え付けられることがなくなります。

アセンションの症状

健康問題が起きた場合は専門家に相談してください。しかし、中にはアセンションに関係する症状があります。その場合でも支援が必要になるかもしれません。

ET  夢やビジョン、身の回りでETを目撃し、ETとのコミュニケーションが進む

天使的存在  多くのスターシードは、自然や元素を通して天使的な存在に気づきます。自然や天使的存在との新たな接点が生まれ、感じ始めます。

新生児  地球に生まれる子供たちが、両親・祖父母、家族に話しかけ他の星から地球にやって来ていることを知らせます。

短期記憶喪失  特定の記憶が思い出せなくなり、もの忘れして間違える。これは、一時的な現象で、DNAが拡大しているために大脳が新たになっているせいです。多次元的になればなるほど、古い自分の記憶を失っていきます。

体や頭部のチャクラが火照る  この場合、スピリチュアルな光が体に入って意識と光のフィールドを拡大しています。

オーブ、天使、多次元存在  多次元の存在や天使、元素、光線、ブルー、ゴールド、ピンク、赤、紫のオーブや光線を見かける。

レムリア  ムー大陸、レムリアの記憶が蘇り古代と繋がる。

第3の目  第3の目がムズムズする。第3の目が開き活発化しています。

ハートチャクラの活性  ハートセンターで強い感覚が湧きますが、それは、愛と神聖な結びつきが大きくなっていることです。

BlueRay is the soul group consciousness of the highest aspect of all Blue Rays. Together we give you these transmissions.

Copyright © Language of Light vocal sound transmissions by Shekina Rose of http://www.shekinaspeaks.com – Permission is granted to copy and redistribute this article and videos on the condition that the URL http://www.shekinaspeaks.com is included as the resource and that it is distributed freely and on a non-commercial basis. E-mail: shekina444@yahoo.com

2016年2月16日 (火)

マトリックスの統治システムが崩壊し始めているのは、真実追求者が勝ってきている証拠

 現在の隠された社会の真実をこんなに明快に指摘し、解決方法を提示し、最後に心得まで書いてある凄い短文は初めて見ました。読んでて小気味がいいです。翻訳もお上手ですね。世界的な金融崩壊の状況をみてもディスクロージャーが少しずつ進んできているのを見てもマトリックスの統治システムが崩壊し始めているのは確かです。


「私たちの社会を、宇宙の自然の法則と同調するように再設計しようと先頭に立って導いている美しい魂を持った人たちがたくさんいます。どのような方法で貢献するかは個人的に決めるとしても、私たちも彼らの一人になるべきでしょう。」


「世界の裏側ニュース」さんから転載させていただきます。
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12128490623.html

マトリックスの統治システムが崩壊し始めているのは、真実追求者が勝ってきている証
The Control-Matrix is Crashing because the Truth-Seekers are Winning


2月7日【The Mind Unleashed】http://themindunleashed.org/2016/02/the-control-matrix-is-crashing-because-the-truth-seekers-are-winning.html より翻訳

Phillip J. Watt著

大衆の世界観は茶番劇のようです。マスコミの視点は騙すことを意図したものか、あるいは完全に重要なポイントを外しています。影響力があり、私たちが信じるべきであるはずの人間たちでさえ、買収されているか、あるいは単に事実について何も知らないだけです。

しかし沈んだ気分になる必要はありません。なぜなら長きに渡り人類の集合的な考え方を形作ってきた誤ったストーリーに対し、真実追求者らが取り組んでいるために、コントロールのマトリックスが崩壊してきているからです。

もちろん、場所や人種、文化や信念形態を超えて情報の共有を展開するために最高のメカニズムであるインターネットを褒め称えることもできるでしょう。そして今では権力者でもこれからはそうでなくなる者たちは、過去を思い返し、インターネットの誕生と発達以前に策定していた人類に対する狡猾な計画のためにもっと力を注がなかったことに対し悔やんでいることでしょう。

しかし勘違いはしないで下さい。彼らは多くの分野で多大な成功を治めています。次のような世界について考えてみてください。

・本物のニュースを伝えるジャーナリストがほとんどいない

・体調不良の原因やそれを正統に治す方法を本当に理解している医師がほとんどいない

・政治家の多くが通貨の供給や、それをコントロールしている者のアジェンダを理解していない

・いわゆる専門家の科学者らの多くは、独善的な宗教に似通った誤った哲学を「信じて」いる

・教師の大部分は、子供たちに教えられるべき情報や批判的思考法からはまったく程遠い植え付け(洗脳)を体系的に教えていることに気がついていない

・大衆は大事なことを知らされていないだけでなく、分断され、些細で重要でない点についてお互いに夢中になって争いあっているが、これまで概念化された最も雄大で敬虔な現実の中にいながらも、夢遊病者のように歩き続けている





私たちの世界へようこそ。

21世紀と呼ばれる時代になりましたが、人間の健康や活力を楽にするために作り出されるべきシステムのすべては、嘘や欺まん、機能障害、不調和によって乗っ取られています。

私たちの知性や倫理的な許容限度を下回るこのシステムは私たち人類にとっては恥であり、さらに私たちの社会を組織化し、効率的に利用する方法など、人類の改善という避けられない過程の中でも信頼感を失う必要はない、と考えるのは難しいことではありません。


その理由とは?それはこのような機能障害のすべてが、人類の心や頭の中に起こっている集合体としての目覚めにとって、効率のよい原動力となっているからです。

目覚めた人が増え続け、私たち全員が自分自身の、精神やシステム的な現実に付随し、真実に基づいた意見に到達する機会があることに気がつき始めている、というのは心が動かされるような事実です。

より深い真実とつながった情報は大手メディアの中には見つけ出すことはできないので、マスコミのニュースはさほど深刻に受け止めるべきではない、ということを以前よりもずっと多くの人間が理解しています。また個人的にどの立場を選び、何のために闘うのか、そして私たちの子供や将来の世代のために何を残せるかについて、私たちが選択権を持っているということも理解してきています。

しかしコントロールのマトリックスから脱出した後には、いくつかの深刻な課題に直面するということにはご注意ください。

私たちが平和に暮らせることを確実にする哲学を作り出すこと、あるいは自由を取り返し、人類にとって正当で誇れる未来を作り出す探求の旅の中で忍耐力を発揮することなど、私たちは各自の内面で取り組む必要のある課題がたくさんあります。

だからこそ長い間、私たちの世界の多くの機能障害に気がつき、特にその中でも平和と忍耐を学んでいない人たちに対して同情しなければならないのです。彼らは次のことが起こるのを目の前にゆっくりと目撃してきたのですから。

・軍事産業・メディア・政治屋・銀行からなる複合体が、世界中で力を増やし、略奪行為を続けている

・独占状態の製薬企業が私たちの社会を薬漬にし、自らの利益を最大限にするために私たちを病気のままにし続けている

・オキュパイ運動のような社会運動が起こっても、非難を受けて分解されるだけにすぎない

・科学が企業による機構に成り下がり、さらに現実に対する不正確で了見が狭い哲学によってハイジャックされている

・戦争は、影の帝国の思いつきによって意図的に作り出されたもので、何百万人もを殺害している

・過激派は、崩壊しつつある権力構造のために汚れ仕事をするための代理の敵になるよう仕向けられている

・意図的に、空気や薬、食品、水がより毒性の強いものにされている

・政府の政策が、企業やエリート層の利益によって決定される割合が増している

・世界中で警察が軍隊化している

・教育モデルが、洗脳システムとしての側面を弱めようとしても、苦戦している

・世界政府の樹立というアジェンダの実現に近づいてきている



私たちは、このような情報の多くを何十年もの間知っていた一部の人たちがよき戦いを続けたことに対して称賛するべきでしょう。

彼らは失望しそうな展開を目撃したことがあるかもしれませんし、恐ろしそうなことも多かったと思いますが、彼らは、プロパガンダの作り話から解放され、人類の進化の次のステージとなるシステム・精神の方向性に向かった何百万人もの人たちを目撃もしているのです。


要するに、私たちは忍耐強く励む必要があるがあるのですが、それでもこれまでに私たちが達成した業績を認識し、祝うべきだということです。

私の以前の記事、「古いシステムが崩壊する中で、新しいシステムが構築されている(Whilst the Old System Crashes a New One is Being Built、英語)」の中では、次のような人たちが存在していることについて説明がありました。

・ケインズ派モデルを正統な代替手段に変換させることを希望する経済学者

・学校教育と呼ばれる洗脳システムには巨大な穴が開いていることを理解している教師

・エネルギー生成の手段を進化させ、共有することを希望する科学者

・力学的、薬理学的医薬品の限界を感じ、自然で植物ベースのセラピーの再導入の必要性を理解しているヘルスケア関係の従事者

・メディアの寡占状態が解体されることを求めるジャーナリスト

・食べ物の栽培、流通方法の移行を求める環境問題研究家

・地元社会のメンバーに対するよりよいサポートを復旧することを目指しているリーダー

・民主主義が利益によって乗っ取られたことを理解している政治家

・私たちの価値システムの中での革命を求めて運動する活動家

・社会的健康・福利のためのシステム上のテンプレートを変化させることを望む未来派主義者

私たちの社会を、宇宙の自然の法則と同調するように再設計しようと先頭に立って導いている美しい魂を持った人たちがたくさんいます。どのような方法で貢献するかは個人的に決めるとしても、私たちも彼らの一人になるべきでしょう。

そうするためには私たちはみな、自分が何を信じ、自分が変化を望むものを自分自身の中で非常に明確にする必要があります。その方法は数多くありますので、自分の情熱と強みを探すことこそが、このシフトの中の自分の小さな役割を果たすために必要不可欠です。

私たちはシステムの奴隷であるかどうかを問わず、砂の中に頭を突っ込んで知らないふりをすることはこれ以上、受け入れることができなくなっています。

コントロールする側の通路からリソースが入るシステムから完全に切り離されることは難しいことはもちろんですが、だからといってその問題について話し合ったり、情報をネットでシェアすることは大事ですし、そして人類が新しい豊かさのパラダイムに移行することを目的として地元や世界レベルの運動に、どれだけ小さくてもよいので貢献することを止める必要はありません。最終的に、真実とはありのままの状態であり、私たち全員の間から力強く流れ出すことで世界に真実はその姿をさらしているのですから。

また結局のところ、ゾンビによる世界の終わりはすでに起きていますので、それを待つ必要もありません。ほとんどの人はよい人たちなのですが、それでも大衆としては真実からはほど遠いように考えるように洗脳されています

彼らは、意識的な社会が構築される転換期の間も夢遊病者のように歩いているかもしれませんが、だからといって救いようがないというわけではありません

私たちは集合体としての人類の目覚めを手助けし、私たちみんなが誇れるような正義と名誉のある未来を本当に実現するためにお互いにさらに力づけあい、情報を提供する責任を負っているのはそういう理由からです。

それを実現するためにアドバイスをさせてください。どうか他人に対してイライラしないで失礼な言動は避け、軽視や非難はしないでください。私たちはみんな、どこかの時点では目覚める必要がありますので、そういった行動をすると偽善的になります。

かわりに穏やかでクールに、そして現実的で雄弁になってください。自分が主張する情報について、手のひらに書いてあるかのように、熟知してください。他人が誤った考えに直面できるように手助けをしたいのであれば、相手が真実を受け入れる際によりオープンで受け入れやすい状態を作るためにも、相手の防衛機制をあげさせることは避ける必要があるためです。

最後にもう一言。みなさん、くじけないで忍耐強くいてください。まだこれからも長く困難な道が続いていますが、あらゆる努力はどのようなものでも行う価値があるということを忘れないようにしてください。




(翻訳終了)

2016年2月10日 (水)

日本人は国から無条件でお金を支給されたとしても仕事を辞めない

 Sputnik 日本の記事で、面白いのがありました。

 もし日本にベーシックインカムを導入したら、という世論調査を行ったそうです。
369人の回答者のうち、「毎月2250ユーロが支給されたとしても、あなたは仕事を続けますか?」という質問に、73パーセントが「はい」、27パーセントが「いいえ」と答えたそうです。

 その数字を受けて、日本人は働くことに生きがいを見出しているのですね、と好意的に結論付けてますが・・・。


 しかし、もし日本にベーシックインカムを導入したらと考えてしまいました。、ワーキングプアにも社会保障を受ける機会を提供できるし、また生活保護のように、生活水準が著しく低下してから人々を救う「救貧」と異なり、「防貧」の側面があるし、ブラック企業もなくなるでしょう。少子化対策にもなるし、親の介護のために離職する人も楽になります。


 スイスの連邦憲法の改正を伴う、ベーシックインカム国民投票が、今年の6月5日に決定したそうです。

 すべての人に権利として、一定の所得を給付する「ベーシックインカム」。フィンランドやオランダで、このベーシックインカムの給付実験に向けた動きがあります。

 ただ、ベーシックインカムと言っても、国によって試みは違うようですが『要は、国民全部(子どもから年寄りまで)に等しく定額所得給付を行う代わりに年金・社会保障(健康保険を除く)や生活保護を廃止するもの』ということらしいです。

 ぜひ、日本でも早急に論議されるといいなと思います。

 
 Sputnik 日本 さんから転載させていただきます。

日本人は国から無条件でお金を支給されたとしても仕事を辞めない

©                     Fotolia/ Kungverylucky   
日本

スイスでは、有職か無職かにかかわらず、国が 国民一人一人に対して毎月2500スイスフラン(約2250ユーロ)を支給する可能性があるという。このニュースは、通信社「スプートニク」のサイトの幅広い読者たちの共感を獲得した。

そのため「スプートニク」はツイッターで、国が国民に対して生活に必要な最低限の額を無条件で支給するベーシックインカムに関する世論調査を実施した。

スイス 全国民に毎月2250ユーロ支給か

     @sputnik_jp   

スイス国民は、有職か無職かにかかわらず国が国民一人一人に対し毎月約2250ユーロを支給するという提案を議論することになる。http://sptnkne.ws/a7B7 
最低限の収入が保証された場合、あなたは仕事を続けますか?

73%
27%

世論調査には、369人が参加した。調査では、「毎月2250ユーロが支給されたとしても、あなたは仕事を続けますか?」という質問に、回答者の73パーセントが「はい」、27パーセントが「いいえ」と答えた。

同データから、「日本の人々はお金のためだけに仕事をしているわけではな」という結論を導くことができる。

そしてもしロシアの偉大な作家レフ・トルストイがこの世論調査に参加していたならば、恐らく彼も「はい」と答えたことだろう。なぜならトルストイは、「最も驚くべき誤解の一つは、人間の幸福とは何もしないことであるというものだ」との言葉を残しているからだ。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/japan/20160208/1570625.html#ixzz3zkJOF6Lo

2016年2月 6日 (土)

「お金を貸して利子を取る商売をしてはいけない」イスラム金融

 今や、日本はまさかのマイナス金利、しかしイスラム教の国々では、コーランの教えがあるので利子が取れないイスラム金融というのがあるらしい。
 イスラム金融の中心地の一つがマレーシア、いわゆるユダヤ金融にとって利息を取らないイスラム金融が気に食わない。それでマレーシアエアラインが二回も攻撃されたという噂があるそうだ。真偽のほどはわからないが、「なるほどね~」と唸ってしまう。
 ちなみに、イスラム銀行は、下記のように商業・金融契約の制度を援用し、利子を獲得することなく利潤をあげ、一般の預金者を含む出資者に還元するそうだ。
 では、イスラム金融はいったいどのようにして利潤をあげるのかウィキペディアで調べてみた。簡単に言うと以下の通り。(ご興味のある方はどうぞ) 利子重視のユダヤ金融よりも実態があり、互助的精神があるように思う。そもそもイスラーム経済の特色に喜捨(ザカートサダカ)などがあり、イスラム銀行はそれらも背景にしているという。

ムダーラバ
2人の当事者が取引を行う。出資者(ムダーリブ)が、信頼すべき商才や手腕の持ち主と認めた事業家(ダーリブ)に資本を全額出資するパートナーシップ契約を指す。すべてのイスラム金融の基本となる契約形態。
ムシャーラカ
複数の当事者が取引を行う。資本の出資者と労働を提供する事業家が共同出資により事業の共同経営を行い、生じた利益を契約時に決められた比率によって、もしくは損失が生じれば出資比率に応じて、それぞれ配分する契約形態である。
ムラーバハ
ある財を購入した際の原価よりも高い代金によって転売する形態を指す。購入者が、原価と代金の差額を了解し、差額を転売者の売却益として納得した上で契約が結ばれることを前提とする。イスラム銀行ではこのシャリーアの制度を利用し、設備・備品を希望する顧客に代わって購入し、顧客に渡す。このとき、「手数料」を上乗せして分割払いあるいは後払いとする。こうすることによって、銀行は利子ではなく、売却益として顧客から利益を受ける。
イジャーラ
賃貸借契約を意味し、西欧型経済におけるリースに相当する。シャリーアにおいては、物件に対する所有権は、その物を所有し最終的に処分する権利(ラカバ 、所有権)と、その物を利用しそこから得られる利益を独占する権利(マンファア、用益権)の2つから成り立つと考えられており、イジャーラ契約とは所有者である賃貸者から賃借者への用益権の移転である。
イジャーラ・ワ・イクティナーウ
顧客に賃貸して使用料を取るまではイジャーラと同じであるが、顧客は、銀行に口座を開設して積立てる、いわば「リース購入」である。この積み立ての積算が、購入代金プラス手数料(コミッション)の額となったところで、当該物件の用益権に加えて所有権が顧客に移る。
サラム
サラムとイスティナーウは、先渡しの取引である。ムラーバハが商品の先渡しであるのに対して、支払いを先に行う。サラムは代金を一括で支払い、イスティナーウは順次支払う。サラムは農産物のように1回で終わる取引、イスティナーウは住宅や工業製品のような商品に適していた[8]
カルド・ハサン
カルドは、借主が貸主の所有物を消費した上で、同種同等の物を貸主に返還する貸借契約のことで、「消費貸借」とも訳される。カルドがシャリーアに照らして合法となるには、返還される物件が、借りた物とまったく同種・同等でなければならず、貸主が貸し出しによって利得を得てはならない。このような合法と見なされるカルドのことを、カルド・ハサンと言う。
ワディーア
財産の保管を請け負う契約で、預金サービスとして用いられる。

「イスラム寺院」の画像検索結果

イスラム過激派とイスラム金融に関する記事をみつけたので
We are all one    さんから転載させていただきます。

イスラム教には「お金を貸して利子を取る商売をしてはいけない」と言う戒律がある。このことこそが、数々の偽旗テロ事件で「犯人はイスラム過激派」とされてきたことの原因だろう。マスコミのプロパガンダに騙されてはいけない!

 

「イスラム過激派」と言う概念はいつごろから定着したのでしょうか?近年ではテロリストと言えばイスラム過激派と反射的に思い浮かぶほどですが、少なくとも僕の若いころ…80年代ぐらいまではそんなイメージはありませんでした。

こちらの年表によると、1979年のサウジアラビアでの「メッカ聖モスク占拠事件」が最も古い「イスラム過激派」による大きなテロ事件のようです。36年前ですね。意外と歴史が浅いのに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

1979年といえば僕は高校3年でしたが、その頃はまだ一般的な日本人にとって「イスラム過激派=テロリスト」と言うイメージは全くありませんでした。1970年代当時、テロと言われて思い浮かぶのは連合赤軍とか、あさま山荘事件とか、よど号ハイジャック事件とか…日本人が日本人に対して行うテロでした。

それが今世紀、2000年代に入ってから一変しましたね。言うまでもなく、2001年にニューヨークで起きた9.11同時多発テロ事件がきっかけです。すぐに犯人はイスラム過激派グループ「アルカイダ」を率いるウサマ・ビンラディンだということになりました。

しかし、これは大嘘です。既に去る9月11日、事件から14周年の当ブログの記事でも取り上げましたが、9.11の同時多発テロ事件は、アメリカ政府とそれを操る金融マフィア・ネオコン・戦争屋勢力による自作自演の偽旗(敵になりすまして行動し、結果を敵になすりつける行為)テロです。すなわち、自作自演で起こしたにも関わらず、ウサマ・ビンラディンという偽の犯人をでっち上げて、「イスラム過激派のしわざだ」ということにしたのです。もちろん、ビンラディンは最初から米政府とグルで、シナリオ通りの役割を演じるだけの役者に過ぎません。

今のISとそのリーダー、バグダディが起こしているシリア、イラクでの一連のテロ行動も全く同じ構造です。ISはアメリカとイスラエルが養成した傭兵部隊、バグダディはイスラエルの諜報機関モサドのエージェントで、本名はサイモン・エリオットだということがわかっています。

14年前起こった9.11の同時多発テロ事件以降起こった大きなテロ事件の大半は、こうした偽旗テロだと言っても過言ではないでしょう。今年フランスで起こった2つのテロ事件もそうです。そしてこうしたテロ事件の大半が「犯人はイスラム過激派」ということにされています。

金融マフィア・ネオコン・戦争屋にとって偽旗テロ事件は、紛争を起こして武器を売るための「営業活動」ですが、それだけなら「犯人」は別にイスラム過激派に限らなくてもいいはずです。でも、必ずと言っていいほど偽旗テロの犯人はイスラム過激派だということにされています。実はこれには別の理由があるのです。

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが今回の記事の本題です。つまり「偽旗テロ事件が起こされると、決まって『犯人はイスラム過激派だ』ということにされるのは、一体なぜ?…ということです。

皆さん「イスラム金融」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?イスラム世界で作られた、ちょっと特殊な金融システムのことなんですが、これは通常の金融システム(以下、「ユダヤ金融」と呼ぶことにします。一般的な金融システムはユダヤ人が発明したと言われているので)と違う特徴があります。それは「利息、利子という概念がない」ということです。その理由は、イスラム教の経典であるコーランが、お金を貸して利子を取る商売を禁じているからです。

イスラム教には豚肉を食べてはいけない、アルコールを飲んではいけないといった戒律があることは有名ですが、それと同様にイスラム教徒はお金を貸して利子を取る商売をしてはいけないのです。

なのでイスラム教徒はかなり裕福な人でも通常の銀行に貯金するのを嫌がり、資産をタンス預金にする人が多かったのです。イスラム金融が生み出されたひとつの経緯は、このようなイスラム教徒のタンス預金を引き出すために開発された「イスラム教徒向け金融商品」といえるでしょう。

「利子をとらないで、イスラム金融はどうやって利益を出すの?」と思う方が多いと思いますが、それにはちょっとしたトリックがあります。その辺の詳しいことはこちらのPDFの資料を見て下さい。

細かいことはさておき、イスラム金融には「利子・利息」という概念がない、ということが重要なのです。「お金を貸して利子を取る商売をしてはいけない」というイスラム教の戒律自体は、もちろん大昔からあるものですが、このイスラム金融の歴史は実はかなり新しくて、40年前ぐらいから徐々に台頭してきて、広がっていったそうです。

ここで思い出していただきたいのが、ユダヤ金融が利益を上げるための三要素。それは「通貨発行権」「信用創造」「利子」です。詳しくはこちらの記事を見て欲しいのですが、ユダヤ金融はこの三つを使って、なにもないところからお金を生み出し、それを貸しつけて利子を取り、しかも貸しつけたうちの誰かが必ず破産するように仕組まれていて、破産したらその人の財産を没収する…ユダヤ金融とはこういうからくりが仕組まれたインチキ・システムで、それを使って強欲な商売を何百年も続けてきたので、金融マフィアは世界を牛耳るほどの富と権力を手に入れることが出来たのです。

そのインチキ・ユダヤ金融システムが世界を席巻していて、その中で彼ら金融マフィアが発行する通貨を使って生活している限りは、私達は金融マフィアの手のひらの上で彼らを儲けさせるために経済活動をせざるを得なくなる…これが私達が生きている世界の現実です。

もうおわかりだと思いますが、イスラム金融は「利子」と言う概念がないがゆえに、金融マフィアがユダヤ金融を武器に世界を席巻し、あらゆる分野で支配的な力を獲得してきたその縄張りを脅かす可能性を秘めているのです。なにせイスラム教徒は世界に16億人もいますから、それらがみなユダヤ金融から離れ、イスラム金融を使うとなれば、一大勢力になります。しかもイスラム金融は利子を取らないから、ほとんど儲からない慈善事業のようなものかというと、さにあらず。むしろ通常のユダヤ金融よりの有利な面すらあるのです。

更にイスラム教には、金銭的に強欲になることを戒める教えも含まれているので、イスラム金融の銀行の経営者は、金融マフィアのように、自分が儲けるためには何でもやる、そのために他人が破産しようが野垂れ死のうが知ったことではない、というようなモラルハザードに陥りにくい、ということも言えるでしょう。

こうした様々な利点を考えると、場合によってはイスラム教徒でなくてもイスラム金融を利用したい、と考える人も増えてくるかもしれません。これはユダヤ金融で世界を支配してきた金融マフィアにとっては、大きな脅威です。そこで金融マフィアは得意の謀略を使った偽旗事件の犯人をすべてイスラム過激派ということにして、イスラムのイメージダウンを図り、イスラム金融がこれ以上普及しないように「イスラム過激派=テロリスト=イスラム教は危ない宗教」という洗脳を広めてきたのだと言えるでしょう。

どうでしょうか?これだけでもイスラム教に対するイメージがかなり変わったのではありませんか?テロ事件が起こり、「犯人はイスラム過激派」と言う報道が流れるたびに、イスラム教の団体から「犠牲者に哀悼の意を表する。このような悲惨な事件が二度と起きないことを祈ります」といった声明が出されますよね。彼らもこうした謀略によって、殆どの善良なイスラム教徒が迫害を受けることを憂慮しており、なんとかそれを食い止めようと必死なんでしょう。しかし、金融マフィアの子飼いのマスコミが「イスラム過激派=テロリスト=イスラム教は危ない宗教」というプロパガンダを毎日のように大量に流していますから、焼け石に水というのが現状だと思います。

こんな話もあります。20年前に日本ではオウム真理教による「地下鉄サリン事件」が起きました。あの事件が海外では「仏教テロ事件」として報道されたケースが少なからずあったそうです。でも、仏教に馴染みが深い日本人の感覚からすると「おいおい、仏教テロってなんだよ?オウムを他のまともな仏教といっしょにするのはおかしいだろ」と思いますよね。

それと同じなんですよ。イスラム教は金融マフィアの謀略によって数えきれないほどの偽旗事件の犯人にされて、マスコミのプロパガンダで「イスラム過激派=テロリスト=イスラム教は危ない宗教」という洗脳が広められてきたのです。ほとんどのイスラム教徒はテロなどとは無縁で、真面目に生きている人たちのはずです。それどころか、イスラム金融の良い所を取り入れて新しい金融システムを作り、普及させれば、金融マフィアによって作られたインチキ・ユダヤ金融の搾取にブレーキをかけることすらできるかもしれないのです。

この記事をお読みの皆さんが少しでも「イスラム過激派=テロリスト」と言う刷り込みから離れてくれることを願わずにはいられません。

2016年2月 5日 (金)

くだけた神様との会話

このショートストーリー、素敵ですね。


「神様」の画像検索結果

世界の裏側ニュース    さんから転載させていただきます。

くだけた神様との会話


テーマ:
2014-08-22の記事ですが、再掲します。




「この男が、神と宇宙に対する考えを変えてしまいました。頭の中が吹っ飛びます。

(This Guy Just Changed The Way We Think About God And The Universe. Mind Blown.
http://m.tickld.com/x/this-guy-just-changed-the-way-we-think-about-godandtheuniverse より翻訳



あなたが死んだ時、あなたは帰宅の途中でしたね。

自動車の事故でした。特に変わったところのない事故でしたが、致命的な事故であったことにかわりはありません。あなたの亡き後には、奥さんと子供が二人いました。苦しむことのない死でした。

救急士さんたちが必死であなたの命を救おうとしましたが、それでも助かることはありませんでした。あなたの身体はもう、バラバラになっていましたから、死んだ方がよかったのかもしれません。本当ですよ。


あなたが私に出会ったのはそんな時でしたね。


「え?何が起こったんですか?」
「私はいったいどこにいるんですか?」あなたは私に聞きました。

「あなたは死んだんですよ」私は、ごく淡々と答えました。遠まわしに言ったところでどうしようもないからです。

あなた「トラックがいて・・・トラックがスリップしていて・・・」


私「そうそう」

あなた「私は・・・私は死んだんですか?!」

私「そう。でも気にすることないよ。みんな死ぬからね」


あなたは辺りを見回しました。そこには何もない場所でした。存在しているのは私とあなただけ。


あなた「この場所はなんですか?これが死後の世界ってところですか?」

私「だいたい、そんなところだよ」

あなた「あなたは神様なんですか?」

私「そう。私は神だよ」

あなた「私の子供が・・・私の妻が・・・」

私「子供や奥さんがどうしたの?」

あなた「みんな大丈夫でしょうか?」

私「いいね!死んで、一番心配なのは自分の家族か。この場面では一番いい感じだね」


あなたは魅了されたかのように私を見ました。私は神様のようになんて見えなかったでしょう。その辺の普通の男性のように見えるだけで。ひょっとしたら女性に見えていたかもしれません。なんとなく権威のある人物像だったかも。全能の神、というよりは、高校の先生のようだったかもしれません。


私「心配しないでいいよ。子供たちはあなたのことをいろんな面で完璧な姿で思い出すだろう。あなたを軽蔑するようになるほど、育っていなかったからね。

奥さんは、外面上は泣いているけど、内面ではとほっとしているだろう。公平にいって、あなたの結婚生活はガタガタだったからね。奥さんは自分が開放感を感じていることに対して、罪悪感を感じるだろう。慰めになりそうなことと言えば、それくらいかな」

あなた「じゃあ、今から私はどうなるんですか?天国とか地獄とか、そんなところに行くんですか?」

私「どっちでもないよ。あなたは輪廻するんだから」

あなた「ああ。じゃあヒンドゥー教が正しかったのか」

私「宗教は、それぞれの方法で正しいんだ。私についてきて」

一緒に歩きながら、あなたはついてきました。

「私たちはどこに向かっているんですか?」

「特にどこってこともないさ。歩きながら話すのって、素敵だろ?」


あなた「じゃあ、何が目的なんですか?私が再生したら、真っ白な状態になるんでしょう?赤ちゃんですよ。じゃあ、私がこの人生で経験したことなんかは全部、どうでもよくなってしまうじゃないですか」

私「そうじゃないよ!あなたの中には、あなたの過去の人生全部の知識や経験があるんだ。ただ、今は思い出せないだけなんだよ」


私は歩くのをやめ、あなたの肩に手を置きました。

「あなたの魂はもっと、高貴で美しく、あなたがおそらく想像できるのよりも膨大なものだ。

あなたが何であるか、私たちの頭脳が理解することができるのは、そのごく一部にすぎないんだよ。

自分の指をコップの水の中に入れて、水が暑いか冷たいか確かめるようなものだ。

あなたは(身体という)入れ物の中に自分の魂のごくわずかな一部を入れる。それを取り戻したときには、それが経験したことをすべて、手に入れることができるようになる」


「あなたは人間として過去48年でいたので、まだ伸びておらず、自分の膨大な意識の残りを感じてないよ。私たちがここで長い時間をすごしていたら、あなたはすべてを思い出すだろうけどね。

でも、各人生の間毎にそんなことをしても意味がない」

あなた「じゃあ、私は今まで何回生まれ変わってきたんですか?」


私「そりゃもう、だくさんね。いーっぱいだよ。いろんな違う人生を過ごしてきたんだ。今度は、西暦540年の中国人の農家になるんだ」


あなたどもりながら話しました。「ま、待ってくださいよ?私を過去に遡って生まれ変わったりするんですか?」

「う~ん、技術的にいうとそうなるね。時間っていうものは、あなたもご存知の通りあなたの宇宙にしか存在してないから。私が来た元の世界では、事情はいろいろと違っているけど」

あなた「あなたはどこから来たんですか?」

私は説明しました。「もちろん。私はどこかから来たんだよ。ここ以外のどこか。そして私と同じような人は他にもいる。そこがどんな場所か知りたくなるのはわかるけど、正直言って、あなたには理解できないよ」


少しがっかりしてあなたは言いました。「あれ?でも待ってくださいよ?もし私が他の場所で同じ時間に生まれていたら、自分自身といつかの時点で交流を持っていたかもしれないですね」

「もちろんだよ。そんなこと、しょっちゅう起こっているよ。両方の命は、自分自身の人生のことしか気がついていないから、それが起こっているなんてちっとも気がつかないよ」

「じゃあ、一体、何が目的なんですか?」

私は尋ねました。「真剣?マジでそう言っているの?私に人生の意味を聞いてくるの?それってちょっと、ステレオタイプ過ぎない?」


あなたはこだわるように言いました。「だって、それって理にかなった質問ですよ」

私はあなたの目を覗き込みました。「人生の意味とは、私がこの宇宙全体の全部を作った理由は何か。

答えは、あなたに成熟して欲しいからなのだよ」


「人類がってことですか?私たちに成熟して欲しいんですか?」

「いや、あなただけだよ。

この宇宙全部は、あなたのために作られたんだ。それぞれの人生であなたが成長して成熟し、より大きくて優れた知性になってもらうためにね」

「私だけに?じゃあ、他のみんなはどうなんですか?」


私「他のみんな、なんて存在しないんだ。このユニバースの中では、そこには私とあなたしかいないんだよ」

あなたは呆けたような顔で私を見つめました。「でも、地球上の人間全部は・・・」

「全部、あなたなんだよ。あなたの別の輪廻に生まれているだけなんだ」

「待ってください。私がみんなだってことですか?」

「やっと、わかってきたね」私は祝うように背中を叩きながら言いました。「私はこれまで生きていた人間全部なんですか?」


「あと、これから生きていく人全部でもある。そうだよ」

「私はアブラハム・リンカーン?」

「そしてあなたは、ジョン・ウィルクス・ブースでもある」

あなたはひどくショックを受けた様子で言いました。「私、ヒットラー?」

「そしてあなたはヒットラーが殺した数百万人もの人間」

「私はイエス・キリスト?」

「そしてあなたは、彼に付き従った人、全員だ」

あなたは黙り込んでしまいました。

私「あなたが誰かを犠牲にするたび、あなたは自分自身を犠牲にしている。あなたが優しい行動をするたびに、あなたはあなた自身にそうしているのだ。

すべての人類が経験した幸せな時と悲しい時は、あなたが過去、あるいは未来で経験する」

あなたは長い時間考え込んでいました。

「どうしてですか?」あなたは私に尋ねます。「これ全部の意味って?」

「どうしてかというと、あなたが私のようになるためにだよ。なぜなら、それがあなただから。あなたは私と同じ種類。あなたは私の子供」

「わあ」あなたは、疑い深い感じで言いました。「つまり、私は神様っていうことですか?」

「いやいや、まだだよ。あなたは胎児だ。あなたはまだ成長している。あらゆる時の、あらゆる人生を経験したら、生まれてくるのに十分成長したことになる」

あなた「じゃあ、この宇宙全体って・・・これは全部・・・」


私が答えました。「卵だよ。じゃあ、次の人生に向かう時間だよ」


そして私はあなたを送っていったのです。




(翻訳終了)

2016年2月 3日 (水)

胃バリウム検査で癌になる? 新日本橋石井クリニック(とある原発の溶融貫通(メルトスルー))

 これはちょっと前の記事なのですが、今でも胃のバリウム検査ってまだ普通にやってますよね。  海外先進国ではあまりやらなくなったって聞きましたが。
 胃のバリウム検査を毎年受けるとDNAがが被ばくし、徐々に傷つき、最悪の場合、発がんの恐れもあるそうです。


「阿修羅」さんから転載させていただきます。

胃バリウム検査で癌になる? 新日本橋石井クリニック(とある原発の溶融貫通(メルトスルー))
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/181.html

投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 7 月 04 日 21:46:05: igsppGRN/E9PQ

     

胃バリウム検査で癌になる? 新日本橋石井クリニック
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7754853.html
2014年07月04日12:09 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

毎年の胃バリウム検査で発がんの可能性

読売新聞(16年3月15日)で英国オックスフォード大グループの調査で日本人は75歳までにがんになる人のうち、放射線診断が誘発したがんの割合を算定した結果、3.2%という15カ国で世界一のデータが得られました。がん全体の3.2%がレントゲン被爆で誘発されたという医療先進国として恥ずかしい数字を減らすためには、過剰なレントゲン検査を可能な限り減らさなければいけないことになります。新聞では過剰なCT検査が問題だと取り上げています。CTの被爆線量は10-20mSyです。

意外に被爆線量がある胃バリウム検査

ところが胃バリウム検査が意外に被爆線量があることをご存知ですか。

直接撮影(大きなフィルムで撮影する方法)では15-25mSy。間接撮影(健診車による小さなフィルムで撮影する方法)では20-30mSyになります。胸部X線写真の被爆量が0.1mSy(読売新聞の0.02mSyが間違い)ですから胃バリウム検査では何と胸部X線写真の150-300倍の被爆があることになります。

胃バリウム検査を毎年受けるとDNAが徐々に傷く

健康な人でCT検査を毎年受ける人は少ないと思います。むしろ胃バリウム検査を毎年受ける人の方が圧倒的に多いと思います。

レントゲン線は遺伝子の本体であるDNAを傷つける作用があります。

傷ついたDNAが原因で発癌するには1回の被爆量が50-200mSy(広島長崎のデータ)と言われていますので、1回の胃バリウム検査で発癌することはありませんが、毎年胃バリウム検査を受けるとDNAが徐々に傷ついて発癌に至る可能性は否定できません。

発癌原因のひとつに挙げられる胃バリウム検査

胃バリウム検査が発癌する原因のひとつに挙げられることを知らなければいけません。健康維持のために胃バリウム健診を受けて発癌するとは何たるブラックジョークでしょう。それだけでなく飲んだバリウムが固まって排泄できなくて苦しむのは大変です。

http://www.anktokyocancer.or.jp/endoscope/barium/
===============================================

0.6μSv(マイクロシーベルト)という数値
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7754826.html

あと,歯科のレントゲンを受けると脳腫瘍が発症する確率が高まるという話も聞いたことがあります。

歯科のX線検査 脳腫瘍の発症に関係か 米研究
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6113696.html

年1ミリシーベルト以下でなければいけない科学的根拠を伝えましょう
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7040689.html

 

2016年1月30日 (土)

ジョゼフ・ティテル氏の2016年の予言・・・金融崩壊

 「金融崩壊」と騒がれてもう何年にもなりますが、今度は本当にきな臭いですね。

 今週水曜日にイタリアの銀行株が5日連続の暴落となり、この状況に危機感を持ったイタリアの預金者が銀行から預金を大量に引き出し始めました。特に、イタリア第3位の大手銀行のモンテパスキ銀行は、融資の3分の1が債務不履行状態であり、株価は今年に入ってから57%も暴落しました。

イタリアばかりでなく欧州全体が株価が下がってます。過去52週間で最も高い株価と比べ、各国の株価が暴落しています。イギリス 20%ダウン、オランダ 22%ダウン、フランス 22%ダウン、ドイツ 24%ダウン、トルコ 24%ダウン、イタリア 25%ダウン、スウェーデン 25%ダウン・・・

ジョゼフ・ティテル氏は2016年の予言で日本の地震の予言もしてますが、金融システムの崩壊で紙幣が使えない状態になると言ってます。ジョゼフ・ティテル氏は的中率40%ですから予言は予言と聞いておくにしても、いつか、近い将来そうなるのは皆さんよくご存知だと思います。物々交換大いに結構!そうなれば、闇の権力の入り込む隙がなくなります。大量生産、大量消費の時代は終わり、質の良いものを長年かけて大事に使って行く時代になります。
さて、鼻歌でも歌いながら、また備蓄の点検をやることにします。



「既存の金融システムの崩壊で、紙幣は使えない状態になる。だからいまのうちに資産を保持する形態を考えておかなければならない。紙幣は使えなくなるので、貴金属にすべきだ。だが、この崩壊は決して悪いことではない。既存のシステムでは生活できないので、人々は自分たちで物々交換など新しいシステムを立ち上げ、生き延びる。」



本山よろず屋本舗  さんから転載させてもらいます。
http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_12.htm#info_1201

ティテル氏の2016年の金融に関する予言...2016年1月10日

 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガでは、年初に米ペンシルバニア州在住の予言者ジョゼフ・ティテル氏の予言を知らせてくれます。
 ヤスさんによればティテル氏の予言の的中率は36%~42%とのことで、約4割もの的中率を誇るのですから、私は大いに注目しています。
 ティテル氏は今年も予言を発表したのですが、特に今後16ヶ月以内に、日本にマグニチュード9クラスの地震が2つ起こると言っていて、ネットでは早速話題になっているようです。
 ネットでは、どうしても巨大災害が話題の中心になってしまいますが、ここではティテル氏の2016年の金融に関する予言に注目して紹介したいと思います。

 まず2016年のアメリカの金融全般に関する予言を2つ紹介します(ちなみに「7.」と「8.」の数字はヤスさんが読みやすいように付けたものです)。


 ・・・<予言者ジョゼフ・ティテル氏の2016年の予言から抜粋>・・・

7.
資産をどういう形態で保有するのか真剣に考えるべきときが来ている。ドルという通貨はもはや限界に来ており、これを救うことは不可能だ。アメリカ国内の銀行のみならず連邦銀行も破綻の危機を迎える。しかしこれは決して悪いことではない。新しいシステムが登場するためには、古いシステムは崩壊しなければならないのだ。崩壊はドルのみならずユーロでも起こる。

8.
既存の金融システムの崩壊で、紙幣は使えない状態になる。だからいまのうちに資産を保持する形態を考えておかなければならない。紙幣は使えなくなるので、貴金属にすべきだ。だが、この崩壊は決して悪いことではない。既存のシステムでは生活できないので、人々は自分たちで物々交換など新しいシステムを立ち上げ、生き延びる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 4割の確率で当たると言っても、すごいことを言っているなと思います。
 ドルとユーロは崩壊すると言っています。
 このドルとユーロの崩壊に関する予言が他にもあったので、紹介します。


 ・・・<予言者ジョゼフ・ティテル氏の2016年の予言から抜粋>・・・

79.
エリートは統一通貨を導入した世界政府を樹立しようとする。そのためドルを暴落させようする。一方アメリカ政府は、ドルの暴落を阻止するためにあらゆることをする。ドルよりも早くユーロが暴落するように誘導する。これは成功してユーロは暴落するが、ドルもすぐにこれに続くことになる。

80.
エリートはドルの危機が迫っていることを国民の目から隠すために、国内でさまざまな事件を画策する。

82.(前半)
中国の新しい通貨政策の実施で、ドルの暴落には歯止めがかからなくなる。これにともない、世界の市場はクラッシュする。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ドルの暴落は、中国の新しい通貨政策の実施が原因だというのですが、中国が何をするのでしょうか。
 IMFのSDR(特別引き出し権)に中国の人民元が入るのは今年の10月からですが、その関係でしょうか。それとも世界最大の米国債の保有国である中国が、米国債を大量に売りに出すということでしょうか。
 それにしても気になるのは、ドルより先にユーロが崩壊すると言っていることです。
 ティテル氏はまた、「2016年はドイツにとっては最悪な年となる」とも予言しています。
 そういえば2016年のエコノミストの表紙は、ドイツのメルケル首相が中心にいました。
 今年はドイツに注目かもしれません。

 ティテル氏は「紙幣は使えなくなるので、貴金属にすべきだ」と言っていますが、では金と銀の価格がどうなるか気になるところです。

 ティテル氏は、去年(2015年)の予言では、金(キン)と銀は一時的に下落するが、その後に金は2倍、銀は4倍にも上昇するので、金や銀に投資すべきだと言っていました。
 そこで私は金の値動きに注目していたのですが、NY金先物市場で去年の12月に、1オンス1050ドル近辺まで下げる場面がありました(現在は1100ドル付近)。
 金の世界全体での産金コストは、2012年時点で1オンスあたり1272ドル(貴金属調査会社GFMS)とのことで、すでに産金コストを下回る価格となっています。
 これをもってティテル氏の「(2015年に)一時的に下落」という予言が当たったのか不明ですが、相当に安い水準にあることは確かです。

 では気になる2016年の金価格の予言です。


 ・・・<予言者ジョゼフ・ティテル氏の2016年の予言から抜粋>・・・

77.
金の価格は一時的に下落するが、それが終わると金は極端に暴騰する。これは2016年と17年に起こる。この原因はドルの下落である。

82.(後半)
金は4月に一時的に下落するものの、その後、これまでにないくらいの勢いで上昇する。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ティテル氏は、金は4月に下落するといいます。
 この予言が当たったとしても、その時の円ドル為替の水準で、日本で買える金の値段は左右されます。
 もし4月に円安であれば、NY金の安値を帳消しにしてしまいます。しかしこの時に円ドル相場が今の水準と変わらないか、あるいは円高になっていれば絶好の買い場になるかもしれません。

 どちらにしろ、ティテル氏の予言の的中率は4割と見なして、冷静に判断するのが大事だと思います。

2016年1月27日 (水)

「テレビの見すぎはバカになる」を実証 運動せず長時間視聴で認知能力低下

 以前、テレビをすわって見ている時間が長ければ長いほど死亡率が上がるという論文が出されていましたが、今度は、若い時に長時間テレビを見ていると、年を取ってから認知能力が著しく低下するという研究結果が出ました。恐ろしいですね~。今時、長時間テレビを見ている人も少ないと思いますが・・・。


      

「テレビの見すぎはバカになる」を実証 運動せず長時間視聴で認知能力低下

テレビを消して外に出よう(写真はイメージです)             

写真拡大

これまでもテレビの見すぎは、がんや心血管疾患の発症リスクを高めるといった健康被害の研究が出ているが、若い頃のテレビ漬けの生活が、年をとってからの脳の働きに悪影響を与えるという研究結果がまとまった。

昔から「くだらない番組ばかり見ているとバカになる」といわれるが、脳神経医学の面からも立証された形。テレビはほどほどにした方がよさそうだ。

中年になってから「記憶力が大きく劣ってくる」

研究結果は、米退役軍人医療センターと米カリフォルニア大の合同チームがまとめ、米医師会の精神医学専門誌「JAMAサイカイアトリー」(電子版)2015年12月2日号に発表した。

チームは、1985年にある健康生活調査に参加した若い男女3247人(当時18~30歳・平均年齢25歳)を対象に、1日にテレビを見る時間と認知能力の関連を追跡調査した。研究開始から25年目、参加者の年齢が43~55歳(平均年齢50歳)になった時、次の3つの認知能力テストを行った。

(1)1分間に同じ形の図形をいくつ見つけられるか測る「認知処理速度テスト」

(2)文字の意味と色の違いを判別する「実行機能テスト」

(3)言葉の記憶などに関する「視覚言語学習テスト」

その結果、25年前の若い時に、テレビを1日3時間以上見ていた353人(全体の11%)は、それ以下の視聴時間だった他の人たちに比べて、記憶力が大きく劣っていることがわかった。さらに、1日3時間以上テレビを見たうえ、運動をほとんどしなかった107人(3.3%)は、視聴時間が短く運動量も多かった人に比べ、将来、認知能力が低下する確率が2倍になった。ただ、言葉の能力に関しては特に差はなかった。

チームリーダーのティナ・ホアンさんは「20代半ばに運動をせずにテレビばかり見る生活は、中年になってから記憶力が著しく悪化する原因になることがわかりました」と語っている。

2016年1月21日 (木)

ヒーリングと統合が起きている by クワン・イン

 チャネリング情報に対して批判的な意見を時々目にします。チャネリング情報のほとんどが偽物であるとか、闇の権力の人工頭脳が発信したものであるとか様々です。確かにそう思われるメッセージもありますが、深く心に響きその日から意識が変わるような素晴らしいメッセージもあります。見えないところで、地球のために人類のために懸命に働いてくれている存在を感じます。このクワン・インさんのメッセージもその一つです。


lightworkermikeさんから転載させていただきます。

ヒーリングと統合 by クワン・イン

10329219_750649328320960_4825920556971087893_n

クワン・イン

ヒーリングと統合が起きている

JennySchiltz 2016-1-13

 

こんにちは! 今日は、今起きていることについて重要なことをお話しします。これから数か月間は、自分の成長だけでなく地球全体にとっても大きな軸になります。多くの人が、新年が開けると物事がスムーズに行くと思っていますが、これからの進路を加速し続けるために多数決が行われたことを理解しておいてください。皆さんは誰もが投票用紙を受け取り、ハイヤーセルフは夢を見ている時間帯に皆さんと相談しながら皆さんの意思を聞きました。魂の入った一人一人、更にその周りにいる何百人もの人たちに影響を与えるのでそのことを理解してください。皆さんは自分の現実、ホログラムを創り上げながら、同時に全体のホログラムの創造に関わり合っています。もっと多くの人の目が覚めてホログラムに参加すればするほど、もっと世界が分かるようになり、その中にいるすべての人の反応が変わります。

皆さんの世界に入った光の流れは着実に安定していきます。成長の度合いは、この光のコードをいかに吸収して生かすか、それだけにかかっています。それぞれの人は違う段階にありますが、パターンやリズムというものがあり、それで人が経験することには様々な違いがあることが理解できるようになります。これまで以上に、セルフケアや自分を大切にすることがとても大切です。この光のコードが皆さんの信念の奥深くまで浸透して、それに一致しないものを一掃する時には、すぐに消耗感が感じられるでしょう。だから、自分の体を気にかけて大切にすることが順応に役立ちます。エネルギーが体の中を循環し解放できるようなエクササイズが有効です。水分と栄養摂取が不可欠です。体の話すことを聞いてください。体には意識があります。この時期には楽に過ごせるように体の必要なことを受け留めてください。休憩を取り、電気製品に触れる時間を少なくすると、体のエネルギーが早く戻ります。自分の思考に注意してください。あなた自身が体を一番よく知っており支援者であることを忘れないでください。

皆さんの魂がもっと降りてくるこの時には、多くのことが起きています。本当の自分ではない、身につけた見せかけや仮装、仮面が表に表れます。その時にどう対処するかは、本当の自分に変ろう、変わり続けようとする意思があるか否かにかかっています。私たちは、自分のそのような面に向き合う時は、装っているために不快な思いをするというのは理解しています。人間社会の低い波動の中で自分を守るために、大多数の人が肩書や仮面を創り上げました。中にはそのような仮面を脱ぎ捨てましたが、結果、また新しい仮面を作って、狭い箱の中に納まろうとしました。そういうものは抜け落ちますが、それで自分の魂を守れなくなることはありません、安全です。それまで自分を守って来たものは、今後は、逆に自分の足を引っ張ることになります。それがはっきりする時に、その仮面の役目が何だったのかが分かるでしょう。それも裁かずにじっと見てください。他の人と同じように自分が傷つくのは怖いものですが、皆さんは、もう前に進もうとしており、あらゆる面にわたって変わる力があるという自信を持って力いっぱい歩いて行こうとしていることを自覚してください。批判的な心の声を黙らせていなければなりません。そういうものは、不安や固定観念によって何も変わりません。でも、光の中では仮面の居場所はありません。

これから自分の仮面や見せかけているものが表れても不安に思わない場合には、そのままかぶり続ける人がいるでしょう。そこに良い悪いはありません。それぞれの人が自分のタイムラインにいて、仮面を使って多くのことを学んで来ました。それも人生を探求する一つの方法でもあります。中には、鏡を見て、初めて自分を見失いすべてが無意味になったと思う人もいるでしょう。皆さん、でもそうではありません。単に古いものを置いて行き、本当の自分を受け留めているだけなのです。それは、プロセスなので、すぐにそうなるわけではありません。その時に、大事に抱えていたもの、信じていたもの、人から言われたことなどをひとつひとつ検証し、ハートに任せて本心を感じ取ってください。

今後、多くのことに光が当たって検証されていきます。自分も人も許すことがとても大切です。自分の、また他の人の一挙手一投足も、学び成長する機会なのだと考えることが必要です。裁きや決めつけを止めて、一人一人の魂を見てください。人を裁くことは、自分を裁くことになり、手放すものが益々増えて行きます。すべての課題、経験することの素晴らしい点を見るようにしてください。気持ちがかなり軽くなります。

許すこともまた時間のかかるプロセスです。そのことを理解してください。もう癒されて手放していると思っているにも拘らず、また同じような場面に遭遇する人がいるかもしれません。その場合、その感情が自分の層の深い所に閉じ込められて、最後の許しを待っており、もうそれに左右されなくなるのを待っているのです。これから、大事にしていきたいもの、捨てるものを選ぶのは皆さんの自由です。この人生でこれまで自分を覆っていた自分というものではなく、その都度、本当の自分や自分らしさを思い出し、自分の魂を思い出せるように意識して進んでください。

尊敬の念と愛で皆さんを支えます。

 

Quan Yin

e8b79004fdfc7ada976db8cc106ffd92

クワン・インとのQ&A

Q: この間、自分の中にバケツがあって、光で一杯になっているところを見ました。それが私のエネルギーレベルだと思い、いつも一杯にしておかなくてはと思いました。つい最近、そのバケツが溢れて他のバケツに流れました。でも、先ず自分のことを優先することが大事なので、一杯にしようと思いました。

A: そういうことが今まで以上に大切です。自分の中でいろいろな変化が生じながら自分を安定しておくことが必要です。セルフケアを優先しなければ消耗し疲れるでしょう。直観的に魂に何を与えたらいいか分かります。これは非常に大事なことです。

 

Q: クライアントの人の中に、その時に感じていることを「リセット」だという言葉を使う人がいました。面白い表現です。

A: ええ、深いリセットが起きています。それは、自分に相応しくないこと、心が動かないことを変える機会なのです。

 

Q: 心臓の鼓動が右耳に聞こえてくる人がいます。それは何ですか?

A: 体が地球の周波数の変化に対応しているのです。誰もがどんな時にもそれが聞こえる訳ではありませんが、全員が調整しています。鼓動を聞いた場合は、地球の愛と素晴らしさ、調和した姿を感じながら地球、ガイアに繋がり、話しかけてください。

 

Jenny

2016年1月20日 (水)

こうして、思考は現実になった!実験成功事例 •NAVERまとめ

最近いい本買いました。

『こうして思考は現実になる』パム・グラウト・著、桜田直美・訳

この本、好き過ぎて、どこに行くにも肌身離さず持っていきます。
これまで引き寄せ法の本はいっぱいありましたし、みんなそれなりにいい本でした。
でもこの本は実践本なんです。自分に課題を出して48時間以内に達成する、その実験を段々レベルを上げて9つこなすうちに最後はマスターになる、かもという算段です。
もっとも私はまだ一つしかやっていませんが、私にしてみると大成功でした。些細なことですが、信号がいつもすぐに青に変わる、なぜか周りの人が急に前よりも優しくなった。夜見た夢に「神様登場!」(*^^*)

他の方の実験成功例がいろいろ載ってましたので下に転載させていただきます。

結局、この本は真理を示し、読者を説得し、集中させ、実践させ、自信を獲得させるための本だと思います。

  • NAVERまとめ 
  • こうして、思考は現実になった!実験成功事例 まとめ

    「こうして、思考は現実になる」という本をご存知ですか?これまでの「引き寄せ」系の本とは違い、考え方・精神論にとどまらず、実際に自分の人生で引き寄せを「体験」するために書かれた本です。ネット上には意外と引き寄せ「成功」の声が多かったので、集めてみました。

    更新日: 2014年12月12日

    replicant_gさん

    • 49お気に入り 70237view

    『こうして思考は現実になる』とは?

    パム・グラウト・著、桜田直美・訳。日本では2014年4月に発売されました。ネットや書店でタイトルを見かけることは多いけど・・・どんな本なの?

    今まで出版された『引き寄せの法則』関連本と、主張は似ているけれど、アプローチが違うのが特徴。

    単に「願えば叶う」という話が書かれた本ではありません。

    こういう引寄せの法則のような内容の本はスピリチュアル感が強いので、行動を具体的に示してもらえるものでなければ、効果を実感することが難しいです。

    ですがこの本は、具体的な行動が実験1~実験9まで載っていたため、自分の体で実験してみることにしました。

    本書は、「知る」ためではなく、
    「48時間以内に体験する」ための本である。

    実験方法が明快で試しやすいことから、実践者多数。レビューやブログでも成功の報告が多い。

    各実験の所要時間はだいたい48時間。モノやお金、欲しかった連絡や仕事・・・など、みなさん48時間以内に思わぬ贈り物を受け取っているようです。

    Photo by Digital Vision / Digital Vision

    ▼“お金”が現実になった!

    Photo by Comstock Images / Stockbyte

    なぜか実家から電話がかかってきましたよ!
    な、なんだ???
    ドキドキしながら出ると、実家の母でした。
    「昨日捨ててって言ってた本の中から、2千円出てきたよ!!」

    ま、マジか!!

    「パパ~あさってから東京行くねんけど~♡」って言うたら
    新幹線代くれました!笑
    (一応、記載しておくと、普段はお小遣いなんてもらいませんヨ)

    私はコーヒー券2枚、海外からの友人の手紙、そして宝くじが1200円当たりました。
    初めての宝くじで、1枚だけの購入だったので、大満足です。

    Photo by Digital Vision. / Digital Vision

    (期待していなかった)インセンティブが付与されると分かりました

    ▼“健康”が現実になった!

    酷いアレルギーは、良く効く薬との出会いで安心を得た。以後、薬を飲まずに、症状が出なくなった。

    ▼“人間関係”が現実になった!

    会えないと言われている場所で、ずっと心に思い描いていた人たちと会う事ができた。

    学生時代から仲良しだけど社会人になってからはハードなお仕事でめったに会えずにいる友人から「○日に休みが取れるんだけど、もしよければ遊ばない?」とお誘いのメールが!

    Photo by Jupiterimages / Stockbyte

    ▼“モノ”が現実になった!

    実験開始後48時間以内に 、支払う予定の講演会のチケット代を無料にしてもらったり、テーマパークのタダ券をもらった友人に誘われて、友人とお得に楽しめたり!! ラッキーが続きました(*^^*)

    ・欲しいと思っていた物を「ある仕事を成功させたら買ってあげる」と言われた。
    ・会社に帰ったらお客様からお米が10キロ届いていた。
    ・取引先の方からお米をもらった。

    という出来事が48時間以内におきました!

    ハワイを引き寄せました(中略)思わぬところからシカゴ旅行の提案があり、帰りにハワイに寄ってもいいと。もちろん私はタダ。

    Photo by Digital Vision. / Photodisc

    通販カタログで冷房の中羽織るのにちょうどいいカーディガンを見つけたので注文しようかなぁ、と思っていたら通りすがりのショップでかなり似たものがセールになっていたのでお得に待たずに手に入った

    Woman in cardigan at beach by アマナイメージズ

    とうとう、一目惚れした理想の万年筆と会う事ができました。
    「欲しい!」と思って、約1ヶ月後に、わたしの願いが叶いました。

    かなり限定的なモノでも、現実にすることができるようです。

    ファンデーション。化粧水。
    クリーム×2本。シャンプー×2本。
    扇子+(扇子カバー)。電車の回数券。
    切手。ハガキ。ペン。
    ポーチ。ハンカチ×2。ブラウス×2。サンダル。他数点。

    貰ったり、買い置きしてるのに気付いたり等もしたので、全く自分で買ってないです。
    必要なものが欲しいと思ったタイミングで手に入るのって楽しいですね。またやろう。

    ▼“仕事”が現実になった!

    先日面接を受けた会社から電話があり「採用が決まりました」とのこと。

    こういう願いがどんどん現実になれば、人生は変わっていきますね!

    そしたら望み通りの条件の仕事依頼のメールが来て叫んだ(中略)でも、もう少し時期が遅いかも(早くて来年かも)と思ってたら本当に48時間以内に決まった

    Photo by Jupiterimages / Stockbyte

    もう、「いつか願いがかなう」と待つ必要はない

    今すぐ、はじめましょう。

    2016年1月17日 (日)

    毎日の「サラダ油」が認知症を進行させる!アルツハイマー病の「真犯人」とは?

    やはり、油が問題なのですよね。
    昔の日本人が摂っていた油は魚に入っている油くらいで、あとは玄米と野菜、なんてヘルシーだったのでしょう。

    東洋経済オンラインさんから転載させていただきます。
    http://toyokeizai.net/articles/-/84957

    毎日の「サラダ油」が認知症を進行させる!

    アルツハイマー病の「真犯人」とは?

    毎日のサラダ油が認知症に関係する?(写真:kaka / PIXTA)

    私は脳科学専門医として、金沢大学大学院医学系研究科で脳の神経細胞に関する基礎研究を行っています。それと併せて、金沢大学附属病院や市中病院などで、脳の病気に苦しむ患者さんの診療も行っています。

    40年ほど臨床医を続けてきて、ここ数年、実感していることがあります。それは、症状が完成した認知症の患者さんだけではなく、その予備軍がものすごい勢いで増加しているということです。

    なお、本記事でいう「認知症」とは、世界的に最も患者数が多いアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を念頭に置き、それを中心に述べていくことをご承知おきください。

    アルツハイマー病の「真犯人」とは?

    アルツハイマー病の原因としては、ここ半世紀近くもの間、脳内に蓄積する「アミロイドβ」という物質の関与が強く疑われていました。「タンパク質のゴミ」であるアミロイドβが脳内に蓄積し、老人斑(アミロイド斑)として沈着し、やがて神経細胞が死滅していくという「アミロイド仮説」が有力視されてきたのです。

    画像を拡大
    Meguro K. et al. Arch Neurol.2002:59:1109-1114より作図

    しかし、10年ほど前から、アルツハイマー病の研究者の間では、「アミロイドβ犯人説」に疑いの声が高まってきました。

    では、アルツハイマー病の根本原因とは、実際のところ、何なのでしょう? 私は、「ヒドロキシノネナール」という毒性物質こそが、アルツハイマー病の原因物質であるという新説を立てています。

    ヒドロキシノネナールと聞いても、みなさん、ピンとこないかもしれません。ヒドロキシノネナールの「ナール」というのは、「アルデヒド」の別名で、実は両者は同じものです。

    「アセトアルデヒド」という言葉を聞いたことはありませんか? これは二日酔いの原因物質です。アセトアルデヒドであれば24時間以内に分解されて体外に排出されるので、さほど問題はありません。しかし、ヒドロキシノネナールは体内に残り、少しずつ蓄積されていく非常に厄介な代物なのです。

    認知症患者の脳では神経細胞が死んでいる

     

    ヒドロキシノネナールは大事なキーワードです。覚えづらいので正確に暗記しなくても、「ヒドロちゃん」とでも呼んで記憶にとどめておいてください。

    ヒドロちゃんは端的にいえば「毒」です。サラダ油の主成分であるリノール酸がセ氏200度前後に加熱されると、ヒドロちゃんは急激に増えます。

    これが体内に入ると、まるでドミノ倒しのように細胞膜のリン脂質を酸化し、ついには、神経細胞だけではなくあらゆる臓器の細胞を死に追いやります。

    そうなると、脳の神経細胞は死んでしまい、最終的には「海馬」という「記憶の指令センター」が萎縮してしまいます。

     

    海馬の萎縮は、認知症の大きな特徴です。認知症の人の脳をMRIやCT検査(断面像として描写)で調べると、脳自体が萎縮していなくても、海馬は必ず小さくなって隙間が空いているのを確認することができます。

    つまり、サラダ油を取るという行為が、体内(特に脳内)にヒドロちゃんを蓄積させ、熱ショックタンパク質70(脳の神経細胞の生存に必須のタンパク質)を酸化損傷させます。その結果、神経細胞が死滅し、海馬が萎縮するという悪循環につながってしまうのです。

    そこで、私が診療において、患者さんたちに強くお勧めしているのが、「脱・サラダ油」生活です。

    具体的には、家にあるサラダ油は捨て去り、原材料ラベルにサラダ油を原料とする「植物油脂」「食用植物油」などと書かれている市販品は口にしない生活です。サラダ油のみならず、それを原料に作られたマヨネーズやマーガリン、ドレッシングなども口にしないことです。

    みなさん、「そんなの簡単!」と思うかもしれませんね。でも、いざ実践しようとすると、意外に難しいことに気づくはずです。

    試しに、スーパーやコンビニで、惣菜や加工食品、スナック菓子やデザートなどを手に取ってみてください。

    パッケージの裏の原材料表示を見てみましょう。かなりの確率で「植物油脂」「食用植物油脂」という表記を目にするはずです。これらはサラダ油でできています。

    意識して観察してみると、サラダ油を使った加工食品があまりにも多いので、きっとびっくりするでしょう。

    加工食品に多い、隠れ「サラダ油」に要注意!

    『サラダ油をやめれば認知症にならない』(SB新書)。上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

    問題なのは「植物油脂」「食用植物油脂」「ショートニング」など、加工食品やスナック菓子などに紛れ込んでいるサラダ油です。

    たとえば、コンビニやスーパーに並ぶパン、ポテトチップス、それに天ぷら、フライ、カツ、串揚げなどの惣菜……。また、冬にコンビニでおでんでも買うとしたら、がんもどき、さつま揚げはサラダ油で揚げられています。

    では、自炊して家でカレーでも作ろうと思えば、市販のルウにはしっかり「植物油脂」が含まれています。カレールウの原材料表示を見ると、だいたい最初に書かれているのが「植物油脂」「食用植物油脂」です(原材料の成分は、通常、多い順に表記されています)。マヨネーズも同様に、原材料に「食用植物油脂」「菜種油」などとあります。

    インスタントラーメン、カップ麺も「ノンフライ麺」を除けば、サラダ油で揚げられています。

    ほかにも、スーパーやコンビニで売られているケーキ、プリン、シュークリームなどには、高価なバターの代わりに、「植物油脂」がよく使われていますし、食パンや菓子パン、デニッシュ類の多くは生地を練りこむときにマーガリンが練りこまれています。また、クッキー、ビスケット、パイには、さくさくとした食感を出すためにショートニングが使用されています。

    デザートやパン類、デニッシュ類、洋菓子を買うのなら、原材料表示に「バター」と記載されているものを選ぶようにしましょう。

    そんな「見えないサラダ油」を避けるには、自分の口に入れるものは自分で作るという基本方針でいくのが、健康を守るために非常に大事です。手作りであればどんな油を使うのか、自分でセレクトできるからです。

    脳と体にいいという理由で、私が積極的にお勧めする油は、次の5つです。

    ① ごま油(太白か低温焙煎)
    ②高級米油……揚げ物か炒め物に使用
    ③ オリーブオイル……炒め物か加熱しないでそのまま使用 
    ④ えごま油
    ⑤亜麻仁油……酸化しやすいのでドレッシングなど生食で使用

     

    価格は、ごま油は1㏄当たり2〜3円、米油は1㏄当たり3〜5円、オリーブオイルなら1㏄当たり10円程度、えごま油、亜麻仁油は5〜10円を目安とします。品質のよい製品は、手間と時間をかけて低温圧搾して作られるため、大量生産はまずできません。すると、価格は当然ながら高くなります。

    また、使用量を考えて、酸化が進まないうちに開封後1〜2カ月以内に使いきれる分量を購入します。

    30~50歳代の食生活が予防の要

    認知症を恐れるなら、有効な手立ては、サラダ油をきっぱりとやめてしまうことです。もしもあなたが30代、40代で、「認知症なんて20年、30年先の遠い将来の話だし。私には関係ないね!」なんて考えているのであれば、その認識は直ちに改めてください。

    認知症の代表格であるアルツハイマー病についていえば、発症は65歳以上の高齢者に多いのですが、発病は、実は20年以上も前の40代から始まっています。

    仮に、45 歳で発病した場合、ゆっくりゆっくり進行し、65歳で何らかの症状が出て発症します。その後、70歳くらいで正式に認知症と診断され、確定診断された患者の場合、その余命は平均するとおよそ10年なので、だいたい80歳で死を迎えることになります。これが、最もポピュラーなアルツハイマー病の生活史となります。

    つまり、発病と発症の前、30~50代をどう生きるかによって、発症の時期を遅らせることができるか、できないかが決まるのです。

    たとえば、30代、40代前半から気をつけていれば、認知症の”発病”を45歳から55歳に遅らせることができるでしょう。

     

    では、50代になって初めて気をつけだすのではもう遅いかといえば、そんなことはありません。たとえ、50代ですでに”発病”していたとしても、”発症”を少なくとも5年は遅らせられると考えると、実際には70歳前後での発症となります。

    みなさん、30代、40代は、認知症になるにはまだまだ若いとお思いですよね。でも、決して、心配しなくていいというわけではありません。確かに先のことではありますが、サラダ油にまみれた生活を続けていれば、脳内にはヒドロキシノネナールの蓄積が進む一方です。そして、真綿で首を絞めるように、神経細胞は時間をかけて1個ずつ確実に死滅していきます。

    実は私は、若い世代や子どもたちにこそ、「脱・サラダ油」生活を実践してほしいと願っています。ファストフードやスナック菓子、サラダ油で調理された料理を食べ続けていると、ヒドロキシノネナールは知らず知らずのうちに、少しずつ少しずつ体内に蓄積されていきます。

    むしろ、中高年よりも若い世代のほうが「サラダ油」漬けの生活にどっぷりとはまり込んでいるため、将来的に見た蓄積度合いは深刻かもしれません。

    発症年齢に近い50代でも悲観する必要はなし

    そして、発症年齢に近い50代の方は「発症までもう時間がない、遅かった……」と悲観することはありません。

    50代でもまだ認知症の魔の手から逃げ切れる可能性は十分にあります。仮に”発病”していたとしても、”発症”するまでの年齢を遅らせ、できるだけ時間稼ぎをして、自身の健康寿命を平均寿命に少しでも近づけるように努めればいいのです。

    認知症は、最初は勘違い程度の物忘れやちょっとしたうっかりミスから始まって、緩やかな長〜い下り坂を下りていきます。そして、確定診断がつく頃には、まさに1年ごとに加速して転げ落ちるような状態……「あの人、誰だっけ?」「あれ、ここはどこだっけ?」となってしまいます。だからこそ、認知症は早期発見、早期治療が大事なわけです。

    そもそもは発病しないことがいちばんですが、仮に”発病”していたとしても、”発症”をいかに遅らせ、健康寿命を引き延ばせるかが重要なのです。

    «鍼を通して気が動く